距離を置く期間は2週間がいいと言われるワケとメリットとは

最近恋愛が上手くいっていないと感じていませんか?

付き合いが長いのでマンネリ気味、ケンカばっかりなど原因は色々あると思います。

恋愛に疲れてしまったら、一度「冷却期間」を作ってみてはいかがでしょうか?

その間にお互いが色んなことに気付けるハズです。

距離を置く期間は2週間が目安?その真意とメリットをズバリ紹介します!

期間は2週間がいい?恋愛で距離を置く時に気づくこと

彼との恋愛に上手くいっていない、マンネリを感じて好きかどうかわからない、喧嘩が耐えない、そんな時は少し距離を置いて見ましょう。
その期間はどれくらいが適切なのか、2週間は期間をおいた方がいいと聞いた事があるけれど実際どうなんでしょう。
2週間期間を置いて距離を置いてみたと過程して考えてみました。

距離を置いて気づくこと

距離を置くと自分の悪い点に気がつく

あまり関係がうまくいってないと、とにかく相手の行動が目につき、相手のせいばかりして、自分の行動がどうなのか見えてないことがありますが、距離を置くことで、そこに気がつけることがあります。
付き合い始めと今の自分の行動を見直してみましょう。

距離を置くことで考える時間が増える

喧嘩ばかりしていたカップルだと、彼に会わない時間があることで気持ちも穏やかなときに、ゆっくり冷静に考える時間が持てます。
喧嘩や彼にたいして不満があるときはあまり冷静には考えられないはずです。

距離を置く期間は2週間以上がいい!

恋愛に関することが書かれている本によると、彼から距離を置いて欲しいと申し出があった場合、彼はもうすでに気持ちが冷め切っていることが多いそうです。

女性は不思議と彼から別れを告げられても、距離を置こうといわれても、連絡をすぐにとりたくなってしまうことってありませんか。
これに比べ、男性はもう気持ちが冷めているから、女性のそのような行動には少しウンザリなようです。

これこそが男性がいう「重たい女」なのかもしれません。

なので、距離を置く期間は最低でも2週間~と設定し、彼の気持ちも落ち着き冷静に考えれるようになるまで待ちましょう。
「やっぱりあいつじゃなきゃダメだな」なんてことの期待が少しでも高まる可能性があるのではないでしょうか。

2週間の期間距離を置くことで成功したカップルの例

ここでは2週間距離を置いたカップルが成功した例を挙げます。
どちらかが、距離を置こうと提案してきたときは、少し冷静に考えたいという時です。

この場合は、女性の方から申し出し、彼がその心境を受け止め距離を置いたそうです。
1週間待って連絡がこなかったので、彼が彼女を察し、連絡するタイミング、きっかけが掴めないのではないかと考え、2週間と彼なりに期間を決め、2週間経ったころに連絡をしたそうです。

彼女は相手に対する思い、自分の彼に対する言動はどうだったのか、冷静に考える時間をもてた事で修復につながったそうです。
彼女にとって2週間という期間は短すぎず長すぎず、ちょうど良い時間だったそうです。

彼女の意見を受け入れ彼女を思いやる気持ちにはやはり彼女も折れそうになりますよね。彼の優しさがより一段と伝わったのではないでしょうか。

このように相手を思いやる気持ち、受け入れる心を忘れないことが大切なんですね。

「距離を置くって微妙」と思う人がいるかもしれませんが、そんな時は無理に曖昧な関係を続けるのではなく、別れを切り出してみるのもいいのではないでしょうか。

重要なのは冷静に、真剣に、ゆっくりと考えられる時間の確保ですね。

距離を置く期間はどのくらいがいいか。1週間や1ヵ月は?

2週間程度、期間を置くことが理想とされていますが、1週間や1ヵ月ではどうなんでしょう。

少し喧嘩したくらいなら1週間は良いかもしれませんが、距離を置く選択があるということは、少なからず別れを意識していますよね。
将来を踏まえて考えていくため、やはり2週間くらいは必要なのではないのでしょうか。
最初の週の思いと2週目の思いでは異なってくることがありますよ。

さらにこれが1ヵ月距離を置くとなると、連絡しずらい雰囲気になる、もしくは期間が開きすぎて合間に連絡取り合いなぁなぁな関係が継続してしまうことがあります。
最悪は気持ちが冷めてしまうなんてこともありえそうですね。

考え直したうえで、「やっぱり彼がいい」となると、やはり1ヶ月は長いように気がします。
逆に彼が待ちきれず遊びに走ってしまう傾向にありますので、期間を空けすぎた彼女に問題があったと思われても仕方がありませんね。

あくまでも彼を待たしているという謙虚な気持ちを忘れずに過ごしましょう。

距離を置く冷却期間にしてほしくないこと

距離を置いている間に相手にして欲しくない行動。
その行動の内容には関してはさほどの大きな違いはありませんでした。

  • SNSで関わりを持とうとしてくる
  • なにかと連絡をしてくる
  • 会いたいなど寂しさをアピール
  • 共通の友達などに自分の状況を聞きだそうとする
  • 家に遊びにくる

お互いとにかく構われるのが嫌な様子ですね。

「重たい女」そして「未練たらしい男」にならないようにお互いに気をつけていきましょうね。
待っている方にとったら会えなくて連絡もとれないとなると好きな気持ちが高まることもあるかもしれませんが、相手の気持ちを受け入れることも愛情の1つですので、しつこくアピールするのはやめましょう。