夜中の過食は太る?夜遅くに食べてしまうのを止める方法

夜中の過食は太る?それとも太らない?日中の消費カロリーよりも夜中に食べるものを含めて摂取カロリーのほうが低ければ、過食をしても太ることはないでしょう。

しかし、過食をして太ってしまうのでは?と思っているのはきっとお昼や夜ご飯を食べてさらに夜中に食べてしまったときですよね。

ついつい、夜中にお菓子に手が伸びてしまう人はこんな方法で過食予防をしてみてはいかがでしょう。

人間の体は夜中の過食で太るようにできている!

人間の体は、朝の日光を浴びたり夜暗くなってきたりで、生活リズムが刻まれています。

そして、一般的に22時から翌日の2時までの時間は、たくさん食事をとってしまうと最も太ってしまう時間だとされています。

炭水化物などの糖質や脂質は、人間にとって身体を動かすためのエネルギーとして必要です。

でも、夜の22時から2時までの時間帯に糖質や脂質を摂取し過ぎてしまったり、夜遅くの食事で食べ過ぎてしまいこの頃に消化出来ていないようだと、眠っている間に消化などする事が難しくなって、余分な脂肪になって付いてしまう事に繋がってしまいます。

食べても1番脂肪をためこまないとされている時間帯は、15時頃と言われていますので、糖質や脂質をたくさん食べたい場合は、できるだけ15時頃に食べるか、眠る2時間か3時間前には食べ終われるようにしましょう。

夜中の過食が太るのは体を休められないことが原因

夜遅くに食事やおやつなどを食べすぎてしまっては、眠っている間に消化をうまく出来ません。

また、通常は眠っている時間帯に身体も内臓の器官も休むのですが、夜中の過食によって、胃が休める時間がなくなってしまいます。

その事から消化不良がおきたり、胃がもたれたりしてしまうのです。

夜中に過食をして、そのまま眠ってしまうことによって、交感神経と副交感神経の働きのバランスも悪くなってしまいます。

そうなると、自律神経のバランスも崩れ、疲れやすくなったり、目眩がおきたり、食欲がなくなってしまったりしてしまうことが起きてしまい、朝も食欲が起きずに、朝ごはんが食べれなくなってしまう事に繋がってしまいます。

変な時間におやつを食べたり、お昼や夕食の量が増えたりして、夜中にどうしてもお腹が空いてしまい過食に繋がる事がありますので注意しましょう。

夜中の過食は太るとわかっていてもなかなか止められない、そんなときは?

夜中にお腹いっぱい食べてしまう事は、太る事を考えても健康にもよくないとは分かっていても、どうしてもお腹が空いて眠れなくてストレスがたまってしまう事があるかもしれません。

寝れないほどお腹が空いてしまわないように、普段から1日3食をしっかりと食べて、栄養もしっかりと摂りましょう。

ダイエットなどで無理な食事制限をしていれば、その分夜中になってお腹が空いて寝れなかったり反動で食べすぎてしまう人が多いようです。

どうしても夜中に食べたいときのおすすめの食べ物

ヨーグルト

腸のはたらきを整えてくれる効果がある善玉菌のヨーグルトは、消化にもいいです。
糖分がたくさん入っているものよりも、無糖のものの方がお勧めです。
無糖のものをそのまま食べるのが苦手なら、蜂蜜などを入れましょう。

夜中の過食を防ぐにはどうしたらいいの?

夜中に過食したのに、自分が何を食べているのかを特に意識していなくて、食べたものをちゃんと記憶していない人がいます。

これは、お腹が空いていての過食よりも、ストレスが溜まってしまって過食になっている事が原因になります。

自分が好きなものを好きなだけ食べるだけでストレスが発散が出来てしまうので、とても手軽にいつでも出来てしまい、しかも習慣になってしまう事があります。

夜中の過食を防ぐ方法

好きなおやつが、すぐに手の届くようなところにあれば、食べたくなってしまいます。そして、あるだけ、つい食べ過ぎてしまう事にも繋がりますので、あまりストックを用意しておかない方がいいでしょう。

毎日のようにコンビニなどに寄って、つい買ってしまう習慣になっている人も多いようです。

コンビニなどに用もないのに、つい寄る事を止めたり、お菓子のコーナーを見るのを避けましょう。

ストレスをためない程度に

ストレスは夜中の過食の原因にとても多いです。

  • しっかりと3食食べる
  • 好きで止めれないお菓子は15時頃に食べる
  • 散歩をしたり映画を観たり、気分転換やストレス発散をする
  • 外食をする時など無理にデザートなど我慢しない

