服の生地は季節に合わせて着替えよう。季節にあった洋服の生地

洋服の生地には、コットン・麻・ナイロン・デニムなど聞いたことのある素材から、モダール・リヨセルなどあまり聞き馴染みの無い素材があります。

また冬の季節のよく見かけるのがフリースやカシミヤなどですね。

これらの生地の素材は季節によって使い分けられることがよくあります。

季節によって素材を変えるのには理由があります。ファッション性も大事ですが、気温に応じた素材を使い体温調節することが大切です。

ここでは季節ごとの洋服の生地や特徴を紹介していきます。

また夏は涼しく過ごせて、冬は暖かいという洋服の生地もありました。

服の生地が季節によって違うワケ

人間が服を着るようになった理由は、自己主張、おしゃれのためなど様々な理由があるとされていますが、服は体温調節のためにも大切な役割を持っています。

服に使われている生地や素材にはそれぞれ特徴がある

保温性の高い素材や吸湿性が良く乾きが早い素材などの特徴があり、季節に合わせてその特徴に適した生地を選ぶことで、その季節に合った体温調節をすることができます。

例えば、真夏にニットを着てダウンを着るのは夏の暑い所を更に暑くしてしまうだけです。そのため、夏なら綿や麻などの薄めの生地で出来るだけ涼しく過ごすのが普通です。

季節によって服の生地が違う理由

その季節の気温や天気にあった服を着ることで、少しでも快適に過ごす目的があります。

実際の着心地は暖かくないのに見た目は真冬向きの服などもあります。実際はそれほど暖かくないからと言って、デザインが真冬の向きの服を春や夏に着る人は少ないでしょう。これは、視覚からも暖かさや涼しさを感じるため、その季節に合った生地を選ぶためです。

季節(春夏秋冬)ごとに合った服の生地を紹介

季節ごとに適した素材がありますので詳しく紹介します。

春に適した素材/生地

綿、ポリエステル、レーヨン、麻、シルク、ナイロン
生地の例:サテン、ブロード、ギャバ

夏に適した素材/生地

綿、麻、ポリエステル、リヨセル、シルク
生地の例:シフォン、ローン、シャンブレー

秋に適した素材/生地

綿、ポリエステル、ウール、アクリル、レーヨン、モダール、ナイロン、シルク
生地の例:コーデュロイ、フランネル、スウェット

冬に適した素材/生地

ウール、アクリル、ポリエステル、シルク、ファー
生地の例:ツイード、メルトン、フラノ

各季節に合った素材をご紹介しましたが、昔に比べて生地の季節感に対する固定概念が薄れつつあります。その服のデザインによっては、真逆の季節向きの生地を使っていることもあります。

また、この生地はこの季節にしか着れないということはなく、デニムのようにいつの季節でも着れる生地もありますが、基本的には2シーズンや3シーズン通して着れる素材が多いです。

例えば、同じ綿でもその生地の厚みによって適した季節が変わります。生地の素材だけでなく、その生地の厚みや織の詰まり具合、毛羽立ち、色等も参考にしましょう。

冬の寒い季節におすすめな服の生地とその特徴

服の生地は基本的に2シーズンや3シーズン通して着れることが多いですが、冬向きの生地はその素材感から寒い季節にしか向いていない生地も多いです。

前項でもご紹介した通り、冬にお勧めの服の生地は、ツイード、メルトン、フラノやフリースなどの見た目にも暖かさが伝わってくるものです。

フリース
ファッションに詳しくない人でもどんな生地なのかイメージ出来ると思います。ポリエステルで薄い毛布のような生地で、服だけでなくブランケットなどにも使われています。

ツイード
目の粗い毛織物の生地で、太い糸で織っているので表面がデコボコとした粗さと暖かみを感じます。真冬だけでなく秋から春先まで使える生地で、男性の冬用のスーツや入学式や卒業式に保護者が着ているイメージです。

