飴を噛む人の心理とは?飴を噛んでストレス発散!

あなたの周りに飴を食べたら、ガリガリと音を立ててすぐに噛んでしまう人いませんか?
飴は舐めるものだという認識でいるのが、当たり前だと思っていると、何故すぐ噛んでしまうの?と不思議に感じることもありますよね。

そんな飴を噛む人の心理状態って?どんなものなのでしょうか?
答えは意外にもシンプルなようです。

そこで飴を噛む人の心理について調べてみました!

飴を噛む人はストレスを抱えてる!飴を噛む心理とは?

飴を噛む人はストレスを抱えてるなんて言われていますが、飴を噛む心理とはどのようなものなのでしょうか?

ストレスを抱えている人のクセで、頬の内側や、唇を噛んだり、無意識に歯を食いしばってしまうものがあります。
そういったクセのある人で、特に歯が健康な人は、飴を食べた時に、ストレスの矛先が飴に向かい、すぐに飴を噛んでしまうのです。

他に考えられる原因は、「せっかち」です。
飴は通常、口の中でゆっくり舐め溶かして楽しむものですが、せっかちな人はすぐに噛み砕いて、次の新しい飴を食べようとするのです。
恐らくこのタイプは、ガムを食べていても、味が無くなったなと思ったら、即座に新しいガムにすると思われます。

飴をすぐに噛む人は、歯が丈夫なら問題ないのですが、そうは言っても、横でガリガリと大きな音で噛まれると、ちょっと気になりますよね。
ただ、噛み砕く心理と原因さえわかれば、気になくなると思いますので、本人に思い切って聞いてみると、スッキリできるかも知れません。

飴を噛む人の深層心理を真剣に考えてみました

飴を噛む人の深層心理を真剣に考えてみました。
ストレスや、せっかちだけが理由ではないようです。

飴は、舐めた最初は濃い味ですよね。
そして徐々に解けていって、小さくなった時に、感じる味の度合いは小さく感じます。
ただ、すぐに飴を噛み砕くと、そういった味のフェードアウトを感じません。
ですので、味と噛んだ感触の刺激を求めて、飴を噛み砕いているのですね。

他にも、「小さい頃飴がノドに詰まった事がある」という人は、そのトラウマから、飴を噛み砕くクセが付いていることがあるようです。
飴がノドに詰まった事がある人が全員そうだとは言いませんが、精神的な防衛本能から、飴を噛み砕く事によって、自分が飴をノドに詰まらせるのを防いでいるのです。

たかが飴を噛むという行為と思っていても、深く考えると、裏にそういった理由があるのですね。

飴を噛む人の心理は『新しい味の刺激を求めたい』

「飴を噛む人」と、一言で言っても、噛むタイミングは「最初に噛む人」と「中間で噛む人」と「最後に噛む人」の3種類に分けられます。
「最初に噛む人」と「中間で噛む人」は、出す音も大きいので目立ちますが、「最後に噛む人」は、出す音が小さいながら、飴を食べる人の中では、一番多いのではないでしょうか。
そういった人の心理とは、なにがあるのでしょうか?

最後に残った小さい飴は、口の中に入っていても、小さな味しか感じられませんし、のど飴として食べているのであれば、あまり唾液も出ず、のど飴としての効果が薄く感じられますよね。
そんな時は、その小さなカケラを噛んで、次の新しい飴に行こうとするでしょう。
つまり、最後に噛む人は、「新しい味の刺激」を求めたり、「新しいものによる強い効果」と求めるゆえにその行為をするのだと考えられます。
ざっくり言うと、「ちょっとせっかち」と言ったところでしょうか。
あとは、小さな飴を噛んだ時のカリカリとした感触が好きだという人もいます。

飴を噛む行為はその感触がクセになることも

飴を噛んじゃう人は、意外とたくさんいるようです。
音がうるさいと、目くじらを立てる人もいますが、正直、たかが飴です。
おせんべいを食べてると思えば気にならなくなるのではないでしょうか。

