靴にカビ?スエード靴の簡単カビ取り方法をご紹介!

スエード素材の靴を履く季節になった時に靴箱から出してみると、カビが生えていた!なんて経験はありませんか?そんな時どんな方法で落とせば落ちるのでしょうか?

素材によってカビ取り方法は違いますが、スエードの場合はどうすればいいのでしょうか?

スエード靴のカビ取り方法や予防法、やってはいけないカビ取り方法も合わせてご紹介します。

靴が汚れている!スエード素材のカビ取り方法は?

まず、基本の落とし方として雑巾を水で濡らし、硬く絞りましょう。
この時、きちんと硬く絞ることが大きなポイントとなります。

スエードの表面を拭き取り、陰干しをしてしばらく様子を見て、カビ跡が消えた時には、これ以上汚れを落とす作業は必要ないので、今後はカビが生えない対策を行っていきましょう。

もし、拭いた後でもカビ跡が残る場合には、カビの部分に市販のカビ取り剤をつけカビ部分をブラシでこすって落とし除菌スプレーをかけ水拭きしてから陰干し、乾いてきたら硬いブラシで寝てしまった毛を起こしましょう。

この時の市販のカビ取り剤を選ぶ際には、塩酸系のものは避けてください。
落とす効果がありすぎて、スエード生地が傷んでしまう可能性がありますので、なるべく乳酸系のカビ取り剤を使うようにしてください。

こういったことにならない為にも、普段から汚れをこまめに落とすようにしたり、しまう時にきちんとケアをしてあげることが重要です。

手入れ方法としては、履いたあとにはこまめにブラッシングを行い、毛を整えるようにブラッシングするのがポイントです。

ブラッシングをすることは毛並みを整えるだけでなく、汚れを落とす効果もあると言われています。

スエード靴をカビ取りしなきゃ!と焦る前にできることは?

秋などの季節になると、スエードの靴を履きたくなりますよね。
しかしただ買って履けばいいと言う問題ではなく、スエードとは、一体どういう素材なのか?と言う事についても知っておく必要があります。

スエードには、表と裏がありそれぞれ銀面、床面と呼ばれています。

一般的な革製品には、革の表面(銀面)を使用されていると言われており、スエードなどは革の裏側(床面)を使用といった使い分けがされていると言われています。

なので、スエード生地は、革の裏側を紙ヤスリで毛羽立たせると言うそのものだけが有している質感を作っているとされているのです。

スエードの革に使われる素材には、主に子牛や子ヤギの皮などが多く、スウェーデン特有の生地だったとこもあり、スエードと言われる名前になっているようです。

スエード靴を履く際に絶対欠かせないアイテムが防水スプレーです。

靴から30cm程度離したところからムラができないように全体にスプレーします。スプレーをすることによって、靴の表面に目に見えない膜ができ、雨などから守ってくれる役割をしてくれるのです。

注意点として、防水スプレーは使っているうちになくなってしまうので、できれば週に1回や1ヶ月に1回はスプレーをし直しすることで大切な靴を守ることができますよ。

スエード靴のカビ取りに困ったらクリーニングに出す方がいいの?

スエード靴にカビがついてしまい自分で汚れを落とすのに困難な場合には、クリーニングに出す方がいいの?と悩んでしまうことはありませんか?

そんな時の対処方法として、自分で無理にやってしまうと素材を傷付けてしまい、大切な靴を台無しにしてしまう可能性がありますので、革靴専門のクリーニング業者に出すようにしてケアをしてもらうことも良いかと思います。

スエード靴は素材の性質上、カビが生えてしまうと、内部までカビがついてしまい自宅で汚れを落とすことは難しいと言われています。

特に湿度や温度がカビを作ると言われているので、靴だけではなく靴箱もこまめな掃除をして、空気を入れ替える事が大切とされているのです。

その他にも普段の予防方法として、カビ防止スプレーなどを用意しておくと、強力なカビ予防対策をすることができるでしょう。

しまっているだけではなく、靴は履かれてこそ輝きますので、定期的に靴を履いて外に出してあげることも必要です。

家庭で簡単にできる革靴のカビ取り方法は?

スエード素材の靴だけではなく、普段履いている靴のお手入れをきちんとしていますか?
洋服と同じで靴もきちんとケアをしてあげることが大切です。

靴を手入れする時には、まずマスクを着用するようにしましょう。

空気中にカビの胞子が舞うので換気をしながら行っていきましょう。

まず用意をするものとして必要なものは、清潔な布、アルコール、靴用保湿クリーム、靴墨、ブラシがあると便利です。

まず、靴をアルコールで拭く際に靴の全体ではなく、端をアルコールを含ませた布で少し拭いてみましょう。

5分程度おいてみて問題なければ、靴紐や飾りは外し、アルコールを含ませた布で隅々まで拭いていき、その後は干しましょう。

またこの時に 靴の中に新聞紙を入れておくと、湿気を吸ってくれる効果があるので、入れて2日程度陰干しで乾燥させましょう。

そのあとは靴用の保湿クリームなどがあれば、柔らかい布で靴の表面に擦り込み靴と同じ色の、靴墨をブラシにとり、全体になじませていきます。

全体にブラシをかけて塗り広げ、余分な靴墨は布を使って拭き取りましょう。
保湿クリームには水を弾く性質があり、カビの予防対策をすることもできます。

靴のカビ取りで絶対にやってはいけない方法とは?

靴にカビが生えているいるのを見ると、水で取り除きたくなりますが、これは一番やってはいけない方法です!

しかし手っ取り早く水で洗い流たい!と思いますが、絶対にやめましょう。

靴にカビを生やす原因になるのは、主に湿気となるので、水分補給をさせてしまうことが逆効果となってしまうのです。

なので、カビを除去する際には、水で洗い流そうとすると、湿度をさらに補給してしまいます。

水で除去した時には、カビが取り除かれたように見えますが、翌日にはカビが前より増えている!なんてて結果になってしまい、カビの汚れを除去することはできないのです・・・。
カビを簡単に除去するには、湿度を与えないことなのです。