メルトン
フェルトのような素材で、ポリエステルやウールの密度の高い生地なので、暖かみのある生地です。厚手の冬のコートに使われることが多いです。

フラノ
フランネルの一種です。フランネルは柔らかく暖かみのある生地で、フラノはフランネルの厚みのある生地を指して呼びます。コートなどのほかに、シャツ、スーツ、学生服にも使われます。ネルシャツは綿ですが、ウール素材にしたものがフランネルです。フラノやフランネルはツイードと同じで、真冬以外にも着れるでしょう。

暖かい季節には薄めの生地で

寒い季節に合っている生地はその時期しか着れない生地も多いですが、暖かい季節に向いている生地は2シーズン~3シーズン着ることも可能です。綿、レーヨン、ポリエステルなどは3シーズン着ることが出来ます。重ね着をしたら真冬にも使えるでしょう。

しかし、長いシーズン着れる素材でも、その厚みや色柄には注意しましょう。

同じ素材でも、織り方で生地の厚みが変わる

例えば、デニムは季節問わず着ることが出来ます。デニムは吸湿性に優れているので暑い日でも着れますし、厚みがあるので寒い日も着れます。しかし、同じデニムでも生地の厚みや色で印象が違います。気温が高くなるにつれて薄い色のデニムの方が涼しそうに見えて、濃い色の方が暑そうに見えます。

季節問わず使えると思って着ていると、人からは季節感のない人と思われてしまう可能性もあります。

綿やポリエステルは特に、生地によって厚みが変わるので、暖かい季節には体温調節もしやすいように薄めの生地を選ぶようにしましょう。

レーヨンは生地に光沢があり、しっとり柔らかい素材で体の動きに合わせてしなやかに動くので、春にお勧めの軽さを感じやすいです。シフォンなど透ける素材も見た目に涼しさを感じるので、暖かい季節や暑い季節にお勧めです。

コットン生地は夏は涼しく、冬は暖かい

どの季節にも重宝するのは綿素材です。綿は織り方によって生地の肌触りや厚みに大きな差が出やすく、同じ綿のシャツでも、TシャツとYシャツでは生地の肌触りや柔らかさ等が全然違います。それ程、綿は色々な生地に加工しやすい素材でもあります。

綿は、通気性が良く、肌触りも優しい素材です。天然素材のため、静電気が起こりにくいのも特徴です。

しかし、実は乾きにくいというデメリットがあります。薄い下着やTシャツはそれほど気にならないので、ピンとこない人もいるかもしれませんが、デニムは乾きにくい服の代表ではないでしょうか。

綿と言えば「夏は涼しく冬は暖かい」というのが共通認識だと思います。綿は吸湿性や吸水性が高いので、汗を吸い取ってくれて、気化熱で涼しく感じやすいです。

ただし、綿のデメリットである乾きにくいという点があるため、冬には注意が必要です。冬に暖房の効いたデパートや満員電車で沢山汗をかいてしまうと、乾きにくくて逆に寒くなってしまう可能性もあります。

夢が白黒だった時の意味!白黒の夢が教えることと心理を解説

夢に色がなく白黒だった時は、その夢の意味が一体何なのか気になることもあります。

とくに、いつもはカラーの夢を見ているのに突然白黒の夢を見ると、何かのお告げではないかと気になってしまうものです。

夢占いという占いが存在するように、見た夢の内容によっては夢からのお告げやメッセージが隠れていることがあります。

ここでは、白黒の夢を見た時の夢の意味についてお伝えします。その夢はあなたにメッセージを伝えようとしている可能性もありますので、夢の意味について知って考えてみましょう。

夢からのメッセージをしっかりとキャッチしてください。

いつもは見ないのに突然白黒の夢を見た時の意味

夢は鮮彩に覚えているものもあります。良い夢であれば、嬉しいし、悪い夢であれば、なんだか気味が悪くなります。

いきなり白黒の夢をみてしまった時、どんなことをその夢は意味しているのかを考えたことありますか?