ストレスをためない事は、夜中の過食防止にとても大切ですので、ストレスをためないようにしましょう。

夜中に過食をしてしまうのは水分不足?まずは水を飲もう

喉が渇いているだけでも、脳ではお腹がすいていると勘違いしてしまう事があります。

水を飲む

水分は人間の身体に大切なので、できるだけお水を摂るように意識しましょう。

目安は1日に1リットルから2リットルを少しずつ分けて摂取する事が理想と言われています。

カフェインが入っていないハーブティーや、可能なら、お水で摂れる事が理想です。
カフェインが入っているものは、逆に脱水症状のようになったりする可能性もありますし、ジュース類は糖分の摂りすぎになってしまいます。

運動をする

激しいスポーツではなくても、簡単なウォーキングや、ストレッチなどでもかまいません。

気分転換になったり、楽しいと思えるもので、できれば続けられるものをいくつかしましょう。
ストレス発散にもなりますし、気分転換にもなります。
筋肉が程よくつく事によって新陳代謝もよくなりますし、無駄な食欲も抑える効果もあります。

人混みが疲れる理由アレコレ。自分の疲れポイントとは

人混みが疲れる理由って?

気が乱れる、喧騒が苦手、自分のペースを守れない。などなど、人によって様々な理由があるものです。

自分は人混みの『なに』に一番疲れるのかを知って、対処するようにしましょうね。

基本的には、正しい食生活と質の良い睡眠。おいしい水をたくさん飲むようにしましょうね!

人混みが疲れる理由は「ミラーニューロン」?

「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか。
他の人の行動を見て鏡のように自分も同じような行動をとっているように反応する神経細胞です。

人が危険にさらされそうになった時、目の前にいるあなたまでビクッとなることがありませんか。
それが、このミラーニューロンです。

目の前に1人となるとその現象があっても1~2度程度だと思いますが、人混みだと考えてみてください。
あなた自身も、人に同調し共感している状態のミラーニューロンが頻繁に起きてしまいます。
人混みが疲れる理由はこのようなことが原因と考えられます。

この現象を少しでも避けるために、人混みでは対象人物や目的を定めてみましょう。
一緒にその場に行ったのが家族であれば、その家族だけに集中しましょう。
その人達と関わっているときは自然と周りの影響をあまり受けません。

人混みが疲れる理由の一つにパーソナルスペースを侵されるということがある

人混みは四方八方に人がいて、自分が進もうとした逆や横の方向からも人が現れ、どんなに気をつけていたとしても人とぶつかったり、近くにいたりします。
常に他人との距離が近く、人混みが嫌いという理由にはこのようにパーソナルスペースが侵害されていることも挙げられます。

「縄張り意識が強い動物」とよく表現しますが、それは人間にも当てはまる事であり、自分のテリトリーに他人が入ってくることに不快感を感じます。
動物も仲間同士であれば大丈夫なように、人間も自分の許せる人であれば問題ない場合もあります。
関わる人によって無意識にうまく使い分けることができるのです。

人混みでは常にパーソナルスペースを侵害されている状態ともいえますので、近くの人ではなく遠くの看板やお店などを見て気を紛らわしていくと良いですね。

人混みで疲れることを完全に回避することは難しいですが、このように気を紛らわし疲れを少しでも減少する方法しかありません。

人混みで疲れる理由は無意識に他人を攻撃しているから?

他に人混みで疲れる理由と考えられるのが、無意識に他人を攻撃しているということが挙げられます。
無意識のうちに他人から攻撃されているような感覚があり、それらの対抗心から「お前には負けない」「俺の方が正しい」などと他人と比べたり、見下したり、否定したりという攻撃を無意識のうちにあなたもしているそうです。

人混みは疲れるから嫌だという中にはこのような投影の法則(自分が思った事を人にも同じように思われていると感じる事)が隠されているのかなと思います。

こられは全て無意識のうちでやっているので人混みで意識は出来ませんが、この文章を読むとなんとなく納得できる人は多いのではないかと思います。

人よりぷプライドが高く、自分のしてきた事に自信がある人は特にこのよな法則が働くことが多く、なかなか自分で気がつくことはできません。

自信やプライドも大事ですが、それと「人を見下す」ことや「上から目線」でいることは一緒ではありませんよね。

自分の心を見直せば少しは無意識でやってる人混みでの人への攻撃は抑えられるかもしれませんね。

人混みは疲れるけど、通勤しなきゃ。そんな時は正しい食生活と質の良い睡眠を

人混みが疲れる、嫌いな人にとって毎日の通勤・退勤ラッシュはとても苦痛です。
そんな時は生活習慣を見直せ毎日の疲れも少し解消する事ができますよ。

バランスの良い食生活

  • 質の良い睡眠
  • 適度な運動
  • 日光に当たる時間を作る
  • 早寝早起き

こられを意識するだけで、その日に溜まった疲れもその日のうちに解消できる事が多くなります。
現代社会ではこのような生活習慣ができている人はとても少ないでしょう。
しかし、こららが乱れると疲労と共に知らず知らずにストレスも溜まっていきますのでご注意ください。

