筋肉のストレッチは重要ですが痛みがある時にはしてはいけません

筋肉をストレッチ!柔軟性のある身体は、スポーツはもちろんですが、日常生活を快適に過ごすために必要だと思い込んでいますが、実際はどうなのでしょうか?

実は最近、間違ったストレスで余計に筋肉を傷めてしまったり、怪我をしてしまったという話を耳にします。

筋肉に痛みがある時には、ストレッチをすることはやめましょう。

筋肉をストレッチ!ストレッチの後に痛みを感じるのはどうして?

ストレッチをすると痛いのはどうしてでしょうか?痛くなるまでストレッチをしたほうがいいものなのでしょうか?

本来ならば身体によいはずのストレッチですが、やり方を間違えるとケガをしてしまうこともあるでしょう。

そもそも、ストレッチをするのは筋肉を柔らかくする、関節の可動域を広げる、血の巡りをよくする、転んだときのケガ予防、リラックス効果などがあげられます。

このストレッチは、どこまでするのが正解なのでしょうか?痛くなるまでやった方が効果が高いと勘違いしている人が多いようです。ストレッチ中に痛みがあるということは、無意識に力んでいる状態となり筋肉を硬くしています。

気持ちいいと思うところで止めるようにしましょう。痛気持ちいいのもよくありません。気持ちいいまでの加減でストレッチしてください。

筋肉のストレッチ。痛みが出たり炎症を起こしている箇所にはしてはいけない

簡単にできるストレッチですが、してはいけないときもあります。それは、激しい筋肉痛のときです。

このようなときには、ストレッチも控えるようにしましょう。

筋肉痛の場所で熱がある、ひどく痛む、身体を動かすことができないほどの筋肉痛、ストレッチの体勢を保つことができないなどの筋肉痛のときにはストレッチをするよりも安静に過ごすことを優先してください。

運動などをすることによって起こる筋肉痛のときにはどんなやり方でストレッチをしたらいいのでしょうか?

ストレッチは、素早く行っては意味がありません。ゆっくりじんわり伸びを感じながら行いましょう。痛みがある場合にはすぐにやめてください。

ストレッチをやりすぎてしまうと、筋肉痛を悪化させたり治りが遅くなってしまうこともあります。はやく治したいからといって、ストレッチをやりすぎたり痛みがあるのに続けたりしないようにしましょう。

筋肉痛がよくなったらまたトレーニングを始めてくださいね。

筋肉のストレッチをおこなう時は、筋肉に痛みがないことを確認しよう

ストレッチは、筋肉を柔らかくしたりリラックス効果を目的としていますが頑張りすぎてしまうと逆に痛めてしまうこともあるので気をつけましょう。

とくに気をつけてほしいのが、一生懸命に頑張ってしまう人です。伸ばすことで柔らかくなり健康になるはずが、一生懸命に頑張るがゆえに痛くても続けてしまう人がいます。

そんな人は、ハムストリングを痛めやすいのです。太ももの痛みの原因となる、ハムストリングの損傷はストレッチやヨガをやりすぎたせいかもしれません。

痛みのあるときはストレッチやヨガをやめましょう。しっかりと休むことが必要です。痛みがあるときにストレッチをしても治りが遅くなってしまいます。

ストレッチをするときには、時間をかけて行い呼吸を意識しましょう。伸ばし過ぎないことも大切です。

また、伸びている場所を意識しましょう。ストレッチを行うタイミングとしては、筋肉が温まっているときが有効です。

お風呂上りなどがおすすめです。筋肉が温まっていない場合は、始める前に温かい飲み物を飲む、少しずつ動かすなどしましょう。

筋肉のストレッチは柔軟性を保つ他にたくさんのメリットがあります!ですが、やり過ぎには注意が必要

肩こりや腰痛といったコリをほぐす目的のストレッチをしていたはずが、悪化させてしまうのにはどんな原因があるのでしょうか?

筋肉は痛いと感じるまで伸ばすと、反対に収縮してしまいます。ストレッチを始める前には、体を温める、痛いところまで伸ばしすぎないなどが大切となります。

やりすぎることなく、楽な気持ちでストレッチしましょう。簡単にできるものを紹介します。

まずは、背伸び。両手を頭上で組んで手のひらを天井に向け大きく伸ばしましょう。わきの下が伸びる感覚です。

股関節のストレッチは、両足の裏を合わせてあぐらをかき、そのまま上体を前に倒しましょう。足の付け根あたりから内ももあたりが伸びる感覚となります。体の柔らかい人であれば、両足のかかとをできるだけ手前に引き寄せながら行うといいでしょう。

腕のストレッチでおすすめなのが、片方の手をまっすぐ前に伸ばし、反対の手で自分の身体の方に体をひねらないまま引き寄せるものです。二の腕の外側に効きます。

ストレッチは、必ずしも身体にいいわけではない

柔軟性をつけるために有効となれているストレッチですが、そうではないケースもあります。ストレッチをすることによって痛みがある場合は、しないほうがいいでしょう。

また、ストレッチは怪我の予防や運動機能を高めるなどの効果がないと言われてもいます。その理由には寒い時期にストレッチをすることで体を冷やしてしまい、怪我をしてしまう原因になるためです。

ストレッチを長時間することにより、一時的に筋肉の収縮効率が悪くなってしまうことも考えられます。瞬発力や筋力が低下してしまうこともあるそうです。

ですので、ストレッチは場所や温度、タイミングなどを考えてしなければ効果があるどころかケガをしやすくしてしまうことも考えられるのです。

肩こりや腰痛の予防に有効として考えられているストレッチにおいても、固い筋肉に対しては有効ですが伸びている筋肉に対してはよくないものとなります。