白黒は何か方向性を変えなくてはいけないサインかもしれません

急に白黒の夢をみた。それは、あなたの人生に対して何かメッセージを伝えようとしているのかもしれません。特に体調が悪い方でしたら、仕事などが忙しいのでしたら、何かしら「休みなさい」というサインの可能性があります。

もしくは、仕事や他のことからストレスが溜まっていて、そのストレスが最高潮になっている、自分をリラックスする時間が必要などのサインが考えられます。

精神的に落ち込んでいる、最近仕事などで、今まで以上のプレッシャーを抱えているなど、何か思いつくことはありませんか?夢で、「あなたの限界に到達しようとしているのだから、もう少し気楽に考えなさい。リラックスしなさい」と言われているのだと思います。

2つの選択、どちらを選ぶか迷っている事を意味するのが白黒の夢

白黒の夢を見た。何が原因でこんな夢を見てしまったのだろう?考えられる原因ですが、「迷っていることに対して、決断を早く下しなさい」というサインだと思います。

ずっと後回しにしていて、最終的な決断を出せてない問題はありませんか?例えばですが、職場の方から、「主任になってみないか?」と聞かれていて、まだ答えを出せていなかったり、恋愛でいうと、「この人好きなのかな?」とデートを重ねてはいるけれど、結局友達なのか、恋人なのか、答えを出せてなかったり、私達の日常生活の中で、「これに関して答えを引き伸ばしている」というような選択が存在すると思います。

あなたもわかってはいるけれど、まだ答えを出せていない。結局のところ、どっちなのだろう?など、中途半端になっている部分もあると思います。もしかしたら、あなた自身も気づかない内に「あの件、まだ答えを出していないな」と心の深い所で気がかりになっていて、それが、白黒の夢になって、表現されていることもあると思います。

いい加減に答えを出さなくてはいけない。それが、「白黒の夢」という形で表現されているのだと思います。本当は答えは出てるけれど、あなたは気づいていないだけかもしれませんね。

白黒の夢は予知夢のことも

いつもはちゃんとした色がついている夢をみているのに、ふいに白黒の夢をみてしまった。白黒の夢に何か意味はあるのか。

白黒の夢というと、なんだか嫌なイメージを持つこともあると思います。ですが、白黒の夢を通して、あなたに何か将来に向けてのメッセージを伝えていることもあります。

あなたに何か起きることを夢を通して伝えている可能性があります

もしかしたら、将来的にあなたの身に何か起こる、「悪い知らせ」を前もって教えてくれている、「良い夢」なこともあります。

白黒でみた夢はあなたの視点からみて、車にひかれるなど、嫌な夢でしたか?それでしたら、あなたの身に近い未来、そのような事が起きるという予知夢である可能性があります。その為、必ずしも白黒の悪い夢をみたからといって、悪い気分になるのではなく、「これは私にとって、何か悪いことを避けるための忠告のようなものなのかな?」と前向きに受け取っても良いと思います。

災いに気をつけてより良い道にいくよう、サインを送っているのだと思います。

白黒の空間にいる夢の意味

白黒の夢をみると、あなたの精神状態があまり良くない、ストレスなどで疲れているような状態を示すこともあります。

これも、だからといって、「私の精神的な状態は悪いんだ」と悲観的にとらないで、「だったら、何かリラックスするような事を考えて、あなたの精神的な面をよりプラスにできるように日常的なことで心がけていけば良いと思います。

白黒の夢を見ると、あなたの内面の「落ち着かない」という状況を表しています。そんな時は気分転換を心がけるなどの新たな発想も必要になります。

また、白が黒に変わる場合は、あなたが予想している以上に状況が悪い可能性があります。思い切ってリフレッシュしてみましょう。反対に黒が白に変わる夢は、これからあなたに与えられている運勢が向上するサインだと思います。

