黒・ベージュ・グレーでオシャレ配色マスターしよう!

「黒」「ベージュ」「グレー」の3色は誰のクローゼットにも入っている、洋服の色ではないのでしょうか?
この3色のカラー配分をマスターしてオシャレ上級者を目指しましょう!

洋服の組み合わせだけではなく、アクセントカラーとしても使える色なので、バッグや靴に取り入れてメリハリをつけると効果的です。

さっそく、クローゼットの中にある「黒」「ベージュ」「グレー」の3色を見つけましょう!

黒・ベージュ・グレーはクローゼットの常連さん

自分のクローゼットの中を見てみると、持っている服の色は黒・ベージュ・グレーなどの定番カラーが多いという人も多いでしょう。

無難でコーディネートしやすい色なので、どうしても偏ってしまいがちです。同じ色が多いと思っていても、新しく服を買う時は、黒・ベージュ・グレーで何色にするか迷ってしまいませんか?

脱・無難して自分らしさを取り入れたい人も多いでしょう。まずは、なりたいイメージを考えてみてください。色にはその色の持つイメージがあります。そのイメージを理解することで定番カラーでも自分らしさを取り入れることは可能でしょう。

<黒>

重厚感・権威・神秘的な印象や雰囲気を感じさせる色です。黒を基調にコーディネートするとシック・スマート・クールのイメージになるでしょう。

また、黒は引き締め効果が期待できる反面、デザインや素材、色合わせなどによっては暗く、重たい印象になってしまいます。逆に、明るい色を際立たせる効果もあるので、上手にコーディネートに取り入れたいカラーでもあります。

<グレー>

柔軟・沈静という色の効果があり、穏やか・控えめ・上品・落ち着いたなどの雰囲気を感じさせる色です。

白と黒の中間で一口にグレーと言っても濃淡のバリエーションが多い色です。茶色っぽいグレーや緑っぽいグレーなど他の色が混ざったグレーも存在します。他の色と合いやすい色なので、コーディネートで使う他の色を引き立てます。

<ベージュ>

穏やか・柔和などのイメージを持つ色です。黒やグレーよりも明るい印象を与えて、キナリのような色はナチュラルなイメージです。

ベージュも肌色に近い色から茶色がかった暗めのいろまであります。

黒はあえて外して。ベージュとグレーで女性らしいカッコよさを

ベージュは自然な色みで安心感を与える色です。例えばサファリシャツなどデザイン的に辛口なアイテムであってもベージュを選べば、色の持つ優しいイメージでコーディネートに女性らしさを取り入れることも可能です。

最近はスエット地のスカートなども流行っているので、ライトグレーのスエットスカートとコーディネートすることで、大人っぽいかっこいい女性の雰囲気にすることも出来るでしょう。

白と組み合わせることで白の持つ清潔・純粋・無垢などの印象がプラスされ、柔らかな優しい気持ちに慣れるでしょう。

また、ベージュには濃淡の違う様々な色があり、白も生地の質感で印象が変わるため、組み合わせの仕方では、優しくも気さくな女性の雰囲気を作る事も出来ます。

なお、小物を合わせてもコーディネートに定番カラーを2~3色しか使わなくてもおしゃれに出来ます。色やアイテムを選ぶ時に、なんとなく購入していませんか?しっかrと計算して選ぶことで、無難なコーディネートがおしゃれにかわります。

手持ちのアイテムも無難になるかおしゃれになるかは、組み合わせ次第です。休みの日などに今までしていなかった組み合わせを試してみましょう。

黒を卒業!「ベージュ」と「グレー」で抜け感を演出

グレーとベージュの組み合わせは補色関係に近いため、今まであまりしない組み合わせだったと思います。しかし、中間色の人気とともに、この色合わせも人気が出てきました。

ちなみに、補色とは色を円で表した色相環というものの、正反対に位置する色の組み合わせです。赤と緑、青とオレンジなどが補色となります。

青とオレンジなどはスポーツウェアやユニフォームを取り入れられている色の組み合わせだと思いませんか?このように、明るい色の補色カラーはスポーツウェアなどに取り入れられているイメージがあるため、インパクトが大きいので普通の服のコーディネートに取り入れるには難しいと敬遠している人も多いと思います。

現職の補色カラーをコーディネートに取り入れるのは難しいですが、グレーとベージュなら補色カラーに近くても、比較的淡い色合いなので組み合わせやすくなります。

上手に取り入れておしゃれ上級者を目指しましょう。

黒・ベージュ・グレーの三色。グレーはどんな色にも合わせやすい

ベージュとグレーはどちらも無難な色ですが、この2色ならどちらの方がコーディネートしやすい色だと思いますか?

コーディネートのしやすさや使いまわしの幅広さなどで比べると、私はグレーだと思います。

グレーと言うのは白と黒を混ぜた中間のカラーです。絵の具で色を作る場合、グレーを作ろうと思ったら白と黒を混ぜます。同じ2色しか使っていなくても白多めと黒多めで同じグレーでも違う印象になると思います。

中間色は他の色との相性も良いので、赤・青・緑・黄色などにも合わせやすい色です。

ベージュを絵の具で作るときは茶色と白で出来ますが、茶色は赤と緑で茶色を作る事になります。つまり、ベージュを作るには色を多く使わなければならないのです。

服の染料と絵の具は同じではありませんが、考え方としては同じで1色を作るために使用する色が多ければ多い方が複雑になるというのは同じです。

ベージュは赤みが強い色、黄色みが強い色、明るめ、暗めなど同じベージュでも色の幅が広くなり、グレーよりも色の種類は多くなります。

グレーは色構成が単純というのが、コーディネートしやすい理由です。

配色の救世主。グレーをマスターしよう

都会的で洗練された印象の中に、リラックス感を取り入れたコーディネートが流行っていることから、グレーやベージュを取り入れる人も増えています。

グレーとベージュといえば、コーディネートしやすい無難な色という印象がありますが、グレーとベージュでは実は色の難易度が違います。

グレーは黒と白の2色で構成されていて、基本的には濃淡の違いですが、ベージュは3色で構成されているため、濃淡以外の明度や彩度などの違いも出てきます。

ベージュには赤みが強い物や黄色みが強い物、明るい、暗いなどの違いが顕著です。同じベージュという括りでも大きな違いが出てきてしまいます。

最近は1色コーデも流行っていますが、グレーなら別のブランドのアイテムとコーディネートしても濃淡の違いだけで合わせやすくなります。

しかし、ベージュは別のブランドでアイテムを揃えると赤みが強い物と白っぽい物、黄色っぽい物、明度彩度も変わるため色みもしっかり考えなければいけません。

グレーは他の色との相性がいいため、原色はもちろんピンクベージュなどの曖昧な色、定番カラーの紺などどんな色とも合わせやすいです。

グレーは、適度なリラックス感を演出でき、柔らかい印象も与えることが出来ます。1色コーデに挑戦したい人は、失敗が少ないグレーから始めてみましょう。グレーのグラデーションやグレーベースに差し色のコーディネートはおすすめできます。