近年では、睡眠の良い質が取れず精神面につながっている傾向が多く見られます。
いくら睡眠時間がとれていても、質が悪ければ疲労の解消はできていません。
できるだけ、睡眠の時間よりも睡眠の質を意識していきましょう。

人混みって疲れる!人混みにいながら一息つくには?

どうしても人混みでイライラしてしまう場合は、深呼吸をしてみましょう。
深呼吸することでイライラの元である交感神経の働きを防ぎ、副交感神経の働きを活発にさせていきます。
体内に空気を大きく入れ込むように鼻からゆっくり息を吸います。
そして吸った倍以上にゆっくり口から息を吐きます。
この工程を繰り返し行いましょう。

また、イライラしていると無意識のうちに体に力が入った状態になっていることがあります。
力を抜いてリラックスすることはイライラを少しでも解消するために役立つ動作の1つであります。

そして、人がたくさんいると注意散漫になりマナーが悪い不快な人が目に入るかもしれません。
極力そのような思いから避けるように前だけを意識しましょう。

親が厳しい!結婚話を切り出せない時・切り出す時の上手な伝え方

彼氏にプロポーズされたけど、親が厳しいからなかなか結婚したいという話を伝えることが出来ない、彼氏の親に挨拶に行く時に失敗しそうで怖い。こんな悩みを抱えている女性もいますよね。

大好きな彼氏と結婚したいのに親に伝えられない時は一体どうやって話を切り出せば良いのでしょうか。NGなことや上手な伝え方は?

そこで今回は、厳しい親に結婚の話を伝える時の上手な伝え方についてお伝えします!

親が厳しいからプロポーズされたことを言えない!結婚の話の伝え方

親は、子どもの幸せを誰よりも願っているものです。

自分のことを後回しにしてでも、子どもが日々幸せに過ごせるようにと願っています。

でも、昔から親が厳格で交際することさえも反対されてきたなどの過去があれば、結婚なんて絶対に反対されるに決まってると不安に思ってしまいますよね。

しかし、親が厳しいから、あるいは良い顔をしないからと言って、彼から受けたプロポーズを素直に報告出来ないような状況は、あなたにとっても彼氏にとっても良い結果を生みません。

結婚の報告は、子どもが新しい家庭を作るというとても喜ばしいことです。

子どもが結婚をして、寂しい気持ちはあっても、最終的に喜ばない親は少ないです。

結婚の話を切り出して、話を聞いた両親は最初は良い顔をしないかもしれません。

でも、子どもであるあなたが親に話をしないで誰が代わりにしてくれますか?

あなたにとっては、この世に代わりのいない両親であり、最大の味方です。

厳格な親を持つことで辛いのは、あなたではなく彼氏の方です。

あなたと新しい家庭を作ろうと決意してくれた彼の気持ちを考えるなら、あなたが両親に自分の気持ちを正直に伝えることです。

父親が厳しいのであれば、自分と同性の母親に前もって話をすることで、娘の気持ちに共感してくれることが多いですし、同時に夫の気持ちも分かるため、仲介として間に入って話を進めてくれる可能性が高いです。

彼氏の親が厳しい!結婚の挨拶の時の服装は地味過ぎてもダメ?

逆に、彼氏の親が厳格という場合もありますよね。

結婚の挨拶で初めて彼氏の親と対面する時は、何と言っても相手に与える第一印象が大切です。

厳格な彼氏の両親から「この子なら息子の結婚相手としてふさわしい」というお墨付きをもらうためには、その場にふさわしい服装はもちろん、立ち振る舞いや言葉遣い、メイクなども入念に準備しなくてはいけません。

とはいえ、普段の自分とはあまりに違うキャラを作ってしまうのは無理がありますし、ついボロが出てしまうことも。

個性は良い方向に活かしながらも、大人のマナーとして全体的に女性らしい雰囲気で、相手を敬う気持ちを忘れずに会話することが望ましいです。

初めて結婚の挨拶をする時に、女性が相手の家を訪問する際には、女性らしい清楚な服装が一般的ですが、あまりにも「清楚」を意識するあまり、服装が地味にまとまってしまう人もいます。

