【鯉の水槽飼育】飼育のポイント、楽しみ方をご紹介!

鯉というと庭で飼育するイメージがありますが、室内で水槽飼育すると、庭とはまた違った楽しみ方がありますので大変おすすめです。

鯉を飼うなら水槽飼育がおすすめ?その理由とは?錦鯉を水槽飼育する際に準備しておきたい物とは?

鯉の水槽飼育のポイント、楽しみ方をご紹介します!

鯉を飼うなら水槽飼育がおすすめ?その理由とは?

屋外で飼う池飼いとは違い、錦鯉を室内で飼う水槽飼いはまた違った楽しみ方ができます。

錦鯉を室内で飼う水槽飼いは、場所を選ばず、飼育も楽なんです。錦鯉は環境によって成長するので、水槽の大きさで成長します。水槽から飛び出すこともなく育てられるので安心ですね。

30cmくらいの水槽であれば、マンションやアパートなどでも飼うことができるでしょう。鯉は強い魚なので、水温も急激な変化が無ければ5~35℃くらいまでは耐えることができます。

一週間程度ならエサを与えなくてもいいので、旅行に行くときにも預けたりエサを頼む必要がありません。室内では水温が一定のため、冬に冬眠することもないので一年中鑑賞することができます。

水替えは2週間に1度、4/1程度を交換するといいでしょう。

池飼いであれば、鯉を見るときは上からになります。しかし、水槽飼いは横からも上からも泳ぐ姿を楽しめます。模様の巻き具合や好きな角度から見ることができますね。

錦鯉を水槽飼育する際に準備しておきたい物とは?

錦鯉の水槽飼育で必要なもの

  • 水槽
  • 水槽のフタ
  • 濾過装置
  • 掃除用具
  • ヒーター
  • サーモスタット
  • 蛍光灯
    などを用意するといいでしょう。

錦鯉は水槽のサイズに合わせて成長します。水槽の大きさや置き場所を考えて決めましょう。水の入った水槽は重いので、頑丈な場所に置きましょう。

飼育を始めたばかりのときには環境に慣れていない為、鯉が飛び出してしまうことがあります。環境に慣れると飛び出さなくなりますが、異物混入を防ぐためにも水槽のフタを用意しましょう。

濾過装置があれば、水換え回数を減らすことができます。頻繁な水換えは鯉にとってストレスになるのでつけたほうがいいでしょう。エサの食べ残しやフンを掃除してくれるので役に立ちます。

掃除用具は、ホースポンプやコケとり、ゴミとりネットなどを用意するといいでしょう。
ヒーターやサーモスタットは、水温維持に役立ちます。水温が一定であれば、病気にもなりにくいのでオススメです。

錦鯉や水槽内ディスプレイをよりキレイに見たい、見せたいのであれば蛍光灯を置くといいでしょう。

鯉を水槽飼育する際はどのくらいのエサの量がベスト?

金魚や鯉のエサの説明書きにはよく、一回のエサやりでは5分で食べきれる量を与えてくださいと書いてあります。

しかし、鯉は大食漢なので5分で食べきれる量を与え続けると、どんどん大きくなってしまうでしょう。食べたら食べた分だけ、フンをするので水質的にもよくありません。

濾過装置を導入していたとしても、エサは本来より少なめに与えるといいでしょう。

小さいままの鯉を楽しみたいのであれば、エサの量を絞る飼いを行う必要があります。具体的なエサの量は、鯉を買ったお店の店員さんに聞いてみるといいでしょう。鯉は、1日に体重の1~2%相当のエサを2~3回に分けて与えると成長するのでこの量より少なく与えてください。

エサを大量に与えたとしても、水槽に入りきらないほど大きく成長するようなことはありませんが、一日に何度もエサを与えたことにより、食べ過ぎとなり体調不良を起こす可能性があります。

1週間程度エサを与えなくても生きていますが、エサのあげすぎで命を落とすこともあるのでほどほどにあげましょう。量よりも、消化にいい、栄養価が高いなど質のいいエサを少なめに与えるといいのかもしれませんね。

