高卒で警察官になる為の勉強法やポイントやコツをご紹介します

高卒で警察官になりたいと思う学生さんも多くいるかと思いますが、どのような勉強法があるのかと悩んではいませんか?

その他にも警察官になる為の勉強を始める時期や採用試験の内容は、どんなものなのか?とわからないことも多いかと思います。

ここではその他にも、採用試験のボーダーラインや難易度や倍率などについても併せてご紹介します。

高卒で警察官になる為の勉強法と採用試験の内容

警察官の採用試験を受験する場合、効率のいい勉強方法はあるのでしょうか?効率のいい勉強方法がわかると、合格に近づくことになります。

高卒で警察官になる為の効率的な勉強方法についてご紹介

警察官の採用試験の内容

警察官の採用試験にはどのような問題が出題されるのか、その内容についてお知らせします。

  • 一次試験
    筆記試験…警察官として必要な一般教養、政治、社会、法律、経済など)
    教養試験…五肢択一式の問題
    国語試験…仕事をするときに必要になる国語力の記述試験

この他に身体検査、適性検査などがあります。

身体検査は身長測定、聴力検査などが行われ、規定に満たないと警察官になれません。

  • 二次試験
    面接試験です。面接試験と、2回目の身体検査、適性検査と体力検査も行われます。
    体力検査では、腕立て、腹筋、反復横跳びなどが行われ、警察官としての体力があるか無いかを試されます。

採用試験の効率的な勉強方法

一次試験と二次試験がありますが、まず一次試験に合格することが先決です。おすすめの勉強方法はとにかく問題集と解く事になります。自分がやる気の出そうな内容になっている問題集を用意して解きまくります。間違えた箇所は徹底的に復習し、理解できるようにしましょう。次の日にもう1回か違えた箇所を解き、解ければ次に進むようにしましょう。このことを繰り返すことで、自分の出来ない部分を徹底的に、頭に叩き込むことが出来ます。

高卒で警察官になる為の勉強法のポイントやコツ

警察試験に合格するために学科試験の勉強方法は、メリハリをつけることです。きちんをやる科目とさらっとやる科目、やらない科目になります。警察官試験の学科は公務員試験になります。範囲がとても広いです。

予備校などに通い1年間朝から夜まで勉強する人の中には、公務員試験の問題や過去問、模試など受けている状態で試験を受ける人もいます。

でも全ての人がそうではありません。

働きながら独学で目指している人もいれば、予備校に通っている人もいます。中学、高校、大学で習ってきたことは勉強しなくても解ける人もいれば、解けない人もいますので、時間があるのであれば、全部網羅することがいいです。

時間のない人はしっかり点数の取れる所、数的処理のように確実に多くの問題が出る所をきちんと勉強しましょう。しっかり問題をたくさん解き、試験本番で確実に速く解ける力をつけましょう。

逆にさらっと勉強する教科は軽く問題集をやる程度でいいです。どちらにしても自分の得意不得意を理解して、勉強の仕方や予定をしっかり立てて合格に向けて頑張りましょう。

高卒での警察官の採用試験の勉強法などはいつから始めれば良い?

警察官の採用試験の勉強はいつから始めればいいの?大学に通いながら勉強する人も多いはずなので、1日に勉強できる時間が限られます。

教養試験は、専門試験に比べ勉強の時間に比例し点数が伸びずらいので、合格点が5割6割としても、それを越えるためには、半年はかかると思います。教養試験は得意、不得意が出やすいです。ですから時間のかかる人は多くの時間が必要になります。

点数の取れる人は数か月で十分一次試験を越える実力がつきますが苦手な人はとても時間がかかります。時間はかkるけど、最終的に合格に必要な点数が取れればいいので、時間には余裕を持って多めにとりましょう。

予備校に通う場合も早めに入学しておいた方が、授業の間隔にもゆとりが出てきます。そのように考えるよ大学3年生の冬休み前には行動しておいた方がいいです。

警察官の採用試験のボーダーラインは何点とればいいの?

警察官の採用試験はまず第一試験で筆記試験を受けなければなりません。論文試験と教養試験で構成されることが多いです。教養試験のボーダーラインが気になりますよね。教養試験のみの場合はボーダーが上がりやすいですが、警察官採用の場合は筆記試験よりも面接試験重視の傾向もありますので、一次試験で多く絞らずある程度の人数が通りますので、倍率もそんなに上がりません。

警察官の場合どこを受けるかにもよりますがボーダーは割と低いと考えてもいいでしょう。おそらく5割6割だと思います。点数が高いと有利で、どこを受けても受かる可能性は高くなります。

警察官になるには難易度や倍率はどのくらいかをご紹介します

警視庁の筆記試験の難易度はそんなに高くないです。択一試験は教養のみで、論作文試験と国語の試験があるので、別途対策は必要になりますが、こちらもそんなに難易度は高くないです。

きちんと計画的に勉強していれば十分合格する可能性があります。苦手な科目があっても極端でなければ大丈夫だと思います。過去問をやるとわかると思いますが、警視庁の筆記試験の難易度は高くなく、きちんとやれば十分合格することが出来るので自信を持って取り組みましょう。

警視庁の警察官の筆記試験の倍率は正確な数字は記載されていません。警視庁のホームページには全体の倍率だけ記載されています。警視庁の筆記試験は受かりやすいと言えますが、警視庁の筆記の倍率は極端に低いわけではないので、しっかり勉強しておく必要があります。