結婚式の招待状は事前に連絡をしてから送る!結婚式のマナー

結婚をすることになった皆さん、おめでとうございます!結婚式に向けて色々な準備で忙しく過ごしていることでしょうが、素敵な結婚式にするために頑張ってくださいね!

結婚式の準備をしているとき、色々とわからないことが出てくることもありますよね。結婚式の招待状を送る時は、事前に相手に確認や報告をしたほうが良いのかもその一つではないでしょうか。

そこで今回は、結婚式の招待状を送る時に気をつけたいポイントについてお伝えします!

結婚式の招待状を送る前に事前連絡をしたほうがいい?

結婚式の招待状を送る場合は事前に相手に連絡をしたほうが良いでしょう。

招待状を送る前には一言結婚式を挙げる旨を伝えてあげることがマナーです。
相手にもよりますが、方法は電話でもメールでも大丈夫です。

事前に相手に打診をすることでゲストの人数も把握できますし、相手も困惑させる事もありません。日時調整をしてもらえる場合もありますので事前に知らせる方がよいでしょう。

いきなり招待状だけ送られると、失礼であると感じる人も多くいます。

まして遠方で宿泊が必要な式の場合は、相手の予定も考えて事前に連絡すべきでしょう。

出席して欲しい人全員に打診する事は確かに大変ですが、ゲスト数も事前に把握できて段取りもスムーズになりますので、事前連絡をするようにしてくださいね。

結婚式の招待状・事前準備のポイント

結婚式の招待状を書く際、事前準備はしっかりしておきましょう。

まず、式の3ヶ月前にはゲストをリストアップして、事前に相手にも連絡しておきましょう。

住所も相手から聞いたりするなどして、招待状の送付先リストを作成しておくべきです。
リストには、新郎新婦でどちら側のゲストなのか明確にし、名前・ふりがな・住所・肩書き・関係性などを記しておけば、席次表を作成する際にも便利になってくるでしょう。

この際、住所や名前の間違いをしないように気をつけましょう。
相手の名前の漢字が間違っていたりすると失礼に当たりますので、事前にしっかり確認すべきです。

招待状の宛名を結婚式会場のホテルなどで、印刷してくれる場合があります。
もし自分で書く場合は以下のことに気をつけましょう。

招待状が横書きの場合は横書き、縦書きの場合は縦書きで書くようにしましょう。
数字は漢数字を用いるようにすると良いでしょう。

基本的には筆ペンなどで書く事が好ましいですが、最近ではパソコンで印刷することも増えています。
その際はなるべく手書きに近いフォントを選びましょう。

結婚式までに時間がない時の招待状は事前に出欠確認をしてから郵送を

もし結婚式を挙げることが急になってしまった場合、ゲストへの招待が急になってしまうでしょう。

招待状を出してその返信を待つ余裕もない場合があります。

そういったときはゲストに直接電話やメールですぐに知らせるようにしてください。と伝えましょう。

「急で申し訳ないのですが」という言葉は必ず沿え、日時や場所などを詳細にお伝えする事が大切です。

なるべく早めに返信をもらえるとありがたいという旨を伝えて、連絡を待ちましょう。

急な連絡になってしまうと予定が合わなかったり、遠方からのゲストの場合は宿泊が必要となる場合がありますのでそのことを考慮することが大切でしょう。

欠席になるゲストは多いかもしれませんね。

事前に連絡することすら難しいと言う場合は、招待状に急で申し訳ないという一文を付け加えて送ることを考えなくてはなりません。

結婚式の招待状を出すタイミングは?

結婚式の招待状を出すタイミングとしては、結婚式の2~3ヶ月前が良いとされています。
あまり遅いと返信するのにあたふたさせてしまいますし、早すぎるとゲストの予定がまだ決まっていなくて返信しづらくなってしまいます。

そして、招待状を出す日としては、消印日が「大安」や「友引」が良いとされています。
やはりめでたい行事なので、招待状は縁起の良い日に出したほうが好ましいでしょう。
あまり気にしないと言う人もいますが、親戚の方や上司の仲には気にする人もいますので意識して損はないでしょう。

そして招待状はポストに投函するのではなく、直接郵便局の窓口に持っていったほうが良いです。

ポスト投函だと、雨でぬれる可能性や折れたり曲がってしまう可能性も考えられます。

直接窓口にもって行けばそういった心配もないですし、消印日を確認することもできますので安心ですよね。

結婚式の招待状を送る時はこんなマナーにも気を付けて!

結婚式の招待状を送る際は以下のマナーにも気をつける必要があります。

  • 言葉遣いのマナー
    結婚式では「忌み語」と呼ばれる、別れや結婚を繰り返すような言葉を避ける必要があります。例としては、「戻る」「離れる」「切れる」「たびたび」などの言葉はタブーです。そして、「、」や「。」のような句読点も使わないことがマナーになりますので頭に入れて置いてください。
  • 差出人のマナー
    招待状の封筒の裏には結婚式の主催者の名前として、差出人を記入しましょう。
    昔は両家の親の連名で書く事が一般的でしたが、最近では新郎新婦の名前や新郎新婦の名前と両家の親の連名で出す事が多くなってきたようです。
  • 招待状を手渡しする時のマナー
    直接ゲストに招待状を渡す事ができる場合は手渡しで渡しましょう。
    その際は、招待状に住所は書かない事、のり付けをしない事、出席の返信用はがきには切手を貼ることがマナーとなります。