飴を噛む行為は、心理学的に「不満や怒り、または攻撃性の表れ」だと考えられています。
ですので、すぐに飴を噛む人は、日頃から不満を持っている可能性があります。
また、「攻撃性」と聞くと、なんだか乱暴者のイメージがありますが、決してそうではありません。
仕事や勉強に積極的に取り組む人も、ある意味攻撃的な人だと言えます。
その溢れるエネルギッシュなパワーを飴にもぶつけているのですね。

もし、あなたの歯が丈夫で健康であれば、思い切って飴を噛み砕いてみたら、その感触がクセになるかも知れませんよ。

飴をすぐ噛んでしまう人の心理には深い意味は特にない

ここまで、飴を噛む人の心理などについて書いてきましたが、本当の所は、飴を噛んでいる本人に聞くのが一番です。
恐らく、「飽きたからかじって食べちゃうだけ」とか「噛み砕く時の感触が好きなの」など、シンプルな答えが返ってくるのではないでしょうか。

「飴は舐めて食べるもの」という固定概念があるから、飴をすぐに噛む人が気になるのだと思います。
もし、「飴は噛んで食べるもの」だという世界にいたら、舐めて食べている人は奇異の目で見られることでしょう。
噛む時の音が気になるかも知れませんが、「この人はそういう人だ」と思えば気にならなくなるのではないでしょうか。

それに噛むのを無理にやめさせる事で、その人がイライラするくらいなら、飴にストレスのはけ口になってもらえるのなら、それが一番良いと思います。

彼氏が彼女と一緒に住みたい心理、同棲のメリット・デメリット

彼氏からなんとなく同棲を意識したような言葉を聞いたことはありませんか?
はっきり「同棲したい」とは言わなくても、薄々感じ取れるサイン。

彼はあなたに悟られないようにしているかもしれませんが、なんとな~く気付くものですよね。

彼氏が一緒に住みたい心理や、男性の気になる結婚への考え方、同棲のメリット・デメリットなどご紹介します。

彼氏はもしかして一緒に住みたい?心理が現れるサイン

彼氏とのドライブ中や、街中を一緒に歩いている時に、ふと賃貸情報を目にすることがありますよね?あなたが一人暮らしをしていたり、引っ越しを検討しているのであれば、良い物件がないかと気になってなんとなく探してしまうということはあるでしょうが、さすがにデート中であればまじまじと真剣になって物色するようなことは少ないでしょう。

しかしながら、彼女との同棲を視野に入れている彼氏であれば、そんな些細な情報ですら過剰に反応してしまうことも。日頃から住みたい間取りや家賃などを調べているので、ついつい気になって色々言いたくなってしまうのかもしれません。

直接的に話題にはしなくても、すでに彼氏の頭の中には「同棲」の2文字が浮かんでいる状態であれば、ペアのパジャマやマグカップを欲しがったりと、すでに今後の生活で使いたい物へ意識が向いていたりするのでは?

また、普段の何気ない会話の中でも、急に同棲という言葉を使う場面が増えてくることもあるようです。ここでもあくまで冗談めかすような時は、本心を悟られないようにあなたに探りを入れている可能性が高いです。

彼氏が一緒に住みたいと言う心理は

ここではまず、彼氏が彼女と一緒に住みたいと思う理由を想像してみましょう。

  • いつでも一緒にいたいから

やはり「大好きな彼女といつも一緒にいたい」というのが、一番の理由でしょう。お互いに仕事が忙しくてなかなか会えなかったりすると、一緒に暮らすことで少しでも長い時間を一緒に過ごしたいと考えるようになるものです。疲れて帰って来た時にも彼女が笑顔で迎えてくれる姿を想像して、そんな生活に憧れを抱いているのかもしれませんね。

  • 彼女と離れている時間が心配

独占欲が強めな彼氏にとっては、離れている時間に彼女がどこで誰と何をしているのか、常に知っておきたいという心理が働くため、少しでもそんな不安を減らすために、同棲したいと考えている可能性があります。あなたがそれでOKなら良いのですが、仕事以外の時間を常に監視されている状態になりえるので、同棲するのであればその可能性も良く考えてからにしたほうが良いかもしれません。

彼氏が一緒に住みたい心理には結婚が前提になっているの?

