彼氏に重いと言われたときの対処法と愛される女性になるには

彼氏に愛が重いと言われたら、あなたはどうしますか?これからも彼氏と付き合っていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

では、彼氏に重いと言われた女性の特徴とはどのような女性なのでしょうか?

また、関係を修復するためにも彼氏に重いと言われたときはどうしたらいいのでしょうか?対処法とは?

そこで、もっと愛される女性になるためにも、彼氏に重いと言われたときの対処法などについてまとめてみました。

彼氏にあなたの愛が重いと言われたときは

彼氏に重いと言われて、初めてその事実に気が付くといった彼女も多いでしょう。
自分では、わざと重くしようとしているわけではないのですから。

あくまでも普通にしていたのに、結果として重いと言われてしまったら、どのようなことに気を付け改善していくといいのでしょう。

重いと言われる理由として、いろいろなことが考えられますが、束縛をされると誰でも共通して重いと感じるようです。

会う約束の頻度が多かったり、会えないときの連絡が多かったり、彼氏の時間や自由を結果として奪っていることもあります。

好きだからこそ会いたいし、連絡も取りたいという気持ちをそのまま表現していただけですが、彼氏にとっては重いことだってあるのです。

彼氏も必死でその気持ちに答えようとするでしょうが、少しずつ負担を感じて最終的には限界が来てしまいます。

そうなると、あなたからの愛情が彼氏にとっては脅威に感じることだってあるかもしれません。

自分自身の時間を有効に過ごしてみたり、彼氏から少し離れて過ごす時間も時には必要かもしれないですね。

彼氏に重いと言われた女性の特徴とは

彼女の性格によっても、重い女になりがちな傾向があります。

  • すぐに結婚など、未来の話をする
  • 約束事が多い
  • 連絡の頻度が多い
  • 毎日でも会いたがる
  • 携帯の内容を見たがる
  • 行動を制限したり、干渉する

確かに聞くだけで、重くなる要素がわかりますね。

どの特徴も、彼氏のことが好きだからこそだということもわかります。
好きな気持ちが強くないと、このような行動にはならないですからね。

結婚の話をすることだって、タイミングが大切です。
長く付き合ってきて、お互いに結婚を意識してくるタイミングでの話だと、同じ方向を向いて話すことが出来ます。

しかし、付き合って間もないお互いのことをこれから知っていくような時期に、結婚と言われてもピンと来ないはずです。
同じ方向を向いて話が出来るはずがありません。

好きだからこそ会いたいし、連絡も取りたいでしょう。
しかし、あなたにとっては空いている時間だとしても彼氏にとっては予定がある時間かもしれません。

あなたのペースで、必ずしも一緒に過ごせるわけでもありません。

彼氏のことが好きで、思いやるからこそそっとするということが大切なときもあるものです。

彼氏に愛が重いと言われたときの対処法は?

彼氏に重いと言われてしまったら、まずは重い部分を早急に改善しましょう。

重くならないためにも、適度な距離は必要です。
彼氏にも自分の時間を大切にする必要があるように、あなたも自分の時間は大切です。

彼氏のことばかりになって、他のことがそっちのけになっていませんか。
彼氏と距離を持つからこそ出来る、たまの部屋の掃除や友達との時間を増やして、充実した時間を過ごすことも大切です。

一緒に過ごしているときも、干渉したり、尽くすことを控えてみましょう。
自分の中では、少し放置し過ぎかな?と感じるくらいでいいです。

いちいち行動パターンや、好きかという気持ちを確認されることに疲れているかもしれません。
何でも彼氏の身の回りのことをしてあげたいかもしれませんが、彼氏にとってはそこが重く感じるポイントかもしれません。

一緒にいる時間も適度な距離を大切にして、一歩引くような気持ちで接しましょう。

彼氏に重いと言われたら?関係を修復するためには

彼氏に重いと言われるまでは、きっとあなたの生活は彼氏が中心になっていたのではないでしょうか。

仕事中も彼氏のことを考え、休憩や少しでも時間が出来たら連絡をしていませんか。
朝起きてから、夜寝るまでの行動を報告し、彼氏の行動も報告してほしいと望んでいませんでしたか。

あなたの時間を全て彼氏のことで埋め尽くしていたはずです。
彼氏はそのようなことは望んでいなかったはずなのにです。

きっとこの積み重ねで、彼氏はだんだん重く感じてしまったのです。
重いことが原因で、気持ちが完全に離れてしまうことだってあります。

もしまだ修復の可能性があるのなら、今一度自分のことを見直してみて下さい。

あなたの人生や時間、生活は彼氏のものではありません。
あなた自身のためにあります。

彼氏とのことだけを考えるのではなく、自分のことや友達のこと、家族のことに考えや時間を向けることで今までにはなかった充実感が生まれるかもしれません。

充実したあなたに、彼氏も今までには感じることが出来なかった新たな魅力を感じるきっかけになるかもしれません。

関係修復、今後の良好な関係維持のために少し立ち止まって考えてみましょう。

もっと愛される女性になるためには

前向きな意味で、彼氏にこだわることをやめてみましょう。
彼氏への気持ちを変えるということではありません。

彼氏との結婚ばかりにこだわらないようにしたり、プライベートの時間を彼氏と会うことや連絡を取ることだけに使わなくても問題ないと考えるのです。

適度な距離を持つことを意識して、彼氏の時間も邪魔しないような彼女だと自分を理解してくれている存在だと感じてくれるでしょう。

距離を持つからといっても疎遠になるわけではないので、心配する必要もありません。

心地よい距離感の中で、彼氏の考えを受け止め、いつも笑顔で接してくれる彼女なら彼氏も長く一緒にいたいと思うはずです。

彼氏を束縛したり、制限したりしなくても自慢の彼女だと思ってもらえたら、自然と彼氏も自分の話をしてくれるようになるはずです。

重い彼女から、愛される彼女になりましょう。