女性の帽子について。室内でのマナーを紹介します

ファッションやオシャレで帽子をかぶっている人も多くみかけますね。

外にいるうちは問題ないのですが、食事などでレストランに入った時に帽子をぬぐかどうかで迷ったことはありませんか?

女性なら特に髪型がつぶれているのを気にして、脱ぐのをためらってしまいますね。

女性に限らず男性でも帽子をぬぐべきかどうか考えてしまいますね。マナーとしてはどうなのかを調べてみました。

女性も男性も知っておこう!帽子の基本マナー

マナーは時代や国によっても変化や違いが出てくる事があります。特に帽子は、性別やデザインでも違いがあるため分かりにくいマナーのひとつです。

外国に比べて奉仕のマナーが緩めの日本でも、性別によって違いがあります。

  • 男性:屋内では帽子をとる。目上の人と挨拶する時には帽子を取る
  • 女性:ファッションの一部として、麦わら帽子以外は屋内でかぶっていても良い。しかし、目上の人の家にお邪魔する時は入室前に取るのがマナー

一般的に言われているマナーはこのような感じですが、同じ日本の中でも育った環境や年代などによっても多少差があります。

例えば、最近はカジュアルなおしゃれな帽子が沢山販売されていて、男性がカジュアルでおしゃれな帽子を屋内でもかぶったままでいること対してマナー的に違和感を感じない人も増えてきています。

逆に、カジュアルでおしゃれな帽子でも、和室で被ったままいるとマナー違反のようにみえますよね。

正式な場や格式高いレストラン、社会的地位の高い人や目上の人と接する場合は、男女ともに帽子をとる人が多いようです。

病気療養中などで帽子をかぶって生活している人などは、マナーの例外でしょう。勿論、そういうケースには、それと分かるような脱ぐことを強要されないデザインの帽子を選んでいるように見受けられます。

帽子のマナー。女性と男性では違うの?

帽子の着用OKなシーン

屋外にいるとき・通りを歩いている時・公共スペースにいるときは男女ともに帽子を着用していてもOKです。

ホテルのロビー・空港・駅・長い廊下・エレベーター内・公共交通機関などの公共スペースでは、屋内にいても着用していてもマナー違反とはならない場合もあります。

女性は麦わら帽子やキャップ以外は、基本的に屋外でも屋内でも帽子をかぶったままでOKと言われています。場合によっては食事の場で被ったままでもマナー違反にならない事もあります。

帽子の着用がNGなシーン

男性はどんなタイプの帽子でも、基本的に屋内ではとらなければいけません。帽子をかぶったままだとマナー違反になるのは、家・学校・レストラン・教会・会社・劇場などがあります。

また、例え帽子をかぶったままでも良い場所でも、女性の前・食事・結婚式・映画・写真撮影・葬儀などの時や国家が流れている時、人と挨拶する時などは帽子を脱ぎます。

女性は、キャップ以外の帽子なら男性よりも帽子をかぶったままでいい場所が多いです。屋内でも基本的にかぶっていても良いとされていますが、他人の視界を邪魔したり他人に迷惑が掛かるようなときは脱ぐのがマナーです。劇場や仕事中などは取りましょう。

男性と違い、国家が流れている時、食事中、人と挨拶する時などでも帽子はかぶっていても大丈夫です。

女性や男性の帽子の歴史を知ってマナーに気をつけよう

埴輪にも帽子らしきものを被っているものがあるため、その時代にも被り物をしていたと考えられます。

日本では、神代紀の作笠が最初の被り物と言われています。古事記や日本書紀の中にも冠や笠と記されていて、聖徳太子もかぶっているイメージがありますよね。仏教の伝来により、中国から被り物も入ってきたと思われます。

奈良時代には漆紗冠と圭冠が登場し、圭冠が烏帽子と変化していきます。平安朝では、身分によって被り物が違い、被り物で身分を判断できるようになりました。身分によってかぶっていい素材なども細かく分かれていたと言われており、被り物が重要な意味を持っていました。

鳥羽上皇の頃に強装束が流行って、紙を漆で塗り固めた烏帽子が登場します。笠も流行ったと言います。被り物におしゃれさや実用性も求められるようになったのがこの時代です。

鎌倉~戦国時代には、おしゃれさや実用性を兼ね備えた被り物が必需品となり、女性も広巾女笠を身に付け、身分の高い女性は常盤笠を被っていたとされています。

鎌倉時代の初期から江戸時代にかけて冠が使用されます。安土桃山時代は、笠が一般的に使われるようになり、男女ともに普及しました。江戸時代には被り物の種類が増えて行き、現代にも引き継がれているものがあります。

ハワイでは帽子が必要なワケ

帽子は日焼け対策になる

ハワイは日本よりも気温が高く日差しが強いのが特徴です。日本よりも日焼け対策に注意しなければいけません。

顔や体の日焼け対策をしても、忘れてしまいがちなのは頭皮の日焼け対策です。帽子を被ることで、頭皮の日焼け対策になります。

帽子で熱中症予防をしよう

熱中症の原因は1つではありませんが、体内の水分不足が関係していると言われいます。

帽子で日差しを防ぐことは、ハワイの強い日差しで汗をかいて熱中症になるのを防ぐことに繋がります。

帽子はケガの防止にもなる

ハワイではトレッキングなど山のアクティビティも豊富です。そのようなアクティビティを楽しむ時は、ケガの予防のために帽子を着用しましょう。

なお、帽子を選ぶ時は機能性に注目してください。おしゃれなデザインで選びがちですが、使用する場所や場面に合った素材・色・形から選びましょう。

日焼け対策には、紫外線防止の素材や形、熱中症予防なら風邪通しのよい素材や淡い色などがおすすめです。

大事な帽子の収納や保管場所はこうしましょう

直射日光を浴びると変色し、シミなどの原因になりますので、日の当たる場所へは保管しないでください。湿気や水分にも弱く変形やカビの原因になるので、風通しの良い場所に保管します。

帽子を箱に入れて保管する場合は、プラスチック素材よりも段ボールなど空気を通す素材の箱に入れましょう。

帽子の保管方法

  • ウールなど天然素材の帽子は、虫食い防止のために防虫剤と一緒に保管します。
  • 帽子の中に丸めた新聞紙などを入れて頭の部分が形崩れしないようにします。
  • 狭い場所に突っ込むように保管せず、ある程度空間に余裕のある場所に保管します。
  • ハットやツバが長い帽子は、そのまま置くとツバが変形する原因になります。筒状にした紙の上に置いて保管します。
  • 日常的に使う帽子は帽子スタンドやトルソーに被すようにして保管します。

なお、S字フックなどにひっかける収納方法をよく見かけますが、帽子の一部分に負荷がかかって型崩れや生地が伸びてしまう原因になる可能性があるので、あまりおすすめしない収納方法です。