雨の日に神社に参拝するのは縁起がいい?神様からのサインとは

神社に行く時に雨が降っている場合や突然雨が降り出すなんて経験をされた方もいるかと思います。そんな時に縁起が悪いのでは?と思うこともあるかもしれません。

しかし雨の日の神社の参拝や、ある現象が起きると縁起が良いとされていることもあるようです。それは神様からのサイン?という説も!

そんな何かを意味する神社について調べてみました。

雨の日の神社の参拝は縁起がいいって本当?歓迎サインってあるの?

なんとなく、神社の参拝は晴れた日というイメージですが実は雨が降っている中で参拝をするのは縁起のいいことなんです。

参拝客が多ければ多いほど、神社の邪気もたまりやすいと言えます。しかし、禊の雨が降った後は、神社の空気がとても清いものになるのです。

その中でも、参拝する前は晴れ渡る青空だったのに、雨がザーッと降り出し、参道を歩いて行く中でだんだん止んでいき、最後の鳥居をくぐって本殿に着いた瞬間に雨がピタッと止んで、御祈祷が始まった時には晴れ渡る青空のようなときは神様がお迎えしているサインとなります。

この他にも、風が吹くことも歓迎のサインと言われています。

本殿で祈っているときに、後ろからすごい風が吹いてきたことで幕がたなびき本殿の奥まで見えたときなども歓迎のサインです。

雨や風は眷属霊の力と言われていて、龍神霊や蛇霊が近くにいるのかもしれません。天候が変わることや雲の形が変わる、結婚式・祈祷などのイベントに遭遇することのような不定期に訪れるタイミングのものと重なるのも縁起が良いとされています。

雨降りに神社の参拝をする時のさまざまな捉え方

雨降りに神社の参拝をするのは縁起がいいと考える場合とそうではない場合があります。
神社で結婚式をする場合は日取りの関係から、雨だからといってやめることはないでしょう。

しかし、雨降りの参拝は控えるという考え方もあります。それは、雨の日に参拝しても、願いに対するパワーが弱いと言われているためです。雨降りは≪陰≫という考えからきています。

お参りする時は、神様に失礼のないように清潔な格好で行くことに対し雨の場合は服が濡れてしまったり足元が泥で汚れてしまうことが考えられます。また、雨の日は基本的に気温が低いですよね。その中で参拝するのは、体調がよくないときには控えるべきと言えるでしょう。

お天気も気になりますが、神社の参拝は夕方や夜にするのはよくないとされているのを知っていますか?午後4時以降は陰の気が満ちてくる時間帯となります。また、神様の不在の時間とも言われているので参拝をするときは午後4時までに行いましょう。

雨降り以外に神社での参拝にこんなことがあることも

神様に歓迎されてるサインで手を合わせている時に風が吹くことがあります。拝殿の方向から心地良い風が吹いてくるのは、あなたにいい知らせがあることを伝えています。爽やかな風であればなおいいですね。

拝殿などでは、白い薄布飾り「御幌(みとばり)」を見るかと思います。風がないのにこの御幌が揺れているのも神様に歓迎されているサインとなります。

参拝中に御幌が内側から外側へと揺れたときには、神様が願いを聞いたサインとなり外側から内側へ揺れると願いが確かに届いたというサインになるそうです。

境内を歩いているときや参拝中に体が軽く前方へ引っ張られたり、頭を撫でられるような感覚がするときも神様に歓迎されてるサインとなります。

逆に、後ろに押されたり押し返されるような圧力を感じたときにはその日は参拝を控え、違った日に出直すといいかもしれません。

神社の参拝をする際に、相性の良い悪いがあるって本当?

相性が良い神社かどうかを知るには、参拝したその日に何か良いことが起きたかどうかを思い出してみましょう。

参拝したあとに、探し物が見つかったり良い知らせがあればその参拝した神社は相性がいいと言えるでしょう。

また、神社の境内で動物に会うのも相性がいいと言えます。動物は神の化身となるので、シカや鳥などに出会うことは縁起がいいのかもしれませんね。

確かに、飼っている動物であっても出会わない時はいっさい出会えないものです。相性が良い神社であればあなたの目の前にひょっこり現れてくれるでしょう。犬や猫も縁起がいいと言えます。

神社がキラキラして見えたり、空気が清々しく感じることも相性のいい神社になります。空気が甘く感じる人もいるそうです。

もしかしたら、神社を参拝するということは自然や動物や植物のようなものに目を向ける心のゆとりのようなものを与えてくれる時間なのかもしれませんね。

神社に参拝する時は夜はNG!その理由と参拝時間に好ましい時間とは?

神社へ参拝は午後の4時前がいいと言いましたが、それは昼間は陽の時間となり夜は陰の時間となるためです。

では、何時くらいに参拝するのがいいのでしょうか?神社へ参拝するのにベストな時間は午前中です。とくにAM6:00〜PM12:00までがいいでしょう。朝6時だと神社が閉まっていることも考えられるので午前9時頃からお昼くらいまでの間に参拝するといいかもしれません。

参拝をするときには、白くて清潔な服がいいでしょう。鳥居の前でお辞儀をしてください。参道の左端を歩いて本殿へ行き、御手洗で手を洗いましょう。賽銭箱の前で一礼し、お賽銭を入れ両手で3回鈴を鳴らしましょう。二礼二拍手一礼します。来たときとは逆の右側を通り鳥居へ向かいます。

お賽銭は、5円玉や50円玉のような穴あき銭が良いとされています。これは、穴があいているから見通しが良いということからきているそうです。

運気を上げるには、参拝前の食事は控えるといいでしょう。参拝をしたあとに体に優しいものを取り入れましょう。