試合の差し入れを社会人チームに用意する場合のポイントと注意点

社会人チームで野球やフットサルの試合をしている方はたくさんいます。あなたの職場にもいるのでは?

試合の応援に行こうにも手ぶらじゃと思い、何か差し入れをしようとしても、どんな物が喜ばれるのか悩みます。

試合の差し入れで社会人チームに用意する際に喜ばれる物はどんな物なのでしょうか。
もらって困る差し入れもあるのでご注意を!

試合の差し入れで社会人チームに用意する際に喜ばれる物とは?

試合の差し入れで社会人チームに用意する際に喜ばれる物には、どのようなものがあるのでしょうか?

おすすめの差し入れ

おにぎり、サンドイッチ

差し入れの定番のひとつがおにぎりとサンドイッチです。
手軽に食べられてさまざまな具が楽しめますので、おすすめです。
夏は痛みやすいので、保冷バッグに保冷剤と一緒に入れるようにしましょう。

果物

食べやすいように、カットして冷やして持っていくと良いでしょう。
バナナは、丸ごとだと多いですが、皮をむいてカットしてしまうと色が変色してしまいますので、皮ごとカットするのがおすすめです。

おやつ

ご飯以外に、小腹が空いた時用におすすめです。
手軽に食べられるように、個包装されているものを選びましょう。

社会人の試合で差し入れを持参する時のおすすめ品

社会人の試合で差し入れを持参する時のおすすめ品をご紹介します。
スポーツをしている時は、「ブドウ糖」と「クエン酸」が入っているものが重宝されます。
その事を頭で理解はしていなくても、一口食べれば体が欲している事を実感するはずです。

ですので、体の中でブドウ糖に変わって、クエン酸も取れる「梅おにぎり」は最強の差し入れと言えます。
とはいえ、差し入れたおにぎりすべてが梅おにぎりでは、みんなも飽きてしまいますから、鮭やおかかなどのおにぎりも入れましょう。

また、ブドウ糖はご飯などで取らなくても、ブドウ糖そのものも売られています。
タブレットになっていて、飴のように手軽にブドウ糖をとる事が出来ますので、皆が食べやすいように、ベンチに置いてみるのはいかがでしょうか。
ただし、食べすぎには注意です。

クエン酸が多く含まれている食べ物と言えば、代表的なものは梅干しです。
おにぎりに入れるだけではなく、タッパーなどに梅干しだけ入れて持っていくと、糖質制限をしている人にも喜ばれます。
他にも、オレンジやイチゴなどのフルーツにもクエン酸が含まれていますので、食べやすいようにカットして、冷やして持っていってあげましょう。

試合の差し入れをする際の社会人としてのマナーとは?

試合の差し入れをする際の社会人としてのマナーとは、どういったものでしょうか?
それは、「相手の状況を考えた差し入れをする」です。

例えば、差し入れの定番である、おにぎりやサンドイッチを持って行こうとした時に、既に他のメンバーの人がたくさん持って来ているのであれば、自分が持ってきたものは余ってしまいます。
ですので、飲み物や、おやつ以外のものを差し入れする場合は、あらかじめチームのメンバーの人達に、「持って行っても良いか」、「何を持っていけば喜ばれるか」を下調べしておくと、失敗せずに済みます。

また、飲み物や、おやつを持っていく場合は、参加人数に合わせた数を持っていくようにしましょう。
参加人数をキチンと把握していても、急に人数が増えることがありますので、缶や500mlのペットボトルなど、個別で飲むものを持って行く場合は、人数+αで持っていくようにしましょう。
大きなペットボトルですと、それほど細かく人数を把握する必要はありませんが、紙コップは多めに持っていくようにしましょう。

社会人チームの差し入れでNGな物とは?

社会人チームの差し入れでNGな物とは、どういったものなのでしょうか?

