陰キャラ女子はかわいい顔ならモテるのか?それとも…

陰キャラ陽キャラってあるのご存知でしょうか。定義はとても曖昧ですが、自分は陰キャラ女子だと思い込んでいる人も多いのは事実です。

陰キャラ女子の特徴は?顔がかわいいけど恋愛は難しい?陰キャラ女子でもモテるには?脱・陰キャラをして日の目を浴びる女の子になりましょう!

今回は、陰キャラ女子について調べてみました!

陰キャラ女子の特徴は?顔がかわいいけど恋愛は難しい!

陰キャラと言われる女子はネガティブな考え方をする人が多いです。

自分に自信を持つかとが出来ず、自分のことを過剰に意識してしまうことで、悩みや不安がどんどん大きくなってしまうのです。

ほかの人はそれほど注目していないのに、自分だけが自分のことを気にしてしまい、少しの失敗も許せずにうじうじ考え続けてしまいます。

そして、そんな自分の気持ちを誰かに聞いてもらった後も、「あんなに暗い話で嫌われてしまったかもしれない」と落ち込んでしまうようです。

最近ではSNSが流行していますが、クラスのみんながSNSを使って青春をエンジョイしている様子を目の当たりにすると、そのことに負い目を感じてさらに分を追い詰めてしまいます。

嫌なことからは目を背けたいと思うのが人間の心理ですが、周囲の人の楽しそうな姿に嫉妬をしてしまうこともあるようです。

顔はかわいいけど陰キャラ女子でモテない・・・どうすればいい?

大学に入学する頃になると、自分で自分がどこに所属するかを自由に決めることが出来るようになります。

この時に「私は陰キャラだから・・・」と思い込んでいる人がいれば、それは大変危険な状態です。

思い込んでいると、本当に自分に合っている場所を見つけられなくなってしまいます。

そして、自分に合っていないサークルを選んでしまったり、気が合うはずの仲間がいることに気が付けずに過ごしてしまうことになるのです。

そうやって生活していると、必死に周りに合わせようとして、どんどん人間関係が苦手になっていきます。

もしも陰キャラを脱却したいのであれば、自分が自分らしくいられる場所を見つけることが大切になります。

自分らしくいられる場所を見つけることが出来たら、自分とあわないと思っていた人たちとも、友好的な関係を築くことも出来るはずです。

かわいいと思ってもこんな陰キャラ女子は男性に嫌われる!

人の悪口ばかりいってしまう人は、周りの人から嫌われます。反対に、陰キャラであっても悪口を言わない人は、次第に人から好かれていきます。

お酒の席というものは、人間の本音が出やすいところです。

だから、嫌いな人の愚痴も出やすくなりますよね。

でも、せっかく楽しい時間を過ごしているのに、人の悪口のオンパレードになってしまうと、その時間がウンザリしたものに変わってしまいます。

いくら美人でモテる女性でも、性格がいまいちだと周囲の人に嫌がられてしまうこともあるのです。

反対に、いつも陰キャラでおとなしい人でも、お酒の席で悪口を言わずに楽しく過ごすことが出来るようであれば、普段は目立たなくても人から好かれるようになってきます。

自分も周りも楽しめるように配慮することが大切ですね。

陰キャラ女子は職場でも苦労する?

陰キャラの人は、社会に出ても時々困ることがあるようです。

目立つ人は何をやっても目立ちますし、周囲の人との付き合いも上手なことが多いです。

それまで培ってきた人間関係から人との上手い付き合い方を学んでいるのですが、陰キャラの人はそういった経験をあまりせずに社会に出る事があります。

例えば、目立つ人がミスをしたとしても、持ち前の人付き合いの上手さから上手にその場を切り抜けることが出来るでしょう。

でも、陰キャラの場合はその場を切り抜けるすべが分からずに、先輩にいじられてどんどん嫌な気持ちになってしまいます。

周りは何も思っていなくても、勝手に攻められていると勘違いして落ち込んでしまうこともあるのです。

そうすると「冗談が通じないやつだ」と思われて、会社でも孤立してしまうことになります。

出来るだけ人の話をそのまま受け止めずに、上手に人間関係を作っていきたいものですね。

陰キャラ女子を脱却するには?

陰キャラと言われる人たちは、みんな何かしらのコンプレックスを抱えていることが多いです。

一体どんなコンプレックス?と聞かれても、数の多さに一言で説明することは難しいですが、行動にうつす前に自分のコンプレックスを考えて勇気が出せず、行動に移すことが出来ない人も多いのです。

ある意味で想像力がものすごくあるので、その想像力を上手に生かすことが出来れば、ものすごくビッグな人間になることも出来るのではないかと思うのですが、そこに至る前の勇気が問題になってきます。

陰キャラだからと自分で思っていて、思い切った行動をすることが出来ない人はたくさんいます。

でも、そのままの自分が好きだというのであれば、堂々と陰キャラのままでいても問題は無いでしょう。

陰キャラの人たちも、色々な分野で活躍していますし、どこでどんなめぐりあわせがあるかもわかりません。

自分を大切にして毎日を楽しく過ごしましょう。そうすれば、明るい未来がやってくることもあります。

医者になる年齢・最短だと何歳?お医者さんの年齢にまつわるお話

私たちが怪我や病気をした時にお世話になるお医者さん。実際にお医者さんになるには、最短で何歳ころになるのでしょうか。

お医者さんになるにはどんな道筋があるの?医者になれる年齢に決まりはあるの?こうしたお医者さんにまつわる疑問について調査しました!

