畳に布団を敷きっぱなしは絶対NG!カビの宝庫になります

畳やフローリングの床に布団を敷きっぱなしにしている・・・ダメだとわかっていながら、ついついしている人も多いでしょう。

しかしそのままでいると、布団を捨てなくてはいけない事態になってしまうかもしれません。

畳やフローリングの床に布団を敷きっぱなしするのがNGだと言われる理由と、できてしまったカビの除去方法について説明します。

畳に布団を敷きっぱなしにしておくことは、絶対にNGです!

人は眠っている間にコップ一杯の汗をかく…と聞いたことはありますか?

その汗を布団は毎日吸っていることになります。

布団を敷きっぱなしにすると、その湿気が布団にこもり続けることになるのです。

布団に湿気が溜まってしまうと、布団の内部はカビにとって最適な環境に。

敷きっぱなしにすると、その下の畳や床までカビが生える原因になります。

特に畳に比べて通気性の悪いフローリングでは、より注意が必要です。

フローリングに布団を敷く場合は、毎日上げ下ろしすることは必須です。

ある程度の期間の療養や、介護が必要な状態で布団を敷きっぱなしにする必要がある場合には、スノコを使いましょう。

スノコを使えば、布団と床の間に風が通って通気性が改善し、より清潔な環境に近づけることができます。

畳やフローリングの床に布団を敷きっぱなしにするなら湿気対策を!

フローリングの床に直接布団を敷く、または敷きっぱなしにしている。

この2点に思い当たる人の布団は、湿気がこもってカビやダニの温床になっている危険があります。

どうしてもフローリングに布団を敷かなければならない環境の場合、直にではなくちょっと工夫するだけでも湿気対策になり、環境は改善されます。

布団の下に新聞紙やバスタオルを敷くだけなので、簡単に湿気対策ができますよね。

  • 新聞紙を敷く

新聞紙はどこのかていにもあり手軽ですし、最終的に処分するものですから、湿気対策に利用しましょう。

新聞紙は吸水力があるので、布団の下に敷くとしっかりと湿気を吸ってくれます。
ただし、毎日取り換えるのが大切です。

  • バスタオルを敷く

新聞と同じく布団の下に敷いて、使います。
何度も使えるという利点もあります。

畳に布団の敷きっぱなしはダメでもベッドなら良いと言われる理由は?

日本では布団を敷きっぱなしにする「万年床」は好ましくないとされています。

洋式のベッドは常に敷きっぱなしが当たり前なのに、なぜ布団の敷きっぱなしはダメなのでしょうか。

これは湿気を逃がすことができる構造であるかどうかが、ポイントなのです。

布団を毎日上げ下ろしして押し入れに片付けると、布団を敷いている場所は含んだ湿気を乾かす時間ができます。

でも最近の住宅構造では、押し入れなど布団をしまう収納スペースが少ないこともあり、敷きっぱなしになってしまうこともあります。

一方、ベットが敷きっぱなしでも問題がないのは、厚みのあるマットレスにその秘密があります。

厚いマットレスの内部は、空洞が多く湿気を外に逃がす構造になっているのです。

ただし、湿気を吸い取るベットパットを使用している場合、朝起きた後に掛け布団をかけた状態にしてしまうと、ベットといえど布団の中に湿気がこもりカビの発生リスクが高まります。

日本は欧米よりも湿度が高いので、ベッドも定期的に干すことをおすすめします。

フローリングに発生したカビを取るには?

気がつくと増殖しているカビ。一網打尽にしてやりたい!そんな時には掃除機で吸い取るか、それとも高圧洗浄機で一気に? いっそ塩素系の洗剤で根絶するのがいい?
ちょっと待って!その前にまず拭き取るのが先決です。

フローリングにカビが生えているのを発見したら、間違ってもすぐに掃除機で吸い取ったりしないでください。掃除機を使うと、廃棄からカビが空気中に飛散して部屋中にカビをバラまいてしまうことになります。

カビに対してアレルギーがある人などは、本当に最悪の事態。
まずはアルコールを使って拭き掃除です。

カビと言うと塩素系の洗剤や漂白剤を思い浮かべますが、フローリングや壁紙のような場所で使ってしまうと、脱色して色むらなる可能性があります。

殺菌作用もあるアルコールを使って拭き掃除をするのが鉄則。フローリングの脱色も起こりにくいメリットもあります。

布団専用のカビ取り剤を使ってもカビが取れない場合は?

布団専用カビ取り剤がおすすめ

エタノールや重曹など、一般家庭でしつこい汚れを取るときに使われるものでは、カビを完全に落とし切れず、黒い斑点が残ってしまうことがあります。

そんなときは布団専用のカビ取り剤を使うのがおススメです。

つい普段常備している漂白剤を使いたくなるところですが、布団カバーはよくても布団そのものにはNGです。

カビ取り剤は、ホームセンターなどで市販されているのですが、品ぞろえによっては在庫していない店が多いかもしれません。

そんなときはネット通販などを利用するといいでしょう。

困ったときはやはりプロのクリーニングへ

いよいよ布団を丸洗いする必要があるのか…と思ったら、やっぱりクリーニングに出すことです。
金額が高いと感じるかもしれませんが、布団を自分で洗って乾かすのは思った以上に大変です。長期間放置するとクリーニングでも落とせなくなり、結果的に買い替えるしかなくなるでしょう。

カビは作らない。カビたらすぐに対策することが重要です。