香水の臭いが頭痛の原因!?メカニズムや頭痛の特徴について

香水の臭いは本来いい臭いのはず、しかしその臭いが原因で頭痛になってしまう事もあるんです。

なぜ臭いが頭痛を誘発するのか?そのメカニズムとは?

気になる頭痛や、その予防策についてもご紹介いたします。

また強烈な臭いは「コスメティックバイオレンス」なんて言われているのを知っていますか?香水をつける側にも加減をするなどの注意が必要なようですね。

香水の臭いで起こる頭痛のメカニズム

香水の臭いによって頭痛が起こるという人がいますが、どのようなメカニズムになっているのでしょうか?

臭いから頭痛が起こっているように感じますが、実はその人にとって香水の臭いが不快と感じ、そこからストレスが発生、そのストレスから脳の血管に異常が起こって頭痛が起こる・・・このような仕組みになっているようです。

香水にもいろいろな種類があります。自分は好きな臭いでも、他の人からすると不快に感じる臭いかもしれません。

この「不快な臭い」を嗅いでしまったことがストレスと感じてしまい、ストレスによって不安定になった精神を安定させようと血液中にある血小板からセロトニンが出されます。このセロトニンは、血管の緊張を調節する物質で、脳の血管の収縮活動の調節などに働きます。

そのため脳の血管が収縮してしまい、脳の血管内の血流が急激に変化することによって頭が起こってしまうといのがメカニズムです。

香水の臭いで頭痛が起こる人は、このタイプの頭痛が多い

「片頭痛」や「緊張型頭痛」の人は、香水の臭いによって頭痛がひどくなってしまう場合もあります。

普段であればなんとも感じない香水の臭いでも、頭痛が始まった時に臭いを嗅いでしまうことにのって脳が刺激されます。そのことによって頭痛が悪化してしまうのです。

しかし、香水をつけている人に「頭痛がするから、もうつけないで下さい。」とは言えません。しかも、いつ頭痛が起こるかもわからないのです。

では、頭痛が起きた時にはどうすればよいのでしょうか?

外出する時にはマスクを持っていくようにしましょう。そうすれば外出先で頭痛がするのを防ぐことができます。

デパートなど香水売り場があるところもあります。そんな時に直接臭いをかかずにすみます。

マスクがない場合は、口呼吸をするようにしましょう。違和感があるかもしれませんが、一時的に臭いを感じることはなくなります。

室内にいる場合は換気するようにしましょう。

偏頭痛の人は香水の臭い以外でも頭痛の引き金に!

慢性的な頭痛に悩んでいる人の中でも偏頭痛の人は、発作を起こしやすい誘因が存在します。

それは内部からの刺激と外部からの刺激に分けられます。内部のものは睡眠不足や精神緊張などです。それに対し外部のものは、直射日光のような強い光や騒音、人ごみでの酸素不足やアルコール、脂肪の多い食事などいろいろなものが含まれています。

そして香水などの臭いは外部からの刺激になります。臭いと一言でいっても、香ばしい良い臭いもあれば、鼻をつまみたくなるような悪臭もあります。

頭痛が起こってしまう臭いは不快を感じる悪臭となりますが、これは香水の臭いが不快と感じる場合も悪臭となります。

そんな悪臭がストレスの原因となり、脳の血管反応を引き起こしてしまうのです。

臭いで頭痛が起きやすい人は、苦手な臭いを知ることが大事

臭いにはいろいろな種類があります。香水以外でもタバコや食べ物、洗剤などからも臭いを発しています。

そして人によっては臭いと感じる人と感じない人、気になる人と気にならない人がいます。

臭いによって偏頭痛が起こってしまう場合、必ずしも皆同じ臭いで症状がでるわけではありません。人それぞれきっかけとなる臭いは別なのです。

さらに臭いが原因で偏頭痛になってしまう場合もあれば、臭いで偏頭痛がひどくなる場合もあるでしょう。

臭いが原因で偏頭痛になってしまう人は、臭いが強い場所は避けた方がよいでしょう。例えばデパートなどの化粧品売り場や喫煙スペース、鮮魚売り場、生ゴミが置いてある場所などです。強い臭いを感じそうな場所には近づかないようにしましょう。

自分がどんな臭いが苦手なのかを把握しておくことも大切です。どんな臭いを嗅いだ時に違和感を感じるのか、どんな臭いの時にストレスを感じるのか、チェックするようにしましょう。

人によってはアロマなどの優しい香りによって、頭痛が和らぐ場合もあります。

香水の臭いが強烈なのは「コスメティックバイオレンス」!

香りの趣味は人それぞれ。自分が良いと感じても、他の人はどう感じているかはわからないものです。

職場内で自分が不快に感じる香水をつけている人がいると、それがストレスになってしまう可能性もあります。

香水や化粧品から発する強烈な香りは「コスメティック・バイオレンス」とも言われています。さらに臭いに関するトラブルは「スメル・ハラスメント」だという人もいます。

良い香りだと自分では感じていても、他人にとっては悪臭になってしまうこともあります。職場のような同じ空間にずっといるのであれば、悪臭は凶器となってしまうこともあるのです。そして自分が加害者にも被害者にもなる可能性だってあるのです。

もし自分が被害者になった場合は、職場環境と健康という視点から会社に相談してみましょう。働きやすい環境を作ることは会社の使命です。適切な対策をとってもらえるように話してみましょう。