公務員試験の適性検査を勉強するコツについて

公務員になりたい男女が全国的に増加しています。公務員を目指して頑張って勉強している人は多いですよね。

自治体や組織によって異なりますが、公務員になるためには適性検査を受けなければなりせん。適性検査って何?どのような勉強をすればいいの?コツはある?

公務員試験の適性検査について調べてまとめてみました。

公務員試験の適性検査はどのような事をするの?コツは?

公務員になるためには、試験の他に適性検査を受けなければならない場合があることをご存知でしょうか?

公務員試験の適性検査の内容についてご紹介します

公務員試験の適性検査の目的とは、国家公務員や地方公務員などの大きな仕事のひとつである文書の記録や集計、分類など、そのような業務において正確に行うことができるかどうかの適性を検査するために行われます。

そして、その検査の内容とは、計算や照合、分類などのパターンがあり、複数のパターンを組み合わせた、複合形式の問題もみられるそうです。

その評価の仕方は、正答数がそのまま得点とはならずに、誤答数も採点される減点法がとられます。

正答数から誤答数を差し引いたものが、適性検査の得点になるというワケですね。

ただし、自治体によっては行われないところもあるようなので、その募集要項を確認しておきましょう。

公務員試験、民間企業の適性検査が行われるクレペリンのコツは?

公務員試験のときに、多くのところで一次試験で行われる事務適性検査というものがあります。これは、マークシート方式の検査で、120問を20分または100問を15分以内で解くというものです。

ウエイトとしては、適性も大事ですが、それよりも教養が重要とされるようです。
教養も適正も程よくできていれば、問題ないでしょう。

教養とは、一般常識のことです。

性格適性検査には、クレペリン検査というものが多くの企業などでも行われます。

クレペリン検査とは、制限時間内に単純な足し算の計算を行い、処理速度や集中力などを検査するものです。

性格適性検査の場合は、練習を繰り返しするような必要はありません。

ただ、計算問題に慣れておくのはいいので、勉強しておくのも良いでしょう。

公務員試験の適性検査何のため?コツはある?

全国には公務員になりたいという人がたくさんいますが、公務員になるためには適性検査を受けなくてはなりませんね。

公務員試験の適性検査は何のために受けるものなのか

適性検査は自治体によっても異なりますが、公務員になってからの仕事に対する適性を判断するためのものです。

では、適性検査に合格するためにはコツはあるのでしょうか?

公務員の適性検査とは、その人の知性や性格を見ようとするものです。

簡単な計算をやらせたり、パズルのような問題などがあります。

中には、性格の傾向を見るために、心理テストのような出題もあったりします。

ですから、コツとしては、一番はリラックスして臨むことです。

楽しんで問題を解いたら合格していた、という人が結構いるのです。

それに、公務員は適性検査だけでは決められません。

適性検査の筆記試験も大事ですが、合格したらその後には面接も待っています。

なので、適性検査の対策を考えるよりも、面接の対策を万全にしていた方がいいかもしれませんね。

公務員試験の適性検査!適性検査の種類はどのくらいある?

では、公務員の適性検査にはどのくらいの種類があるのでしょうか?

適性検査には、能力検査、職種適性検査、性格検査、学力検査など様々な種類があります。

能力検査は、知識や学力を測定するテストであり、一般的な知的能力を測定するテストを示します。

また、職種適性検査とは、幅広く職務との関連づけがなされたテストが行われます。

性格検査は、一般的な性格特性を測定するテストです。

心理テストと同じように、心理学的な手法に基づいて開発され、臨床用のテストとしても用いられることがあるものです。

他にも、能力を含むパーソナリティを測定するパーソナリティテストでも、性格検査として用いられます。

そして、学力検査とは、学問領域の知識や技能の多寡を測定するテストを行うことです。
他にも、様々な検査方法があるようです。

公務員試験の適性検査、性格検査の対策について

公務員試験の適性検査での性格検査の対策は難しい

性格検査とは、その仕事の適性を試すための検査にもなり、職場適応性検査とも呼ばれます。

これは、公務員だけではなく、一般の民間企業の採用試験においても行われることが多いです。

まずは、これによって、公務員として求められる人材であることが大切です。

結局は、その仕事に向いている人を探すための検査なのですから。

ですから、対策をするのはなかなか難しいでしょう。

素直に答えてみて、合格しないのであれば、自分が思っているよりも公務員には向いていないのかもしれないですよ。

一番は、緊張せずに試験に臨めるのがいいですね。

また、自分にとって公務員とはどのような仕事をするべきかを考えて答えるのが良いかもしれません。

他にも、公務員試験では、仕事に向いている能力があるかどうかを判断する事務適性能力検査も行われます。