会社の余興をやりたくないなんて、情けない事言わない!

会社で強要される余興。
『やりたくない』『パワハラだ』『芸をするために会社に入ったわけじゃない』などなど、『やりたくない』と主張される方が多いのですが、ちょっと待ってください!

やりたくないことをしなければならないのは「仕事」の本質ですよね?

どうやって、やりこなしていくのかと言う思考回路こそ「仕事」に必要な事なのです。

「余興なんてやりたくない」で終わらせてしまっていいのですか?

「余興なんてやったことないけど、どうやればいいのか?」「余興でみんなが盛り上がるためには何をするべきなのか?」と、考えることができてこそ社会人なのではないのでしょうか?

これから社会人として何十年も生きていくのですから、嫌がっていないで一発芸の一つでも身に着けておこうと考えてみませんか?「芸は身を助ける」ですよ。

会社で余興を強要させられた。やりたくないけど、乗り切ろう!

新入社員の歓迎会では、必ずと言っていいほど一発芸をリクエストされるシーンが多いと耳にします。実際に体験された方も多いのではないでしょうか?

正直誰しもができれば避けて通りたい道ではありますが、自分達の為に開いてくれたイベントの席で断ることは正直難しいですよね・・・。

そんな時にはどう乗り切れば良いのでしょうか?
やはりあらかじめ一発芸を考え日頃から訓練しておくべきなのでしょうか?

一番良いのは、何か人前で披露できるような「技」があれば良いのでしょうが、なかなかできることではないですよね。

無難なところではモノマネでしょうか。

ギャグをやるのが恥ずかしいのはみんな同じです。
これをすることで、翌日からのコミュニケーションを取れることになります。一生懸命な姿が先輩方の共感を得ることになり仕事をする上でもプラスになります。

スベったらなどの心配はせず、どんな短い芸でも恥ずかしがらずに全力でやり切ることが大事です。

会社から余興をさせられる。やりたくない!でも開き直ってやってみたら…!

会社の忘年会などで余興や出し物をしなければならない時、気が進まないしやりたくないのに・・・。
正直うんざりだな~と思っていたけど、実際に開き直ってやってみたら次の日に、周囲から「一生懸命さが伝わって良かったよ!」と高評価が!しかもいろんな人から話かけてもらい、名前を覚えてもらいコミュニケーションが円滑化したと言う人も。

忘年会は仕事をしている時とは空気が違い、みんが楽しみたいと思う場でもあります。
そんな時余興を嫌々するよりも開き直って思いっきりやることで、いつもとは違う一面が垣間見え、今後の仕事がやりやすくなったり、コミュニケーションが円滑化するなんてことがあるのです。

誰しも進んではやりたくない忘年会での出し物や余興ですが、開き直りから生まれる人間関係が、今後の仕事で良い結果を招くことに繋がることもあるのです。

会社で余興をやりたくないからと言って外資系に就職したけど…

日本の職場の風習の中に新人社員に宴会芸をやらせる所は、割と多いと耳にします。
自分がそういったことが得意でない場合や、やりたくないと感じる時には、外資系の会社に就職したほうがよいのか?と思う就活生もいるかもしれませんね。

確かに外資系の会社と日本の会社では、雇用形態の違いがあるので少なくとも強制はないと思いますが、しかしそれ以上にもっと大変なことが多いのです。

外資系の雇用の特徴は、異動でシャッフルも、昇進もないので安易に入社してしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまいかねないこともあるようです。

日本の職場の場合は、この仕事に向いていないと判断した場合や、部署が合わないなどの場合は移動が可能なことがありますが、外資系だとその可能性が少ないのです。

会社の余興をやりたくない!でも、参加しておいた方がいいですよ

毎年行われる会社の忘年会ですが、余興はしたくないし気が重い人もなかにはいるかと思いますが、だからといって参加しないのは正直良くないと思います。

でも行きたい忘年会と、行きたくない忘年会は余興があるからないからというものでもないようです。

行きたいと思えるような忘年会は、普段仕事が忙しく、なかなか喋れない人々に会える、話せることが行きたいと思う理由です。さらにはお金を払うなら美味しいお店で食事を楽しみたいですよね。

また、タバコを吸う人が多い時に、自分が吸わない場合は、ずっと同じ空間に居続けるのは苦しくなりますよね。しかし、そうはいってもなんだかんだ言って雰囲気がよい忘年会だと、そんなとこも考えません。

もし、タバコを吸う人が多い時に、自分が吸わない場合で宴会が長引く時には、毎回は使えませんが、体調が悪いといってお先に失礼するのが良いのではと思います。

会社での余興をさらっとこなすために、こんな芸はいかがですか?

会社での余興を毎年何をするか悩んだ時、さらっとこなすために何かないかな~と思う事は
ありませんか?

そんな時には「ヒゲダンス」がオススメです!これはリアルタイムで観ていなかった若い世代の方でもウケますし、お馴染みのヒゲやカツラなども市販されていますので、見た目だけでも楽しんでもらえますよ。

その他には、最近またブームが訪れている「けん玉」です!
簡単なものでも良いので、動画を見ながら基本技から練習してみるのも良いですよ!
最初は難しくて苦戦することもあるかと思いますが、ぜひチャレンジし大技を決めると、みんなからたくさんの拍手をもらうことができ、人気者間違いナシです。

また、早口言葉もおすすめです!簡単な早口言葉から、続くと言いにくい、つまりやすい言葉を組み合わせた言葉を噛まずに早く読めるのも、みんなをあっと驚かせることもできますよ♪