差し入れに向かないもの

極端に辛いもの

大人になっても、辛いものが苦手な人は一定数います。
差し入れのものが美味しいとしても、激辛だと食べられる人数が絞られたり、うっかり食べてしまった人が、試合に集中できなくなってしまうかも知れません。

アイス類

暑い日は、アイスやカキ氷などの冷たいものの差し入れは喜ばれますが、とても溶けやすいため、クーラーボックスに入れない限りは、持って行かないほうが良いでしょう。
もし持っていくなら、食べている時も溶けたアイスが手に付いてベトベトになってしまうことも想定して、ウェットティッシュも常備して行きましょう。

食べるのに手間が掛かるもの

差し入れを持っていく時は、手軽に手でつまんで食べられるものを中心に持っていきましょう。
仮にケーキを持っていくとして、そのケーキが生クリームがかかったホールケーキだとしたら、切り分けて、お皿に乗せてフォークで食べなくてはいけません。
そうすると、切り分ける人が必要になりますし、試合中に食べるメンバーの人達をわずらわせてしまいます。
もし、ケーキを持っていくのなら、あらかじめ切られたパウンドケーキがおすすめです。

社会人チームに差し入れをする際のポイント

社会人チームに差し入れをする際のポイントをいくつかご紹介します。

高額にしすぎない

初めての差し入れだからといって、無理に高級食材を持っていく必要はありません。
「差し入れは、この一回きりで特別だから」などといった理由があるのでしたら構いませんが、これからも何度も差し入れするかもしれない事を考えたら、お財布に負担が掛かり過ぎない価格のものを持っていきましょう。

温度管理が容易なもの

そのスポーツを行う場所が屋外にしろ、屋内にしても、夏は気温が高くなってしまいます。
アイスや、チョコレートのような溶けやすいものだけではなく、痛みやすい食べ物は避けましょう。
多少暑い環境でも大丈夫なものが好ましいです。

種類は、ひとつよりたくさん

例えば飲み物を差し入れする時に、スポーツドリンクだけ持っていくというのも悪くはありませんが、人それぞれに好みがありますので、ミネラルウォーターやお茶、炭酸飲料など、さまざまな種類のものを持っていきましょう。

むくみを解消するマッサージの効果的な方法やポイント

足のむくみを解消するマッサージをするときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

また、効果的なマッサージのやり方とは?なんだか、体がだるい、足がむくんでいてズボンがきつい・・というときこそゆっくりじっくり揉みほぐしましょう!

少しの時間でも、毎日してあげるとスッキリしますよ。むくみを解消するマッサージの方法を紹介します。

むくみを解消したいならこのマッサージがおすすめ!

女性は体の悩みとして、むくみに悩んでいる女性は多いと思います。
特に脚のむくみを感じるという女性は、非常に多い印象があります。

長時間座った状態でいたり、同じ姿勢を続けているとむくみを感じやすくなります。

このむくみを解消するポイントが、脚のふくらはぎです。
ふくらはぎの筋肉を使うことで、解消されることがあります。

まずは靴を脱ぐことが出来る環境で行いましょう。

椅子か床に座ったままむくみを取る方法について

ストッキングや靴下の先を、引っ張ってはすぐに離すという動作を二回くらい行います。
足先の押される感覚や、疲れた感覚が解消されると思います。
これでも少しリラックス出来る感覚を得られると思います。

  1. 椅子や床に座ったまま、膝を伸ばす
    足の指を動かしてみたり、足首をくるくると回してみます。
    足先やふくらはぎに力が入り、血液が流れる様子を意識しながら行いましょう。
  2. 腰を反らす
    椅子の背もたれを使って腰をグッと反らすか、床なら仰向けになり全身をグッと伸ばします。
    これで終わりなのです。

ふくらはぎに力を入れて、リンパの流れを良くすることで、むくみを解消することが出来ます。むくみを放置すると、痛みにもなることがあるので、こまめにストレッチやマッサージを出来ると望ましいです。

むくみの解消は短くてもいいからマッサージをしよう!

先ほどのように、ゆっくり靴を脱いでマッサージを行うことが出来ないときは、もっと簡単で短いマッサージをしてみましょう。

  1. 足指を揉む
    その名の通り、足の指をマッサージします。
    指の付け根から、足先に向かって一本ずつ凝りをほぐすように丁寧に行います。
    自分で心地いいと感じる力や時間でかまいませんが、各指を10秒ずつ行うだけでも全然違います。
    足の指にはいろいろなツボがあり、細かく丁寧にマッサージすることで、大きな効果を感じることが出来ます。
  2. ふくらはぎのリンパマッサージ
    足首から膝裏までを、擦るようにマッサージします。
    ふくらはぎはむくみやすく、ケアが非常に重要な部分です。
    膝裏にリンパを流すことで、血流が良くなりむくみ解消に非常に効果があります。
    膝裏に血流を戻すようなイメージで行ってみましょう。
  3. 太もものリンパマッサージ
    太ももの内側もむくみを感じる部分です。
    太ももの内側を、膝から脚の付け根に向かって手で擦るようにします。
    次に太ももの外側も同じように行います。
    太ももの付け根には、むくみを解消するためのリンパ節があります。
    丁寧にマッサージしてみましょう。

むくみの解消にはマッサージとストレッチ!