「これまで不運続きだったな」と感じている方は、これからあなたに良い事が起きる暗示だと思って、これまで以上に幸せな気持ちで毎日を過ごしても大丈夫なのです。

白黒の夢には特に意味のない夢もある

特に気にならない頻度であっても、白黒の夢を見ることはあると思います。はっきりいいますが、あまりそれほど気にすることがないでしょう。

「こんな夢を見てしまった」でも、あまり気にする必要がないこともあります。だって、人は色んな夢を見ますから、白黒の夢を見ることだってあると思います。

それほど気にせずに、「昨日、怖い夢を見てしまったからそのせいかな?」などと深く考えずに日常生活を送って下さい。

また、年齢が上がると、カラーではなく白黒の夢を見やすくなるようです。「年齢のせい」とあまり深く考えないことも、日常生活をより楽しく過ごす秘訣だと思います。

いつもは白黒の夢なんてみないのに、みてしまった。そんな不吉な予感をする方もいると思います。

でも、それほど気にする必要も無いと思います。よっぽど不吉な夢で無い限りは、「変な夢をみてしまったから、少し気分転換をしよう」であったり、不吉なことが起こらないように気をつけようと心がければ問題ありません。所詮夢は夢なので、あまり気にしなくて良いと思います。

ダンス初心者ための基本の練習方法!独学で始めるレッスンのコツ

ダンスを始める場合、小さなお子様ならダンススクールに通うという方も多いですよね。
しかし、高校生くらいから始めるとなると、今からダンススクールに通うというのもちょっと…と考える方も多いと思います。
ダンスは独学でも十分に楽しむことができます。

そこで、独学で始めるダンス初心者のためのダンスの練習方法をご紹介します。
動画などで基本から学びましょう。

ダンス初心者は、基本を学べるDVDで練習

何を始めるにしても、「基本」は大切です。
スポーツ、パソコン、勉強など、何かを始める時にいきなり実践編から学ぶということはまずあり得ません。最初に取り組むのは、どの分野であっても基本の部分ですね。

ダンスを始める時にも、基本は大切です。
基本がしっかり身につけば、応用にスムーズに入っていくことができます。

そのためダンスを始めるときには、基本の練習から行っていきましょう。

ダンスDVDには、様々なジャンルのものがあります。
自分が挑戦したいジャンルのダンスDVDの中から良さそうなものを選びましょう。

1時間程度の視聴時間で、「基本」のみを収録しているDVDは数少なく、たいていのものは基本から応用、曲の振り付けまでを説明する内容になっていますが、ある程度体が柔軟に動かせて、見て覚えるのが得意なタイプの人であれば、それでも十分です。

DVDを選ぶ時には、基本の動きが学べるものかどうかを確認してから購入、またはレンタルするようにしましょう。

ダンス初心者は体の力を抜いてリラックスして練習

ダンス初心者は、早く上達することや、新しい動きの習得ばかりに目がいってしまいがち。しかし、これらは日々の積み重ねの上に成り立ちます。

まずは、しっかり体の力を抜いて、リラックスしてダンスができるような環境を

体に力が入っていると、カチカチとした硬い動きになってしまい、しなやかさに欠けます。肩や膝の力を抜いて大きく深呼吸をし、リラックスした状態から踊り出しましょう。
音楽が体になじんでくると、自然な動きができるようになってきます。
まずは音楽に身を任せ、リズムに合わせて体を動かしてみましょう。

難しい動きやステップは、なかなか思い通りに習得できませんね。
これは、ダンス初心者なら当たり前。
イメージ通りに体を動かすことは、非常に難しいことなのです。

まずは、ボディーイメージをしっかり持ちましょう。
自分の手で体を触りながら、動きや体の位置を確認したり、鏡に移る自分の体と、お手本になるダンサーの体が同じ形になっているかを見比べたりすることは、とても効果的です。
時間はかかりますが、一つ一つの動きを丁寧に確認していくことで、イメージ通りに体を動かすことが少しずつ可能になっていくのです。