鯉を水槽飼育!錦鯉の購入方法と購入後のケアについて

鯉を水槽飼育するときに、まず肝心なのは「鯉」選びです。鯉屋さんにいって一番気にいったものを購入するといいでしょう。

気に入った鯉が数匹いるときには、値段の高いほうを選ぶことで一生懸命世話ができるかと思います。もちろん、値段ではなく気に入ったものを選ぶのが一番です。

鯉を購入するときのポイントは、鱗に充血のない鯉、元気な鯉を選ぶようにしましょう。鱗に充血のある鯉や、ボーとして元気のないものは病気を持っていたり発病しているかもしれないのでまずは健康そうな鯉を選ぶようにしてください。

鯉を購入した場合、お店はビニール袋に酸素つめしてくれます。家に帰って来てすぐにビニール袋を開けずに水槽の温度とビニール袋の水の温度をあわせる必要があります。

温度あわせと言い、鯉の水温変化の負担を軽くしてくれます。温度あわせは、水槽にビニール袋ごと30分~1時間ぐらい浮かべるだけです。

温度あわせをしてから、ビニール袋の輪ゴムをはずして、鯉だけを水槽に移しましょう。病気予防用に薬を入れていることもあるので、できるだけビニール袋の水は水槽に入れないでください。

鯉を水槽飼育する際のコツとは?

鯉を水槽飼育する際のコツは、丁寧に飼育することです。鯉は濡れた新聞紙に包んでいれば、少しの間は生きていられるほど生命力の強い魚ですが、病気をしないわけではありません。

病気にならないためにしなければいけないのが「水作り」です。水作りは、糞やエサの食べ残しを分解してくれる「バクテリア」を増やすことが大切です。

バクテリアを増やすには、鯉を飼育する水槽にカルキ抜きをした水道水を入れ、魚を入れないでろ過フィルターを動かしてください。2週間くらい、鯉をいれずにろ過フィルターを回します。

バクテリアはフィルター内にある「ろ過材」に住み着きます。この間は、他に水槽が必要となるので鯉を飼い始める前にできるといいですね。

鯉は水中の酸素を吸って呼吸をしています。水中に多くの酸素を取り入れることが大切です。鯉はあまり酸素が無くても生きてはいけますが、酸素が不足することによって体調不良を起こしてしまうこともあります。

水槽内にエアレーションやディフューザー等を設置するといいでしょう。水流ポンプも使うことによって酸素が水槽全体に周りやすくなるのでおすすめです。

五能線「リゾートしらかみ」は早め予約が必須の人気列車!

五能線と奥羽本線を通るリゾート列車「リゾートしらかみ」。繁忙期は予約困難になるほど人気のある列車です。

早めの予約必須の「リゾートしらかみ」にはどんな魅力があるのでしょうか?その予約方法とは?

乗車したいなら、発売開始と同時に予約を!五能線「リゾートしらかみ」の魅力から予約ポイントまで詳しくご紹介します!

五能線を走る「リゾートしらかみ」は早めに予約しないと満席になる?

五能線を走る「リゾートしらかみ」。ゴールデンウィークやお盆の時期などは予約困難とも言われるリゾート列車です。

秋田駅と青森駅の間を運行していますが(一部、弘前駅止まりの列車もあります)、約5時間かけて奥羽本線と五能線を通ります。その種類は

  • 「ぶな」~白神山地をイメージした緑色の車両
  • 「くまげら」~鳥のクマゲラと夕陽がモチーフになったオレンジ色の車両
  • 「ハイブリッド青池」~日本海と十二湖の青をテーマにした車両

の3種類となっています。

「リゾートしらかみ」は快速列車ですが、全席指定となっています。そのため、「青春18きっぷ」などの切符でも席指定料金を追加すれば乗車することができます。

現在は4両編成となっていて、「青池」は環境にやさしいハイブリッドシステムが導入されています。

リゾートしらかみは東能代駅と川部駅、弘前駅でスイッチバックして進行方向が逆になります。

五能線のリゾートしらかみは予約殺到の人気列車!