あるアンケートによると、約8割の男性が、同棲を考える相手とは結婚を前提としたお付き合いをしている女性であると回答しています。
理由としては、「結婚を考えていない女性と一緒に暮らす目的がわからない」「お互いに結婚を意識しだす年頃であれば、そこまで考えていなければ同棲などできない」といったものが挙げられており、同棲を経てやがて結婚したいという意志がなければ、ダラダラと付き合うことは相手にも失礼だと感じている男性が多いようです。

また、「まずは一緒に暮らしてみて、もっとよくお互いのことを知ったうえで結婚したい」「いきなり結婚生活をスタートして、生活習慣の違いでイヤになってしまうのを避けたい」といったように、同棲をあくまでも結婚生活を想定した予行演習と捉えている男性も、少なくないことがわかるでしょう。

彼氏・彼女での同棲のメリット

同棲することには、男女どちらにもメリットはあるようです。

  • 結婚後の生活を事前に予想できる

結婚生活をスターとさせてみて、初めて気付くことは多々あるものです。普段のデートで会っている時間だけではわからない些細な部分が原因で、やがて離婚につながることも…。
結婚前に同棲期間を経ていれば、結婚後の生活もある程度は予測がつき、そのうえでお互いが納得して結婚に踏み切れるため、「こんな人だと思わなかった!」という展開にならずに済むかもしれません。

同棲の段階でお互いに埋めがたい溝があることに気付いたら、その時点で籍を入れることなく別れを選択することも出来るため、結婚前のお試し期間として同棲することは非常に有効だと言えるでしょう。

  • 貯蓄しやすい

結婚生活に向けて、同棲中からお金を貯め始めるカップルはわりと多いようです。それまでお互いに一人暮らしをしていた同士であればなおさら、家賃などの生活にかかる費用が減るので、その分を貯蓄に回すことが可能になります。
また、家で一緒に過ごす時間が増えるので、毎回のデート費用が浮き、より節約にも繋がります。

彼氏・彼女の同棲のデメリット

もちろん、同棲するうえではデメリットも。

  • 他の女性に目が行きやすくなるかも

デートの時だけ会うのとは違って、一緒に生活をすることで、お互いの良い面だけでなく悪い面も見せる時間が増えてしまうのは仕方のないこと。
今まではあなたの気合を入れたメイクやおしゃれをした姿しか見てこなかった彼氏も、すっぴんや部屋着などの気を抜いた姿を見慣れてしまい、やがて女性としての魅力を感じなくなってしまうのかも?

一方、外で出会う女性たちの華やかな姿は新鮮に映り、浮気心が働いてしまう可能性も。

  • 遠慮がなくなり、ケンカが増えることも

生活をともにするということは、それだけお互いのイヤな部分にも目が行きがちになるというものです。家事の分担や時間の使い方など些細なことが原因で、やがて大喧嘩に発展しかねません。
今まで生活してきた環境が違うのですから、意見の相違は当たり前なのですが、気付けば修復不可能な状態になっていて、結婚前に別れを選ぶカップルも少なくはないのだとか。

性格の合わない職場の人への対処法とムリせず付き合うコツ

性格の合わない職場の人に対して、イライラしてしまう人もいるかもしれませんね。

では、職場で性格が合わない人にはどんな対応をしたらいいのでしょうか?対処法とは?

また、職場は友達を作るための場所ではないので、イライラせずに無理して付き合う必要はありません。

そこで、性格の合わない職場の人への対処法とムリせず付き合うコツなどについてまとめてみました。

職場で性格が合わないと思う人ってどんな人?

あたなの職場に性格が合わない人はいますか。
どんな職場でも人間関係の問題はあるでしょう。
嫌な人、気が合わない人はどんな人か、そして解決策はあるのか、考えていきましょう。

