高校の成績は就職に関係ある?成績よりも重要なのは〇〇だった!

就職する時には、高校時代の成績も関係あるのでしょうか?

大学は真面目に行っていたけど、高校時代は不真面目だった・・・なんて人は、心配になるかもしれませんね。

企業は一体どんなことを見るのでしょうか。就職と高校の成績の関係について調べてみました。

大学を卒業して就職する際、高校の成績は関係ある?

大卒の就職で、高校の内申書は必要ありません。高校の成績が1番でも最下位でも一切関係ないのです。出身大学と、学部、大学の成績がすべてになります。

部活動については必ず面接で聞かれます。帰宅部はどのような業界でも一番不利になります。「高校時代何をしていたの?」となります。大学でも部活やサークルの経験がない、履歴書の趣味や特技の所に読書や旅行などの平凡なことを書いている場合だと、学校推薦などで、あなたの人柄の保証してくれないとほどんどの企業では書類で落とされてしまします。

「目標に向かい真面目に努力したことのない人がうちの企業できちんと結果を出してくるのか?体力がないのでは?3年間も勉強する時間があったのに三流大学?」このように見られてしまいます。

他にも吹奏楽部以外の文化部の入っていた「だけ」になると帰宅部と変わらず不利になります。部長などの役職が必要になります。

就職活動の際、高校の成績証明書を提出させる企業も・・・!

就職活動の時に高校の成績証明書を提出させる理由とは

高校の成績証明書を提出させる大手企業も意外と多くあります。主に製造業で、高卒も大卒も採用している場合の企業です。大卒や院卒の人は、総合職や専門職での応募になります。どうして、高校の証明書を人事担当の人は確認したいのでしょうか?

それは「欠席日数」を知りたいからです。

高校時代に欠席の多い人は注目して書類選考します。最近はメンタルの不調で学校や会社を休む学生が多くいます。ストレス社会なので学生に限ったことではないけど、実際に休むことが多い学生は人事は「警戒」してしまいます。だからその理由が重要なのです。

高校生活3年間で欠席日数が10日以下なら大丈夫です。10日以上欠席がある場合はその理由について人事にきちんと伝えられるかが重要になります。

もしかすると何かの病気で欠席で多い場合は、その病気が完治している事を証明できる診断書が必要です。人事の人を安心させる理由を作ることで解決します。

高校から就職する場合は、成績よりも出欠日数が大きく関わる!?

高校の遅刻は就職に不利?
高校での就職は成績よりも、出席日数が大切だと言われています。又高校を卒業して主食する場合は高校新卒として採用試験を受けます。高卒では新卒が就職できる最大のチャンスです。就職時には会社に成績証明などの応募書類をいくつか送ります。もちろん出席日数などの情報を書く欄があります。

ここで記入することは出席か欠席の2つのみの記入になります。しかしほとんどの高校では遅刻を3回すると欠席1回に扱いになります。

年間の出席日数が完璧な場合は皆勤賞になりますが、遅刻すると皆勤とは記入されなくなります。遅刻の回数が多いとその分欠席扱いになりますので、就職が難しくなります。

高校で生徒1人が休んだり遅刻しても影響はありません。しかし会社の場合1人が遅刻するだけで大切な会議が始められなかったり、取引が出来ないなどの業務に大きな支障がでます。ですので、遅刻や欠席の多い人を採用したいと企業は思わないのです。

就職に有利になるのは、成績優秀な高校生よりも〇〇がある人!

企業が重要視していることは1位協調性、2位コミュニケーション能力でした。一方で学業成績や専門的な知識や技術はそれほどでもありませんでした。

理由については会社に入社すると、同期の社員や上司、先輩、取引先の人など色々な人との人間関係を持ちます。一緒に働く仲間の中に、周囲に溶け込めず自分勝手な行動を取るような人がいると、職場全体に悪い影響を及ぼすからです。

会社としては、たとえ成績が良くても、そのような人を採用したいと思いません。部活やアルバイトの経験のある人なら少しはイメージ出来るかもしれません。部員やアルバイト仲間にそのような人が1人でもいると、雰囲気が悪くなりますよね?

逆にいつも明るく誰とでも仲良くできる人が一緒にいるとどうでしょう?周囲も明るくなり雰囲気も良くなりますよね。このことは会社も同じです。明るく元気で職場の輪の中に溶け込んでいける人は、周りの人も接しやすいのです。

大学時代の成績は就職活動において評価されない!?

大学では真面目に授業を受けてきましたか?「単位さえ取ればいい」そう考えて要領よくやっている人は多いと思います。

理由の1つに「就職活動で評価されない」ということがあります。

  • 学業成績は評価するのが大変
    大学の成績評価の基準の一律はありません。教授により評価基準も異なるので1人1人の評価にさほど時間とかけれない企業側からすると、大学の成績は手間のかかる評価基準になります。
  • 学業のことは面接で評価しにくい
    学業は1人で行いますので思考力や持続力は評価できます。会社で働くには「チームワーク」が大事です。ですのでコミュニケーション能力が大切ですので重視されます。