ローカル線をのんびり旅するには普通列車が一番ですが、五能線の場合はその普通列車の本数はかなり少なく、時間がかなりかかります。五能線の列車に乗るなら「リゾートしらかみ号」に乗車した方がよいでしょう。

「リゾートしらかみ号」は1日2本運行されています。早い方の「リゾートしらかみ号」に乗車、そして途中下車して観光後、後の「リゾートしらかみ号」に乗るというのが定番の観光ルートになっているようです。

例えば秋田から「リゾートしらかみ1号」に乗車し十二湖で途中下車して観光、そして「リゾートしらかみ3号」に乗車して五所川原に行くという感じです。

JRの指定席は、基本的に乗車1ヶ月前の午前10時から「みどりの窓口」や旅行会社で販売されますが、繁忙期などはこの発売開始と同時に予約しないと乗車できない場合もあります。詳しくは購入前に最寄の「みどりの窓口」で確認することをおすすめします。

五能線リゾートしらかみ列車特長と予約ポイント!

「リゾートしらかみ」は、日本海の海岸線ぎりぎりのところを走行する区間があります。その波打ち際の光景は絶景で、それが魅力のひとつともなっています。

さらに列車内では、定期的に津軽三味線の演奏などもあり、5時間乗車しても楽しめるようになっています。

車両は3種類ありますが、「ブナ」はハイブリッド新型車両が登場してさらに人気となっているようです。

指定券は「みどりの窓口」や旅行会社などで購入することができますが、えきねっとのサイトでも空き状況の照会や予約が可能です。

「リゾートしらかみ」に乗車するには、乗車券と指定席料金がかかります。
リゾートしらかみの乗車券と宿泊がセットになったプランもあります。ぜひチェックしてみましょう。

五能線リゾートしらかみ列車の見どころは?

秋田から「リゾートしらかみ」に乗車した場合、どんな風景が広がっているのでしょうか?

  • JR秋田駅を出発した後しばらくは住宅街を走行します。
  • そして田んぼの広がる光景を見ていると、八郎潟を干拓してできた大潟村の田園が広がり、能代駅に到着となります。
  • 能代駅を出発して5つ目の東八森駅を過ぎると、左手に日本海が広がってきます。ここから約80km、鯵ヶ沢駅まで海岸線に沿って列車は走行します。本当に海の近くを走っているので、釣り人の姿までみることができるのです。絶景ポイントでは速度を落として運行してくれます。

車窓からも景色を楽しめるのですが、列車を降りてからも見どころはたくさんあります。十二湖駅からは青池散策、ウェスパ椿山駅からは温泉入浴も楽しめます。季節ごとにもいろいろな観光メニューがあります。

五能線リゾートしらかみの楽しみ方とは?

「リゾートしらかみ」に乗車するのであれば、やはり窓側そして海側の座席を確保しましょう。そのためにはA席かD席を予約しましょう。海沿いの景色を満喫できます。

ある人は「くまげら編成」に乗車したと言いますが、白神山地に生息する「くまげら」そして五能線沿線の夕陽が描かれたデザインがとても良かったといいます。列車のトイレの中もオレンジ一色となっていて、レトロな感じもしたとか。

途中の能代駅では、停車中にフリースローを体験することができます。バスケットボールで有名な能代工業高校が有名な能代ならではです。

ホームには「バスケの街」の文字がが至るところにあり、市民のバスケに対する愛情が感じられるとか。

停車時間は約18分、シュートのチャンスは1回しかありません!見事にシュートを決めれば、記念品をもらえます。

ただし、フリースローに挑戦できるのは1号と3号に乗った場合のみです。停車時間が変わる場合もあるので。事前にチェックしましょう。

雇用保険と失業保険の違い・二つの違いを分かりやすく解説!

給料明細を見ると「雇用保険」と書かれている項目がありますよね。雇用保険は会社を辞めたときの為にかけている保険になります。

ですが「失業保険」という言葉も聞いたことがある!という人もいると思います。この二つの違いっていったい何なのでしょうか。

正しい使い方はどっち?「雇用保険」と「失業保険」をわかりやすく解説します!

雇用保険と失業保険の違い~二つは同じ制度です!