むくみを解消するために有効的なストレッチを紹介します

  1. 仰向けになります。
  2. 両膝を付けたまま、足を天井に向けピンと伸ばします。
  3. 手で膝裏を押さえ、足の裏を天井により近付けるように伸ばします。
  4. 膝裏を支えるように持ちます。
  5. 頭を起こしておへそを覗くようなポーズを取ります。
    この体勢を8~10秒キープするということを何回か繰り返します。
  6. 仰向けになります。
  7. 頭の後ろで手を組み、頭を浮かせます。
    手で押すのではなく、腹筋を使って浮かせるよにしましょう。
  8. 膝が胸に付くように曲げます。
    膝同士は付かないようにしましょう。
  9. 片足は曲げたまま、もう片方の足を数秒かけて伸ばします。
    これを左右数回行います。
  10. 左右数回行ったら、両膝を胸に付くように曲げ、足を伸ばすようにします。
    足を大きく開いたり閉じたりして、閉じた時にかかとをトントン合わせます。

むくみの解消にはお風呂も効果的!入浴後の水分補給も忘れずに

むくみを解消するためには、一番は入浴が大切だと言われるくらい、むくみと入浴には深い関係があるようです。

忙しい女性は特に、入浴ではなくシャワーで済ませてしまうという女性が多いようですが、出来るだけ湯船に浸かることが大切なのです。

  • 38~40度の少しぬるめのお湯に浸かり、徐々に体を温めていきます。
    むくみの原因である血行不良や冷え、代謝の悪さを解消してくれます。
  • 15~20分くらい湯船に使って、時間をかけて体を温めていきます。
    かと言って長時間湯船に浸かることも、体に負担がかかるので、このくらいの時間を目安にしましょう。
  • 入浴中の体が温まり、血流が良くなっているときに脚をマッサージすることも非常に効果的です。
  • リンパの流れを良くするように、脚の下から上へ向かって行いましょう。
  • 入浴後は、きちんと水分補給をします。
    入浴すると、約800mlの水分が体から失われると言います。

むくみの原因は余分な水分と老廃物が、体に溜まった状態で起こります。
これを体から出すために、適量水分補給は不可欠です。
入浴の前後に、コップ一杯ずつの水分補給をしましょう。

むくみの原因は塩分!?摂りすぎも摂らなすぎもよくない

むくみの原因として、塩分の摂り過ぎもあります。
塩分を摂取し過ぎると、水分が体の中に溜まり、むくみをエスカレートさせていきます。

外食や惣菜などの食事が続くと、味覚ではあまり塩分を感じていなくても、知らず知らずに塩分を過剰摂取しているなんてこともあります。

自分で食事を作るときは、塩分を意識してみましょう。
自分で食事を作っても、いつの間にか塩分が多くなっていることがあります。
サラダにはドレッシングではなく、お酢やレモンに少し塩を混ぜるなどすると、塩分を少なくしても美味しく味付けすることも出来ます。

反対に塩分を制限していても、むくみが気になるという人もいるでしょう。
これは低ナトリウム血症といって、体内の塩分濃度に対して、水分が多いということです。

細胞が水分を溜め込んでしまう現象です。

塩分を制限しているのにむくみが気になるという人は、この可能性もあるので少し塩分を摂ることを心がけてみましょう。

意外とすぐにむくみが解消されるかもしれません。

フランス人と日本人との違いを仕事面から結婚観まで詳しく調査!

同じ人間でも国が違えば全く文化やマナーが違います。
そこで今回は、フランス人と日本人との違いについて詳しく調べてみました。

日本人には当たり前のことでも、フランス人にとっては信じられない、考えられない点がたくさんあるようです。

仕事やプライベート、女性の結婚観など、考え方の違いについてご紹介します。

フランス人と日本人では仕事面でどんな違いがあるの?