今回は、お医者さんになれる最短の年齢と、開業医の年齢、勤務医の仕事内容などについてお伝えします!

医者になれる年齢は?最短で〇〇歳です!

お医者さんを職業として活動するためには、国が認定している「医師国家免許」というものを取得する必要があります。

この医師免許を取得出来ていないのに医療行為を行うということは、犯罪行為ということになります。

医師国家免許の取得をする場合、大学の医学部や医科大学を卒業しなくてはなりません。
医学部は6年生の大学になりますから、医師免許の取得までにかかる最低の年数は6年ということになります。

医師免許を取得すれば医療行為を行うことは出来ますが、免許を取った後に研修医として2年以上の現場経験をしなくてはならないと法律で定められていますので、大学病院などで色々な診療科を経験する必要があり、この時先輩の医師の下について患者の治療を行うようになります。

研修期間が終了すると、医師として独立して患者の担当を据えることが出来るようになります。

これをすべて通算すると、医師免許取得をしてから2年の研修を経て、最短で26歳で医者として独立できるようになります。

最短で医者になる年齢と医者になるまでの道のり

医師になろうと考えている場合、医学部に入学して医師免許を取得するまでの流れは

「高校卒業→医学部に入学(6年間)→研修医(24歳)→研修期間(2年)→医者として独立」

というようになります。

ですが、例外が一つあり、学士入学をした場合は医学部で勉強をする期間は4年になります。

学士入学とは?

学士入学は、一度ほかの大学を卒業して3年生からもう一度医学部に入学するということになります。

学士入学を行うと、医学部に入学した時点で大学3年生ということになり、最短ですと4年で医師になることができます。

学士入学をする場合、どこの学部を出ていても問題はありません。
理系の大学の場合も文系の大学の場合も受けることが可能です。

医者が開業する年齢は?最短で開業を考えるなら30歳前後

医師が開業を行って開業医になる場合、ある程度自分のキャリアを積んでから開業するのが一般的になります。

ですがここでは、法律上問題のない最短で開業出来る年齢についてお伝えしていきます。

医師になる場合は国家試験に合格して医師免許を取得する必要があります。

18歳で現役合格して6年間医学を学び、医師免許を取得できるようになります。
この時点で24歳になりますが、この後法律で定められた研修医としての期間を2年間過ごし、26歳の頃に医師として独り立ちできるようになります。

こういったことからも分かるように、医師免許を取得して研修期間を終え、一人舞の医師として独り立ちできる「26歳」になると、開業を行うことも出来るようになります。

ですが、ほとんどの場合は自分の知識や技術を高める為に2年間の研修期間を終えても先輩の医師に師事することが多いです。

そういった道のりを経て実際に開業を考えることが多いようです。

勤務医のお医者さんたちの仕事は激務!

病院に勤務している勤務医のお医者さんは、開業医とは違って自分の病院で働いているわけではありません。

このため、どこかの大学病院のお医者さんとして勤務したり、医院の医師として勤務するようになります。

大学の病院に勤務した場合と医院に勤務した場合ですと、年収にも違いが出てきます。。

医者というのは平均年収が高額になる職業です。
勤務医の場合は激務であることが多く、寝る時間もなく仕事に取り組んでいます。

緊急外来などで勤務している医師は。一日の睡眠時間が2時間ほどしかないということも珍しいことではありません。

こうしたことから、地方では医師不足になっている病院もあり、地方の病院では好待遇で医師の求人を出しているところもあります。

お医者さんが足りない!医師不足が問題に

2009年(平成21年)に厚生労働省が行なった調査によりますと、立ち入り検査を行った約8,200の市設のうち、医師法に定められている医師の人数を確保できている病院は約9割ほどでした。

中小規模の病院では医師不足が深刻化しており、医師のいない特定の診療科を休診しているというところもあるようです。

医師不足により、閉院を余儀なくされている病院もあり、募集を行っても医師が集まらないということも深刻な問題になっています。

地域や診療科によって偏在があることも問題視されています。

北海道や東北の病院は充足率が低く、市域で格差が見られます。

産科や小児科、麻酔科、外科の勤務は過酷であるため、そういった診療科に志願する医師も減少しています。

特に、産婦人科の医師不足は深刻になっており、休診している病院も多く見られます。

分娩の受け入れを制限していたり、分娩は行わずに外来診療のみを行っている産婦人科医も増加しています。