合鍵を彼氏や彼女に渡すタイミングについて!

彼氏、彼女がいる人は相手に合鍵を渡そうか悩むこともあると思います。

渡すタイミングはどんな時期なのでしょうか?またそもそもみんな合鍵を渡しているのでしょうか?

そんな彼氏彼女が合鍵を渡すことについてご紹介します。

彼氏や彼女に合鍵を渡すタイミングは?

彼女と付き合ってから、どの位のタイミングで部屋の合鍵を渡してもいいと思いますか?と言う調査に、約半数の男性が「一年以上」と回答しています。

やはり、自分の部屋の鍵を渡すということは、いくら好きな相手にでも、安易にはしない男性が多いようです。

逆に、お付き合いの期間が1年以上経てば、彼氏の信用を得られるということなのでしょうか?

男性は、好きだという気持ちと、相手の人間性については別に考える傾向があるようですね。

また、彼女のことは信用しているけど、自分だけの空間を守りたいという男性もいます。
好きな人と四六時中一緒にいたい彼女には、こういった考えを理解することができないかもしれませんね。
ですが、恋愛においては、「男脳」と「女脳」の違いがはっきりと現れる場面があります。
そういう時に女性的な物事の考え方を押し付けても、ケンカになるだけです。
理解はできなくても、彼の気持ちを理解する努力をするようにしてあげてくださいね。

女性は、合鍵で相手の気持ちを量る傾向がありますが、男性は彼女に合鍵を渡す、渡さないについて、そんなに深く考えていな傾向があります。

合鍵を彼氏、彼女に渡すタイミング…。渡さない人が多い?

本命の彼女でも、自分の部屋の合鍵は渡したくないと考える男性は多いのです。

合鍵って信用の証って感じがしますよね?
ですが、彼氏が自分に合鍵を渡してくれないからと言って、愛情がないとか、信用されていないとか本命じゃなんだなどと、卑屈になる必要はありません。

「好き同士だから、なんでも一緒」と言うのは、女性的な考えです。
これは、友達付き合いにおいても言えることではないのでしょうか?

恋人と四六時中一緒にべったり居たいと思う男性もいますが、「一人の時間が重要」と考える男性も多くいます。

これは、友達とも彼女とも一緒に過ごすのではなく、自分の時間、自分の世界に没頭したいからです。

どうしても、彼氏の部屋の合鍵を手に入れたいのなら、さらっと「合鍵が欲しいな」と伝えてみましょう。
ただし、拒否されたり誤魔化されたなら、これ以上合鍵については触れないようにしましょうね。

男性は、恋人だとしても自分のテリトリーを侵されることに不快感を感じますから。

合鍵を彼氏、彼女渡すタイミング!メリットデメリットを知ろう!

男性は、付き合いが長くなってくると、自分の部屋の鍵を渡して、仕事で疲れて帰ってきた時に美味しいご飯と笑顔で出迎えて欲しいな、なんて考えてしまうこともあるようです。

疲れて帰ってきた時に、部屋に灯りがともっている…。
それだけでうれしいですよね。

ですが、合鍵を渡しても、そんな男性の都合の良い「笑顔・夕飯・お風呂・まったり」を必ずと言って手に入れられる訳ではありません。

合鍵を手に入れたとたんに、安心する女性もいますし、料理が苦手な彼女なら、頑張って作ってくれた料理が失敗作かもしれません。

また、自分の部屋を探られたりする危険性もあります。
自分の部屋なのに、誰かに気を使う空間を作らなければならないことも。

彼女には安易に合鍵を渡さない方が、不要なトラブルは避けられると考えている男性も多いようです。

合鍵を彼氏、彼女に渡すときには注意が必要!

厳密にいえば、賃貸物件だと、鍵を「彼女」など、他人に手渡すことは契約違反に値するかもしれません。

もしも、渡した合鍵をなくされてしまったら、ドアの鍵交換をしなければなりません。
拾った人が悪用したら…?
など、甘いロマンスだけのために、合鍵を恋人に渡すのは慎重にしましょうね。

どうしても、彼氏や彼女に自分が住んでいる部屋の合鍵を渡したいのなら「スペアーキー」を作って渡すようにしてください。

また、合鍵を渡してしまった相手と別れたいと思った時、相手が別れたくないと主張したら、合鍵を返してくれないかもしれません。

合鍵を、彼氏や彼女に渡すということは、安易にしない方がいいかもしれません。

渡すなら、慎重に…。

合鍵で彼氏の家にいく時には気をつけよう!

恋人から、部屋の合鍵を渡されたらうれしいですよね?
彼氏や彼女は、自分といつでも会いたいと思ってくれている。
そう感じて、舞い上がってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。

特に男性は、「彼女に合鍵を渡す=いつでも来ていい」と言うことでは、ないようです。

「合鍵は渡してるけど、一人で過ごしたい日もある」のです。

女性は、彼氏から合鍵を渡されたら「私といつでも一緒にいたいと思ってくれている」と勘違いしてしまいがちです。

合鍵を渡してもらっても、彼は彼女を家に入れたくない日もあります。
女性からすると「だったら、鍵なんて渡すな!」とツッコミを入れたい気分ですが、彼氏とよりよい関係を築きたいのなら、こういった男性的思考を理解する必要があります。

お互いに好きと言う気持ちは同じですが、どのように付き合い関わっていきたいのかに違いがあるようです。

ドラマなどである突然の「来ちゃった」は、男性には受け入れがたい訪問方法なのです。