フランス人は有給をしっかりと取りバカンスを満喫する人が多いです。
日本とは大きな違いです。
日本人は有給をしっかり取る、取れるというイメージはあまりありません。
長期休暇が当たり前のフランス社会に比べ日本社会はそうではありません。

フランス人にとっても日本人にとってもバカンスはきっちり仕事に精を出すためにリフレッシュする期間でもあります。
日本の社会はあまり休暇に重点を置いておらず、いかに働く事が最も重要だという昔ながらの考えがありました。

しかし日本社会でも近年では過剰な労働時間が問題になりニュースでも取り上げられることが多くなってきましたので、残業なしや休暇、有給を取る重要性を取り込まれた考えが出てきています。

また日本人は店員さんはお客さん「神様」のように扱いますね。
しかし、フランスでは平等なのです。
スーパーのレジでは店員さんがレジを通した商品はお客さんが自ら受け取り袋に入れていきますし、美容院に行けば美容師が切りやすいようにお客さんは美容師の指示に従い立ったりしゃがんだりするのです。

仕事を通じて感じるフランス人と日本人の決定的な違い

フランス人オーナーと日本人オーナーの元で働く上で大きな違いがたくさんあります。

フランス人オーナー

  • オーナーの仕事が休みになると、給料に変わりはない
  • お昼代やお昼ご飯が出る
  • 交通費半分負担してくれる
  • 自給が高い(2時間の掃除で25~26€もらえる)
  • ベビーシッターにはケチらず払えるギリギリまで払う

日本人オーナー

  • オーナーの都合で仕事が休みになるとその分給料は引かれる
  • お昼代やお昼ご飯はなし
  • 交通費はなし
  • 自給が低い
  • ベビーシッターに支払われる金額が低い(時給8€程度であり、フランスの最低時給より低い)

日本ではあまりベビーシッターは主流ではありませんが、フランスではシッターさんを雇うのは主流です。

フランス人と日本人とでは行動パターンでこんなにも違いが

日本人はレストランや居酒屋に行くと個室を好みます。
どこのお店でも個室の席は早く埋まりますよね。
しかしフランスでは、テラス席がとても人気で室内はガラガラということが多くあります。
人に見られるのが苦手という日本人に比べフランス人は太陽が当たる解放的な場所を好むという印象があります。

また、フランスではホームパーティーがよく行われます。
そんな時フランス人は迷いもせずに奥さんを連れて行きます。
日本人に招待すると当然のごとく1人で来ることが多く、多くのフランス人は驚くそうです。
このようにカップル社会のフランスに比べ、日本人は会社関係と言う事もあり人間関係や場を深く気にする特徴があります。
カップル社会のフランスでは旦那さんと奥さんがセットという考えが根強いてるのです。

フランスと日本人とではマナーの違いも多い!

あくび、くしゃみの違い

日本ではあくびは失礼な事とされ、あくびが出そうになると手で口元を隠したり、必死で我慢しますよね。
しかしくしゃみに関しては出るものは仕方ないという感じです。
フランスではあくびをしても特に問題ないそうですよ。
くしゃみに関してはあまり品が良いものではないと考えられ極力控えた方が良いそうです。
出てしまいそうな時は人影少ない場所で出来るだけ小さく、手で押さえましょうね。

お店での挨拶の違い

日本人はお店に入ると店員さんは「いらっさいませ」「ありがとうございました」などと言いますが、お客さんは特にそれに対して反応しないことが多いですよね。
フランス人はお店に入ると自ら「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」と言い、お店も人のお家にいく感覚で挨拶します。
フランスを訪れた際には無礼な日本人と思われないように注意したいですね。

チップについて

フランスでは料金にチップが加算されていることがほとんどです。
メニューや伝票にService Comprisと書かれていたらサービス料込みという意味です。
その他になにか特別なサービスを受けたり、高級な場ですと更にチップを渡した方がよりスマートです。
その辺は臨機応変に時と場合を見極めていきましょう。

フランス人が日本人女性に対して疑問を持つのは結婚観!

日本人女性は女性で集まったとき、話す内容に決まったパターンがあります。

  • 好きな男性のタイプ
  • 彼氏、旦那の話し
  • 何歳で結婚したいか

結婚できなくて焦った内容フランス人女性の間でも共通し彼氏の話やのろけ話しはありますが、「男性のタイプ」や「何歳まで結婚したいか」という具体的な話はでてきません。

フランスでは日本人のように、「婚期を逃した」「結婚できなくて焦る」「何歳まで結婚したい」という考えはありません。
「○○歳になって結婚してないとちょっと、、」という日本特有の固定概念はあまり存在せず、結婚せずにカップルのまま何年も暮らしている人も多く、日本では内縁や同棲を意味するConcubinage(コンクビナージュ)という法律があります。