喧嘩で彼女を怖いと感じてしまった!怖い彼女の特徴など

初めての喧嘩をして、彼女のあまりの豹変振りに怖いと感じてしまった男性は意外と多いかもしれません。

彼女を怖いと思う怒り方とは一体どんなものでしょう?
また喧嘩すると怖い彼女の特徴とは?

逆に喧嘩で彼女に怖い思いをさせてしまった場合の対処法や、できるだけ喧嘩をさけて仲良く付き合う方法をご紹介します。

彼女を怖いと思う喧嘩での怒り方とは?

いつもはおとなしい彼女が喧嘩のときに豹変してしまった。なんてことを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

彼女と喧嘩したときに、思わず怖いと感じてしまうのはどんな怒り方?こんな怒り方に男性は引いてしまうそうです。

まず、一番わかりやすいのがヒステリックになって怒ることです。怒っているのだから、ヒステリックになるのも仕方ないかと思いますが男性は怖いと感じるようです。

ヒステリックになり、何をするかわからなかったり自暴自棄になる人は気をつけましょう。

喧嘩のときに、怒りのあまり無言になる人はいませんか?これは女性に限ったことではないかと思いますが無言になることで解決どころか話すことができない、無言プラス表情がなくなることを怖いと言う男性は多くいるようです。

何に怒っているのかがわからないので、説明だけでもしてあげてください。

また、感情的になりすぎて今現在の喧嘩ではなく過去のことを持ち出したり、暴言をはくことを怖いと男性は思っているそうです。

喧嘩をすると怖い彼女の特徴とは?

普段は、穏やかでも喧嘩のときに物を投げつけてきたり殴る蹴るなどの暴力を振るってくる場合は、たぶんまた喧嘩のときに繰り返すことが考えられます。

こうしてみると、ひたすら無視や表情がなくなることは可愛いことかもしれません。

喧嘩をすると怖い彼女の特徴として「思い込みが激しい」というのがあげられます。思い込みが激しい場合、彼女が思っていることが真実であり正しいといった判断になるので、言った覚えも無い事で怒り出したり浮気もしてないのに浮気をしていると決めつけてきます。

自分の中で都合のいいストーリーを作るのも、思い込みが激しい人の特徴です。彼氏が非を認めても認めなくても、解決するのは難しいでしょう。

思い込みが激しい人は、相手の立場や気持ちを考えることができないのかもしれません。なぜなら、すべて自分基準だからです。

喧嘩のせいで彼女に怖い男だと思われてしまった

喧嘩をしたときこそ、本心がでたり本音が言えたりするので悪いことだけではないのかもしれません。

しかし、一度の喧嘩で関係が破たんしてしまうこともあるので気をつけなければいけません。彼女と喧嘩をして、そのときに手を出すことはなくとも理詰めでトコトン追い詰めてしまった男性はどう彼女に謝っても直すといっても信じてもらえませんでした。

このような喧嘩は、誰にでも起こりえると言えるでしょう。

お互いに感情的になり、喧嘩になってしまってもその後いずれ冷静になります。そのときに、喧嘩についてまた考えてみてあの喧嘩の態度はないなと思ったらよりを戻すのは難しいと言えるでしょう。

良くも悪くも、人はすぐには成長しません。言葉では治すといっても感情的になったら抑えられないこともあるでしょう。喧嘩のときこそ、冷静さが必要なのかもしれません。

お互いが大人になる必要があります。女性は、感情をコントロールすることが難しいときもあるのでそんなときには距離や時間をおくといいでしょう。

男性が怖いと思う彼女からのLINEやメール

LINEやメールのやり取りであっても、相手に怖いと思われてしまうことがあるようです。この、LINEやメールでは残ってしまうので怖さもまた格別と言ったところでしょうか?

喧嘩のときには、5分おきに長文の怒り文句が届いたり数分おきに連絡をしてきたりする人もいるそうです。

携帯に関しても、隠れてロックを解除しようとしたり常に監視体制をとってきたりする人もいるのだとか・・・。

携帯があることで、相手をコントロールできるような気になってしまいますがそんなことをするような人と長く居たいと思うでしょうか?必要以上に連絡を取るのは、相手を信用していないという表れでもあります。また、小まめに連絡をすることができない人にとってみると煩わしく思ってしまいます。

連絡を取ることは楽しいことのはずなのに、だんだん苦痛になってくるようであれば考え時なのかもしれません。

徐々に、お互いのそれぞれの時間を大切にできるようになれるといいですね。

言葉の怖さを知って恋人同士の喧嘩を減らそう

喧嘩をしたそのひとときでも言われた言葉は相手にずっと残っていたりします。喧嘩をしていると、どうしても言葉も攻撃的になり必要以上に傷つけてしまうこともあるので気をつけましょう。

喧嘩のときこそ、気をつかう必要があります。喧嘩をするときには、それこそお互いが慣れてきた時期ではないでしょうか?付き合い始めたときには、そこまで気にしなかったことや我慢できたことが慣れてくるにつれてふいに出てしまうこともあると思います。

相手を傷つける気はなくとも、悲しい気持ちにさせたときは謝ることが大切です。喧嘩をした後に、冷静になってみるとあんなことを言うつもりじゃなかったことは多いのではないでしょうか?

喧嘩をすることが悪いのではなく、喧嘩のときに冷静さがなくなり伝えなければいけないことや話し合わなければいけないことではないことで喧嘩してしまうことが良くないのです。

できるだけ、喧嘩になる前に普通に話し合いができるように小まめに吐き出すといいでしょう。