ダンス初心者におすすめの練習「アップ」と「ダウン」

ダンス初心者は、リズムのとり方を体に覚え込ませることも大切です。
「アップ」と「ダウン」の動きは、ダンスをやる上では基礎になる大事なもの。
まずはこの2つの動きはしっかりマスターしておきましょう。

「アップ」の練習

  • 上がった時に、胸とへその位置が離れるように意識すること
  • 上がる時に、上に引っ張られているような感覚で、首を上げる
  • 腰を下げた時に、地面をしっかり踏む

上記3つがポイントです。
上手くできるようになったら、ステップを入れていきましょう。

「ダウン」の練習

  • 体の力を抜いて、空気椅子に座るようなイメージで腰を落とす
  • 腰を落とした時に、胸とへそをくっつけるようにして体を入れる

繰り返し練習をして、上手くリズムがとれるようになったら、「首」を付けていきます。首は膝を曲げるのと一緒に前に出します。

慣れたら、ステップを組み合わせていきましょう。

はじめは2つを分けて練習しますが、両方できるようになったら、アップとダウンを組み合わせます。
上手くリズムが取れるようになったら、ここにステップを足していくことで、よりリズム感が養えます。

ダンスの代表的なジャンル

ダンスには、いろいろなジャンルがあります。
やりたいジャンルははっきり決めなくても、ダンスを楽しむことは出来ますが、しっかりジャンルを決めておくことで、身につけたいスタイルがはっきりします。

ダンスをしているうちに好みのジャンルが変わっていくことはよくあります。
一世一代の決めごとではないので、まずは、自分がやってみたいジャンルを気軽に探してみましょう。

ヒップホップ
ストリートダンスの中でも代表的なダンスの一つです。
いろいろなダンスの要素が取り入れられていて、リズムに合わせて大きく体を使うのが特徴です。

ロック
激しい動きと、急なポーズ(止まる)で組み合わせるダンススタイルが特徴です。
キレキレなダンスをしたい人におすすめです。

ポップ
パントマイム、ロボットダンスなど、人間らしくはない筋肉の使い方をする動きが特徴的なスタイルのダンスです。
本格的にダンスを極めたい人は挑戦してみると、周囲の注目を集められるかもしれません。

ブレイクダンス
ヘッドスピンなどのアクロバティックな動きを取り入れるダンススタイル。
ダンスバトルで競ったり、ショーケースをしたりと、ダンスで競うことを楽しみたい人におすすめです。

ジャズダンス
しなやかな動きから、キレキレのダンスまで、ジャズミュージックの曲調に合わせていろいろな魅せ方ができるのが特徴です。
ダンスの技術だけではなく、表現力も必要になってきます。

ハウスダンス
足のステップを主とするダンススタイルが特徴です。
流れるような足の動き、床を使う動きがしてみたい方は挑戦してみてください。

反復練習で体に覚えさせる

ダンスは初心者でも独学で楽しむことができますが、ダンスの技術を本格的に習得したいのであれば、練習はある程度必要です。

ダンスの練習

  • 体の動きの確認
  • 音楽に合わせてリズムをとる練習

両方を毎日繰り返し行い、体にしっかり覚え込ませましょう。(反復練習)

音楽をかけて踊っているだけでは、ダンス初心者はなかなか上達できません。
音楽に合わせて振り付けを覚える練習の他に、音楽を止めて、体の使い方の確認のみに集中する時間も確保しましょう。

練習の目標設定も大切

「1曲マスターする」などの大きな目標の他に、「ステップを極める」「筋トレをする」など、無理なく達成できる小さな目標を毎回立てましょう。
目標を立てることで、上達は早くなります。
独学だからといって曖昧にせず、練習に集中できる環境を作るのです。