誰もが持っている顔のコンプレックス!克服する方法とは

顔にコンプレックスありますか?誰にでも一つくらい顔の中で嫌なパーツってありますよね。しかしそれを克服しなければ前へ進めません。

コンプレックスを感じすぎてしまう人には克服する為の方法が必要!

その方法についてをご紹介いたします。コンプレックスを克服する事が出来たらウソみたいに気持ちが軽くなりますよ!

顔のコンプレックスを克服したいなら受け入れる事が重要

コンプレックスは、自分が気にしなければいいだけの話、と言います。
確かに、周囲の人にとっては、正直どうでもいい話で、自分が気にしている程、人は気にしていないというのが実際のところです。

そのコンプレックスが外見や容姿に関することだったら、努力しても限界がありますよね。
自分では、どうしようもできない部分です。

コンプレックスの克服、それは自分自身の心の問題です。

考えても、考えてもどうにかなるものではありません。
「ここがこうだったら良かったのに…」とか「目が○○ちゃんみたいに大きければ可愛いのに…」と人と比較し続けるのは自分が苦しくなります。

自分でコンプレックスだと思っているところを受け入れるという考え方に変えてみませんか?

いつまでの人と比較したり、そのコンプレックスから逃げていても、何の解決にもなりません。
受け入れる、受け入れないはあなたの考え方次第。
考え方を変えるだけでも、随分と気持ちは楽になるものです。

簡単にすぐに受け入れるのは難しいかもしれませんが、少しずつ自分のことを認めてあげましょう。

前へ進むためには、コンプレックスを受け入れることです。

顔のコンプレックスを克服するには好きな所を見つける事

コンプレックスを克服するためには、弱点を改善し、良いところはさらに強化できるように、二本柱で考えましょう。

自分自身の中で、「ここは好き」とか「ここは長所」という部分を見つけ、そこを伸ばしていきましょう。

その良い部分は、内面でも外見でもどちらでも構いません。
数は多ければ多い程良いでしょう。
しかし、好きと言える部分がない方には、「嫌いではない部分」として考えると、きっと一つか二つは挙げられるのではと思います。

「お腹はちょっとポッコリだけど、足の形はまぁまぁキレイ」とか「人に親切にできる」とか「目は小さめだけど、まつ毛は長い」とか探していくと意外にあるかもしれません。

自分の中で、1ついいところが見つかると、それに関連していろいろとあげられるのではないでしょうか。

自分の好きなところ探しを始めてみましょう。

顔のコンプレックスはコレをするだけで克服できる事もあります

自分の外見にコンプレックスがある場合、美容整形などはそう簡単にはできませんが、自分でできる克服への近道があるかもしれません。

姿勢の悪さを改善してコンプレックスを克服

姿勢が悪いと、周りからの印象はあまり良くありませんよね。
暗い感じがして、自信がなさ気に見えてしまいます。

実際に、強いコンプレックスがある人は、人と目が合わないようにうつむき加減になっているのかもしれません。

それに対し、姿勢が良いと堂々としてカッコよく見えます。
周りからの印象も変わると思いますが、自分自身の気持ちの持ち方もきっと変わってくると思います。

コンプレックスがあるならダイエットしてみよう

よくテレビ番組のダイエット企画で、ビフォーアフター的な番組がありますよね。
ダイエットをして、驚くほど可愛くなった人もいます。
ダイエットで、顔の輪郭がシャープになると顔の印象も大きく変わります。

また、体のパーツも脂肪によりお腹が出たり、体にメリハリがなかったり、それがコンプレックスという方も多いでしょう。

ちょっと太めがコンプレックスと言う人は、ダイエットがきっかけで明るい自分になれたという人もいるのです。

顔だけじゃない!内面の美人を目指そう

顔や外見にコンプレックスがない人、そんな人を探すのは難しいかもしれません。

人は外見では判断できませんが、初対面の場合、やはり先に目に入るのは外見です。
外見がいいに越したことはないのですが、そのことに対して嫉妬心やひがみのような気持ちはありませんか?

特に、身近にいる人にほど、そのような気持ちが生まれやすいかもしれません。

姉妹で比べられたり、仲の良い友達と比べられたり、寂しい思いをしたことがあるかもしれません。

しかし、嫉妬心は余計にあなたを苦しめます。
ただの「見た目の美人」と「愛される人」というのは少し違うような気がします。
愛される人というのは、笑顔がステキだったり、前向きだったり、そんな人ではないでしょうか。

美人よりも愛される人を目指す、それを意識してみると普段のふるまいも少し違ってくるかもしれません。

顔にコンプレックスを持っているのは自分だけではありません

ネットが人々の生活の一部になっている現代、同じ悩みを持つ人とつながる手段もあります。

顔が見えないからこそ、本音で話が出来たり、悩みを吐露することができることもあります。
同じ悩みを持つ人同士なら、お互いの気持ちもわかり気持ちを共有することができるでしょう。

それがきっかけで、孤独から救われたり、少し前向きに考えらるということもあります。自分が思っていた悩みを、他にも同じ気持ちの人がいた、というのをわかっただけでも、少し気持ちが軽くなりますよね。

コンプレックスから逃げずに、それを受け入れる。そうなれたら、きっと心は軽くなると思いますよ。