派手すぎも良くありませんが、あまりにも地味な服装は、相手の親を戸惑わせてしまうことにもなるので、注意が必要です。

昔とは違い、現在の親世代の人達は様々な情報に囲まれて生活している人がほとんどです。

スマホを使いこなす50~60代の人達もたくさんいますよね。

このような人は、若者と職場や趣味の場で交流するなどして様々な情報に敏感なので、地味過ぎる服装は「こんな地味な格好してるけど普段は本当は違うんじゃないの?」などと思わせるきっかけになってしまうこともあります。

何事も、過度は禁物ということです。

厳しい親に結婚の話を台無しにされることも

価値観は、人によって本当に様々です。

価値観とは、その人が物事の何に価値を置いているのかということに関する考え方のことです。

自分では常識と思っていたことが、相手にとっては非常識ということもよくありますよね。
人の価値観というのは、その人の生まれ育った環境や、性格などが影響します。

親の考え方が、子どもの価値観の形成に大きく影響することも多いです。

例えば、家系がずっと医者の家の人は、自分の子どもにも結婚相手に医者を求めるという人もいます。

その子どもも、昔から親に「結婚相手は医者しか認めない」と教えられていたら、何の迷いもなく結婚相手を選ぶ基準に「医者」を置くのです。

職業だけではなく、学歴を重視したり、給料の多さで子どもの結婚相手を決めようとする親も少なくないようです。

常日頃、親からこのようなプレッシャーを感じている人は、自分が選んだ相手が条件を満たしていない場合、きっと親が許してくれないと思い結婚に対して消極的になってしまうこともあります。

また、子どもの結婚相手というだけで、紹介しようと思っても親から「会うつもりはない」と鼻から否定されるケースもあります。

理由は、子どもを溺愛していているとか、結婚相手に何らかの不満がある、年齢差があるなど様々です。

このような場合、無理やり話を進めるよりも、断られても何度も何度も繰り返し自分たちの気持ちを丁寧に伝えていくということが、親の気持ちを変えることに繋がる最善の方法と言えるでしょう。

結婚前に同棲したい!厳しい親をどうやって説得したらいい?

親世代が若い頃と現在では、時代も変わっていますので、生活に関わるものすべてが昔と比べて便利になったり、発展しています。

それに伴い、考え方も大きく変わっています。

親世代が20代の頃は、現在のように女性が自由に1人暮らしをしたり、自分の収入で自立している人も今ほど多くはなく、実家暮らしでお付き合いして、結婚したら家を出ることが一般的でした。

このような背景もあり、現在の様々なカップルの形に親の考え方がついていけないという事情もあります。

親が理解できない問題の中で大きな部分を占めるのが、結婚前の同棲です。

結婚前にお互いの価値観を確認したり、結婚後の生活が予測できるというのが同棲の大きなメリットですが、親から見ると自分の子どもが結婚前に同棲をするのは快く思えない人が多いようです。

「同棲をするくらいなら何故籍を入れないんだ」という考えの親世代が多いということが言えます。

親に同棲を反対されるのが目に見えている場合でも、親に隠れて同棲を始めるより、親にしっかりと自分たちの考え方を伝え、認めてもらった上で堂々と同棲することの方がその先のことを考えれば理想的です。

親に同棲の許可を得る前に、そもそも自分たちはなぜ同棲をしたいのかということを2人で話し合うことで、今後の明確なビジョンが見えて、親にも気持ちを伝えやすくなります。

結婚の話なんて出来ない?親が厳しい人のあるある体験

親が厳しいという人は、ある時から急に厳しくなったというよりも、物心ついた時からずっと厳しかったという人の方が多いです。

学校に上がると、友達の家に泊まったり、遊びに行く機会も多くなりますが、その度に親から承諾をもらうことに苦労した経験を持つ人が多いようです。

特に友達の家に泊まるということに関しては、それ自体を禁止されていたという人や、事前に確認が必要だったという人も。

女性の場合は、やはり男性との交際に関して親から反対されるということが多いでしょう。

しかし、交際していると2人でどこかへ出かけたり、旅行したりということも出てきます。

親が厳しい人は、このことがバレると親に止められることがわかっているため、事前に練習したり、嘘をついたりして乗り切っているようです。

でも、このような取り繕いや嘘が通用できるのは、結婚するまでです。

結婚する時は、1人の大人として、嘘なく正直な気持ちを親に伝え、彼との結婚を認めてもらうことが大切です。