合格発表まで不安でいっぱい!高校受験後の過ごし方や考え方

合格発表までの期間はとても、不安な気持ちになりますよね。どんなに勉強していても、合格圏内の高校でも合格発表の日までは落ち着かないと思います。

中には合格発表の日まで不安でソワソワして、眠れない日々を過ごす人もいるでしょう。

高校の合格発表の日まで不安な気持ちでいっぱいな時の過ごし方や、考え方についてまとめてみました。

高校の合格発表まで不安な気持ちはどう対処したらいい?

高校の合格発表までは誰でも不安になったり、緊張したりするものです。

まずは、思いっきり深呼吸しましょう。

高校受験で不安な時に気持ちを和らげる深呼吸のやり方

  1. 最初に両目を閉じます
  2. 肺の中にある空気を一気に全部吐き出してしまいます
  3. 吐き出したら鼻からゆっくりとお腹をふくらませるように息を吸います。その後でまた肺の中にある空気を吐き出し、同じように息を吸うということを繰り返してみましょう。

実際にやってみるとわかりますが、これだけでも少し気持ちが落ち着いてきます。深呼吸することでリラックスできるのです。

もしずっと家にいるのであれば、今自分が感じている不安な気持ちを紙に書いてみましょう。これだけでもスッキリします。

頭の中だけで不安な気持ちを解消するのは難しいこと。紙に書いてみると、意外に効果があります。試してみて下さい!

高校の合格発表まで不安な気持ちも経験の1つと捉えよう

高校を受験したとはいえ、まだまだ中学生。不安と戦ったという経験はほとんどないでしょう。

しかし、これからの人生において不安と戦わなくてはいけない場面がたくさんあります。
高校受験が人生で一番の恐怖だと感じている人もいるかもしれませんが、これからの方が大きい恐怖感を感じるでしょう。

今回感じている不安な気持ちは、そのための練習です。人生経験の一つだと考えてみましょう。今自分はどう感じていますか?「思ったよりも小心者だったんだな。」「意外と肝が据わっているかも?」「不安ってこんな気持ちなんだ。」人それぞれで感じる内容は違うでしょう。

「自分はこの経験から何を学んでいるのか?」そう考え直してみましょう。

受験発表までは、まだまだ日にちがあります。高校受験は人生において「点」でしかありません。客観的に見つめ直してみませんか?

高校合格発表までの不安な気持ちの紛らわせ方

合格発表までの不安な気持ちや緊張を紛らわせるためには「笑う」のが一番です。すぐ笑えるのは「動画」を見るのがよいでしょう。

映画やドラマを見るのも良いのですが、もし自分にとっておもしろくないものを見てしまうと脳が退屈して別のことを考えてしまいます。そうなると、また受験のことを思い出してしまうのです。こうなると悪循環です。

気分が滅入ってしまいそうな時は笑うことが一番です。

あとは、スマホゲームで遊ぶという方法もよいでしょう。新しいゲームが毎日のように登場します。おもしろそうなゲームをダウンロードして遊んでみましょう。

夢中になりやすいのは「音ゲー」です。「音ゲー」は視覚、聴覚、触覚をフルに活動させないとクリアできません。余計なことを考えているヒマはないのです。そのため受験のことを考えないようにすることができるでしょう。

高校の合格発表まで不安じゃないほうが危ない!?

高校受験までの日々も不安な気持ちで過ごす人が多いでしょうが、反対に中途半端な自信を持っている人の方が危険とも言えます。

受験勉強をしていて過去問も解けるし、基本書や解説についてもだいだい理解できた。そう思っていても自分のツメの甘さには気づいていません。ある程度理解してい状態の方が厄介な落とし穴に落ちている可能性があります。

こんな状態で試験を受けたとしても、ある程度の点数は取れるでしょう。しかし、ある程度までなのです。曖昧な知識があるため、判断の邪魔になってしまうことがあります。

例えば、5肢択一の残り2択で迷ってしまい、誤りの方を選んでしまうといったことが起こるのです。

試験は水物と言われています。どんなに勉強したとしても試験当日に何が起こるかは誰にもわかりません。きちんと準備しても不安になるのが当たり前なのです。

試験直前に不安になっているのはメンタルが弱いからではない、と考えるようにしましょう。

合格発表が不安で絶対落ちたと思ってる人へ

第一志望の高校や大学に合格したからといっても人生に成功したとは限りません。合格したことは始まった、スタートしたということです。大切なのは、入学してからどう過ごすかなのです。

大学であれば、就職して社会人になるまでの自由な時間、遊べる時間と考えている人もいるかもしれません。

確かに合格することは大切なことですが、合格した後はどう生活していくかについて考える時間の方が長いはずです。そう考えると、合格するかどうかを不安に感じることは大したことではないと思いませんか?

「なぜこの高校を選んだのか?」「なぜこの大学に行きたいのか?」「そもそもなぜ進学したいのか?」このように考えたことがありますが?その答えが明確でないと、入学してから苦労するのは間違いないでしょう。

不合格だったことに悔やむ人もたくさんいますが、失敗した経験からいろいろなことを学んで成功する人もいます。

合格することが人生のゴールではないのです。