職場で気が合わないと思う人

上司

上司のモラハラ、セクハラ、自己中心的な言動。
このような上司はどの会社にも1人はいるのではないでしょうか。

同僚

なにかと比べられるのが苦痛に感じたり、上司のようなモラハラなどはないにしても性格自体合わないといったことがありえそうですね。

後輩

まったく使えない、仕事をお覚えてくれない、後輩のミスがなにかとあなたの負担になることがあるのではないでしょうか。

女性の先輩

嫌味やいじめをしてくるオツボネさん的存在の女性社員はどこにでもいそうですよね。
少し長く働いてるからといってその態度、なんて思う事は多々あるでしょう。

職場で性格が合わない人との対処法とは

職場で性格が合わない人との対処はどうしているか、街の人の声を聞いてみました。

職場で性格が合わない人とわかり合えるよう努力する

  • 嫌な部分もあるけど全てが悪い人ではないと思って接する
  • その人の良い点をみつける
  • 会社のイベントやお食事で距離を縮めようと頑張る

せっかく勤めた会社なので長い付き合うと思うと相手の良い面、尊敬できる面を見つけてどうせなら仲良く気持ちよく仕事をしたいという意見でした。

嫌な人を苦手な人物や架空の人として考える

  • 人間以外と仕事を一緒にしていると思う
  • 苦手な彼氏のお母さんみたいと思えば割り切れるかもしれない

分かり合えない事は無理にわかろうとしないという意見が多数ありました。

職場で会わない人とはある程度の距離を保つ

  • 無理に近づこうと、分かり合おうとしない
  • 仕事のみと割り切る

必要以上にかかわる事を避ける意見も数多かったですよ。

職場の人と性格が合わないなら、割り切りで楽にもなる?

どうしても仲良くなれない、分かり合えない職場の人がいたらどうしましょう。
無理にわかろうとしても返ってストレスになってしまいます。
その嫌な相手との関係にもよりますが、仕事上接する事が少ないのであれば、こうゆう人なんだと割り切って考える事が一番でしょう。

無理に自分の意見を相手に伝えて口論になるのも嫌ですよね。
会社での評価にも響いてきそうですし、無駄な体力をそこで消費するのもなんだかもったいなくありませんか。

あなたも社会に出て人付き合いも多く学ぶことでしょう。
性格の合わない人がいるとその人の嫌な部分しか見えなくなってしまいがちですが、悪い部分が全てなんて人はよっぽどのモンスターじゃない限りいませんよね。

分かり合おうとしなくても、そこの良い面を少しでも見つければ、割り切ることができるかもしれません。

1度性格が合わない、嫌だなと思った人とはなかなか上手くは付き合えないものです。
言い方は悪いかもしれませんが、関わるときだけ良い顔して、それ以上は関わらない、八方美人を演じてみてもいいのでは?

どうしても我慢できないなら、誰かに相談を!

あなたも人間ですから我慢の限界だってくることでしょう。

深呼吸し心を落ち着かせても整理がつかない場合は、思い切って誰かに相談してみるのもいいでしょう。

この時に相談する相手があなたの会社の人であれば注意しましょう。
そのことが相手に耳に入ってしまえば、関係は悪化してしまいます。
そして相談した相手が嫌な人の事をそう思っていない場合もあります。

できれば、会社以外の人にしましょう。
彼氏、友達、家族、話を聞いてもらい、少しでも共感してくれる人がいると心も少しは落ち着かせる事ができるでしょう。

そして、嫌な人のどこが嫌か、どうして嫌か、自分に否はないか、一度考えてみましょう。
ただ相手を毛嫌いしているのであれば、相手もあなたの事をそう思っているかもしれませんし、よく考えたら相手の嫌な部分は私の偏見な見方だけだった、なんてこともありえますよね。

我慢するよりも誰かに相談して気持ちを整理してみましょうね。

職場は友達を作るところじゃない!

あなたの職場ではみなさん、働く目的は一緒ですか?
生活のためとして働く人。
好きな事を仕事にしている人。
働く目的は様々ですが、友達を作りにこの会社に入ろう!なんて人はあまりいませんよね。
会社で無理に友達を作る必要はありませんよ。
同僚であれば、時に出世や給料面でライバルや妬みになるときもあります。

人間関係を頑張りに会社に行くのかと言われれば本来の目的はそうではありませんよね。
せっかく就いた職ですので、気持ちよく働き良い職場と思いたいですよね。

無理に人間関係を築こうとせず、職場ならではのお付き合い程度でとどめておくのが無難かもしれませんね。

人間関係で無駄な体力や時間を使わず、仕事に専念できたらいいですね。