近隣の騒音がひどい!通報してもいい?子供がいる家庭の騒音対策

近隣の騒音で頭を悩ませているという人もいますよね。騒音がひどいからといって自分でそのご家庭に乗り込んでいくのはちょっと勇気が必要です。

こんな時、警察の力をお借りしたくなるでしょうが、騒音で警察に通報することは問題ないのでしょうか?管理会社に任せた方がいいの?

騒音でお悩みの方への解決方法と、小さい子供がいるご家庭の騒音対策についてまとめました!

近隣の騒音がひどい!警察に通報してもいい?

近隣の騒音があまりにもひどい時、警察に通報しても意味ないのでしょうか?

事故や事件などの時には警察に通報することが出来ますが、騒音被害の時にはためらってしまう人が多いですよね。

しかし、度を超えた騒音は不法行為になるので通報しても大丈夫です。耐えきれないような騒音で緊急性がある場合には通報するようにしましょう。

通報すると警察が現場へときます。騒音を発生させている人に注意をしてくれます。刑事事件になっていない場合には音を止めさせるという事は強制できないのですが、警察に注意されたということで多くの人は騒音を出さないようにするでしょう。

直接苦情を言いに行ってしまうと大きなトラブルになることもありますので、困った時には通報しても大丈夫です。

近隣の騒音くらいで通報するのは非常識?

騒音の問題で警察に通報してもいいのか悩むという人は多いと思います。しかし、騒音問題で通報することは決して悪いことではありません。

電話を受けるオペレーターは対応するのが面倒なくらいで、管轄に出動するように指令をだすだけなので特に何も感じないでしょう。

よく通報する人の話では、何度も電話をかけたことがあるけど注意されたり、邪険な態度を取られた事はないと言います。

また、騒音問題で通報しても良いのか聞いたところ、仕事なんで、困ったら通報するように言われました。

市民が安全に、平穏に暮らすために働くのが警察です。警察はなんのために存在するのかを考えると騒音の苦情も仕事の一つになるのだと思います。

近隣の騒音で悩みが絶えない!我慢せずに管理会社に通報を!

近隣の騒音に悩んでいる場合にはどのような行動をとるといいのでしょうか?

まずは、管理会社やオーナーに連絡をするのが一番ではないでしょうか?

管理会社やオーナーがある場合には騒音についての手紙を出してくれたり、直接苦情を伝えてくれたリします。

大きなトラブルにならずに解決することが出来る事が多いのでこの方法がまずできる一番の方法だと思います。

しかし、このように管理会社が入っていなかったり、オーナーの対応が遅く騒音の苦情を相談しても改善されないような時には警察への連絡を検討するようにしましょう。

警察のとる対応は地域によっても変わってきますが、出動してくれ注意をしてくれる場合がほとんどですよ。

近隣への配慮は大切!赤ちゃんが産まれる時の騒音対策

アパートなどの集合住宅に住んでいる場合、赤ちゃんが生まれる時には先に迷惑をかけるという事で挨拶に行くようにしましょう。

挨拶に行くことで悪いことは1つもありません。反対にメリットばかりなのです。

しっかり挨拶をすることで、騒音に寛大になってくれ、また気をつかってくれるようになるでしょう。

赤ちゃんが産まれると必ず迷惑をかけるようになると思います。騒音で問題にならないためには、先手必勝が大切なのです!

近隣の住民を知らない場合、挨拶に行くのが嫌だという事もあると思いますが、あとになって大きな問題になるくらいなら、早めに挨拶に行く方がいいのではないでしょうか?

また、赤ちゃんがいるという事で逆の騒音にも気を使ってくれるようになります。

子育てを経験していれば特にわかると思いますが、赤ちゃんはおきていると泣きます。自分の騒音で赤ちゃんを起こしてしまうと赤ちゃんが泣きます。

すると自分もゆっくり寝られなくなるなどの問題が出てきてしまうのです。

子供がいる家庭は要注意!子供の出す騒音の対策

マンションなどの集合住宅でよくある騒音問題にはどんな事があるのでしょうか?

やはり多いのが子どもの泣き声です!子供が泣くというのはよくあることで親はあまり気にしないものです。

しかし、子どもの声は響きやすくまた泣き声を騒音だと感じる人もいます。

子供の泣き声も気になるけど、それよりも親の怒る声の方が不快だと感じる人も多いです。声の大きさもありますが、言葉使いも不快に感じる原因になります。

そして、テレビや楽器の音なども騒音の問題になりやすいです。テレビで流れる物を見ながら一緒に踊ったり、おもちゃの楽器で遊んだり…。

飛び跳ねるような音屋低い音は左右だけでなく上下にも響くものです。家の中では飛び跳ねたり、楽器で遊ぶときにも最小の音にするなどして普段から気をつけましょう。

このようにお子さんのいる家庭は騒音の問題になりやすいので、問題になりそうなことに気をつけて生活するようにしましょう。

そして、騒音の問題で悩んだ時には管理会社やオーナーに連絡をして対策をとってもらいましょう。困っても一人では解決しようとしないようにしましょう。自分で動くと大きなトラブルになる可能性があります。

管理会社やオーナーに連絡しても改善されない場合や本当に困った時には警察に連絡をして大きなトラブルにならないようにしてくださいね!

困っても一人では解決しようとしないようにしましょう。