「雇用保険」というものは、労働者の雇用に対する助成金にあてられることや、失業してしまった人の失業給付金、教育訓練給などにあてられるものになります。

今は雇用保険と呼ばれていますが、以前は失業保険と言われていました。

最近では、景気の悪化や不安定な社会情勢により、転職や失業をしてしまう人が増えてきています。

仕事がなくなると給料ももらえませんので、次に働く場所を懸命に探しますよね。
ですが、景気が悪くて次の働き先がすぐに見つからなかったり、再就職が難しいこともあります。

若い人たちだとすぐに仕事が見つかることもありますが、高齢になると次の職場がなかなか見つからないこともあります。

そんな時に助けてくれるのが「雇用保険」になり、次の働き先が見つかるまでの間、金銭的にサポートをしてくれる制度になります。

雇用保険と失業保険の違い~呼び方が変わったのはいつ?

「雇用保険」と「失業保険」の違いが何なのかという質問を受けることがあります。「同じ制度なの?」と聞かれることもよくあります。

この二つの制度は、呼び方が違うだけでどちらも同じものになります。

正しい呼び方は「雇用保険」になります。

では、どうして「失業保険」と呼ばれることがあるのでしょうか。

昭和22年頃、「失業保険法」という制度が出来ました。この頃は第二次大戦が終わって世の中に失業した人たちが溢れていたのです。

失業保険は時代が進むにつれて法改正をしてきましたが、経済構造が変化していく中で、その制度の見直しも必要になってきました。

そこで、昭和50年頃に失業保険法を見直し、発展させた制度として「雇用保険法」と言うのが誕生したのです。

現在の雇用保険は、以前は失業保険法というものだったということですね。

正しくは雇用保険でも、失業保険と呼ばれてしまうのには、このような背景があるからです。

雇用保険と失業保険の違い~手続き・もらえる金額について

雇用保険を受給する資格があったとしても、自分で申請をしない限りは給付を受けることは出来ません。

給付を受けたいのであれば、きちんと手続きをしましょう。

手続きを行う時は「離職票」という書類が必要になります。

働いていた会社から貰うことができますので、貰った場合は書類の中身をしっかりとチェックして間違いがないか確認をしましょう。

また、雇用保険はいくらくらいもらえるのか気になる人もいますよね。

貰える金額は、年齢や雇用保険の加入期間、退職の理由などで変わってきます。

正しい金額はハローワークで離職票をもとにして算出されますが、所定の計算式に当てはめることで自分でも計算することができます。

簡単に計算できるサイトもありますので、チェックしてみるのも良いですね。

雇用保険制度は労働者にとっても雇用者にとっても良い制度

雇用保険は、労働者にとっても雇用者にとっても嬉しい制度になります。

雇用保険は労働者にとって嬉しい制度

雇用保険制度で最も知られているものが失業給付金ではないでしょうか。
これは、労働者がその会社を退職した時にもらえる給付金になります。

ですが、この制度のほかにも暮らしの中で活躍することもあり、「公共職業訓練」や「能力開発事業」も、雇用保険制度に含まれるものになります。

雇用保険は雇用者にとっても嬉しい

雇用保険は労働者だけではなく事業主も掛け金を負担しています。

雇用保険は国も保険制度であるため、強制保険になります。

事業主が労働者を雇った場合は雇用保険に加入することが義務になっています。

「雇用保険」という名前を聞くと、働いている側にしかメリットがないように思うかもしれませんが、雇用している側にもメリットとなることがあるのです。

事業者向けの助成金制度もありますし「雇用安定事業」は事業者に向けた助成金が主となっているものです。

失業保険中に再就職をしたら再就職手当がもらえることも

失業保険が給付されている時に、一定の条件を満たして就職をすると「再就職手当金」というものが貰えます。簡単に説明すると「御祝い金」のようなものですね。

再就職手当金をもらえる条件

  • 就業に就いた日の前日で基本手当の支給の残りの日数が所定給付日の3分の1以上残っている
  • 離職した事業主に再雇用されていない
  • 失業保険の手続きをする前に雇用が約束されていない
  • 給付制限期間が開始して1ヶ月以内の再就職は、ハローワークの紹介などで就職した
  • 再就職する前日の3年間で再就職手当をもらっていない
  • 1年以上の雇用が確実と予想される職業であること
  • 事業を開始した人で一定の条件を満たしている人

上記の項目に当てはまっている場合は、再就職手当を貰える可能性があります。当てはまるのであれば、申請して再就職手当を貰いましょう。