公務員の面接対策はいつからはじめる?面接対策は大切です!

公務員を夢見て勉強に励んでいる人は、まずは筆記試験を無事に終わらせようと必死になっているのではないでしょうか。

筆記試験の後は面接のことを考えるようになると思いますが、実際に面接対策はいつから行うのが良いのでしょうか。

筆記試験だけではなく、面接対策も大切です。公務員の夢に向かって頑張っているあなたに、面接対策についてお伝えします。

公務員の面接対策はみんないつからやってるの?

公務員試験の合格に向けて日々勉強に励んでいる方は多いと思いますが、筆記試験にばかり気をとられていませんか?
意外と疎かにしがちなのが、面接試験の対策です。

国家公務員や、市役所や警察官といった地方公務員の試験の合否を左右するのが面接試験なので、万全の対策で臨む必要があります。

にもかかわらず、筆記試験対策は事前にしっかり行っても、面接対策は面接日のわずか数ヵ月前といった短期間で、対策をしようとする人が多いのが現実です。

遅い人だと、一次試験の合格がわかってから面接対策を考える人もいる始末です。

面接より筆記試験の方が大事!面接なんて無難に受け答えさえできれば問題ない・・・そんな噂も耳にしますが、面接はそんな甘いものではありません。

面接官は、欲しい人材を見分けるために面接を行っています。筆記試験の弁筐ばかり頑張っても、採用者の興味を惹かない人材だと判断されてしまうと、面接試験で不合格になる可能性もあるのです。

公務員の面接対策はいつから?早い人は前年から!

面接対策をわずか短期間で行おうとする人もいれば、早い人で前年からもう既に面接対策を行っている人もいます。
対策を練る期間を見ただけでも、明らかに差があるのがわかります。

面接対策では何をやるべきなのか、といった点ですが、多くの方は、公務員面接の対策に関する本を購入して質疑応答について考えたり、自分なりに聞かれる項目を作っておくなどしているようです。

面接対策に関する本は最新版が一番では?と思われがちですが、最新版はある程度の時期が来ないと販売されないものですし、特に最新版にこだわる必要はないといえます。前年度の本を購入しても、内容はそれほど変わりません。

対策本を手にし、必要となる材料を予め揃えておくことで、筆記試験後に訪れる面接にも慌てることもなく、やるべきことの量も少なく済むわけです。

公務員になりたい理由は?公務員になってやりたい仕事は?といった質問などは、聞かれる可能性が高い質問です。
早めに考えても損は絶対にありません。

公務員の面接対策!いつからやるの?何を聞かれるの?

公務員になるためには、公務員用の面接対策が必要不可欠です。

志望動機は就職の際に必ず聞かれる質問ですが、面接官によっては、「どうして自治体を受けたの?」「他だっていいのでは?」「それは国の仕事であってうちの仕事ではないけど?」といった質問を投げかけます。

少々いじわるなように感じますが、これは仕事をする意思があるのかといった、その自治体に対する本気さを伺っているのです。民間企業の面接ではあまり見られない光景です。
また、面接は主に面接シートなどをもとに行われますので、そのシートにそった受け答えができるように予めしっかり準備をしておく必要もあります。

民間企業では積極的な自己PRが重要視されますが、公務員はちょっと違います。
自己PRはもちろん、今まで挫折したことは?大変だったことは?など、困難な場面に直面した時にどう乗り越えてきたのかを聞いてきます。

乗り越えるためにどんな工夫をしたのか、そこから何を学んだのかなどを聞き、問題を解決する能力を見抜こうとするのです。

公務員の面接試験で聞かれる内容

面接で聞かれることを予め準備しておくことがとても大事だということは、お解りいただけたかと思います。

公務員の面接は民間企業とことなり、「なぜこの自治体を選んだのか」ということを最も重点に置いて質問をします。

そのため、たくさんある自治体の中でも、「どうしてこの自治体でなければならないのか」ということについてしっかり答えられなければ、面接試験の合格は難しくなるでしょう。

公務員は民間企業に比べて公益性の高い事業を行いますが、だからといって全く利潤を追求しないわけではありません。
受け答えの際に「社会一般のためになるから、公益性が高いから」という理由だけでは、自治体の風土に見合わない人物だと判断されてしまう可能性があります。

公務員というのは、資金を国民・市民などのためにどう効率よく還元していくかを、問われるものなのです。

面接で失敗しないためには、自治体の活動内容を調べた上で、自分が共感できる点、これから貢献していきたいと感じた点を具体的に説明することが重要です。

国家公務員と地方公務員の違いや試験について

公務員には、国家公務員と地方公務員があるのはご存知だとは思います。それぞれ違いがいくつかあります。

国家公務員は国の各機関の職員、地方公務員は、地方の自治体や公共団体の職員を指します。
国や地方自治体、地方の公共団体を職務する人は全て公務員です。

給与の面でも違いがあります。
国家公務員の給与は国から支給、地方公務員は地方公共団体から支給されることになります。

また勤務地についても、国家公務員の場合は日本全国になりますが、地方公務員は特定の地域とされています。
全国各地に赴任するとなると、家族を持つと大変かもしれませんね。

公務員試験にも違います。
試験内容は一般的に筆記試験と面接試験がありますが、国家公務員試験は人事院等が実施し、地方公務員は各地方公共団体が実施します。

国家公務員は、一般職国家公務員を採用する試験と、特別職国家公務員を採用する試験があります。
地方公務員の試験は各地方公共団体によってて違いますが、一般的な事務及び技術的業務に従事する職員を採用する試験があります。

筆記・面接試験対策は、国家公務員か地方公務員かによって対策も変わってくるのは当然ですね。