喪中で結婚式の招待状が!出席はNG?喪中の時の結婚式マナー

喪中の期間なのに結婚式の招待状が届いた場合、結婚式に出席しても良いのか悩みますよね。昔から、喪中の期間はお祝いごとを避けた方が良いと言われていますが、これは一体どうしてなのでしょうか。

喪中の期間に結婚式の出席を控えた方が良い理由は?出席はNGなの?欠席する時はどんな風に欠席連絡をすればいい?

そこで今回は、喪中の期間に結婚式の招待状が届いた時、出席を控えた方が良い理由や欠席の連絡について、ご祝儀やお祝いについてをお伝えします。

結婚式の招待状が届いた!喪中のときは出席を控えた方がいいと言われる理由

日本においては古くから、喪中にはお祝い事を避ける風習があります。あなたが喪中であることを知らない相手から結婚式の招待状が届いた場合、どのようにしたら良いのでしょうか?

喪中とは、近しい親族が亡くなったあと、個人を偲び、遺された家族が悲しみを乗り越えて日常生活を取り戻すまでの期間のことです。一般的には、亡くなってから四十九日までを忌中、以降は亡くなってから1年間を喪中と考えられています。

古来よりこの国では、死=忌まわしいものとして捉えられ、遺された家族や親族がある程度の期間身を慎むことで、忌まわしいものを遠ざけ、身を清められると考えられてきました。この考え方が喪中として今も残っているのです。

現代においては、亡くなったのが親兄弟などのよほど近しい間柄でなければ、忌中を過ぎていれば結婚式への出席までは控えなくても良いのではと考える方も多くなってきたようですが、個人個人の考え方にもよるところが大きいので、お祝い事に出席する際にはあらかじめ、その旨を伝えて了承を得てからにしたほうが良いでしょう。

結婚式の招待状が届いても喪中の時は出席しない方がいい?

喪中の期間に結婚式への招待を受けても、大切な家族や親類を亡くした悲しみが癒えていない状態では、せっかくの門出を心からお祝いしてあげる気持ちになれないかもしれませんよね。そのような場合は、ムリせずに欠席したほうが良いでしょう。

ですが、これから結婚式をあげる人もあなたにとってとても大切な存在なのであれば、その人の幸せを願ってあげたいと思うもの。忌中も過ぎてすでに気持ちの整理が出来ており、ぜひ結婚式に出席したいと思うのであれば、招待者側に事情を説明してから、出席しても良いのか相談してみると良いですね。

これらは宗教や地域の風習によりますが、喪中の人が結婚式へ出席することに対して、縁起が悪いからと快く思わない人がいる可能性もありますので、事前に相談してお伺いを立てておいたほうが良いでしょう。

喪中に結婚式の招待状が届いた!喪中の期間はどのくらい?

一般的には、親族がなくなってから四十九日までを忌中、それ以降の亡くなってから1年間を喪中と考えられていますが、亡くなった方と自分との関係性によって、喪中の期間は異なるようです。

自分からみて両親や配偶者、子供を亡くした場合は1年間、兄弟や祖父母では半年間ほどを喪中とする場合がほとんどですが、最近では同居していない祖父母に関しては喪中扱いとしない場合も増えているようです。

かつての日本においては、服忌令(ぶっきりょう)という法律によって服喪期間を明確に定めていました。この法律は昭和22年に廃止されましたが、以降も喪中の期間やこの時期においての慎むべき行動などを厳密に守り続けているご家庭が多い地域も存在します。

また、叔父や叔母が亡くなった際には喪中としないことが多いですが、故人との関係性にもよるところが大きいので、一概に言えるものではありません。

喪中で結婚式を欠席する時の欠席理由は?

結婚式の招待状が届いたが、喪中であることを理由に欠席する場合でも、欠席理由を正直に書く必要はありません。結婚式という晴れの舞台に際して、喪中という言葉を使ってしまうことによって、相手にも無用な気遣いをさせてしまいますし、あまり縁起の良い話ではないので、あくまで「やむを得ない事情のため」とするほうが無難です。

招待してくれた方が親しい間柄の方であれば、事前に招待状を送っても良いかどうかの確認の連絡があることも多いので、メールなどの文面に喪中という言葉を使うことは避け、電話で直接伝えたほうが良いでしょう。

また、招待状が届いた場合でも、喪中であることを承知のうえで、招待状を送ってくれているのであれば、出席するかしないかはあなたの気持ち次第なので、自分で出欠を決めて良いと思います。

また、結婚式への出席を予定していても、急に身内の不幸があって欠席せざるを得ない場合もありますよね。その場合は出来るだけ早めに欠席の旨を伝えますが、この場合も欠席の理由は明確にする必要はありませんので、やはり「やむを得ない事情で」と伝える程度に留めましょう。

喪中で結婚式に出席できない時のご祝儀やお祝いについて

喪中を理由に結婚式を欠席する場合でも、やはりご祝儀は送るべきでしょう。この場合は、忌中(亡くなってから四十九日)を過ぎてからにするのが原則です。相手が喪中であることを知らないのであれば、このタイミングで欠席した事情を説明すると良いでしょう。

また、あらかじめ欠席の連絡を入れる際に、ご祝儀を渡すのが後になってしまうことを忘れずに伝えておきます。上手く説明出来そうになければ、「家族の事情で、後日あらためてお祝いさせていただきます」などとぼやかしておくと良いかもしれません。

直接会って渡すのがベストですが、難しいようであれば、忌中が明けた段階で早いうちに、手紙を添えて現金書留で送ります。

ご祝儀として送る金額ですが、結婚式直前のキャンセルであれば、本来当日に渡す予定と同額を、結婚式より2週間程度前であればその半額を、それ以前であれば、相手との関係性によって金額を決めても良いですし、親しい間柄であれば何かプレゼントとして送っても差し支えないでしょう。

結婚式当日に祝電を送る際は、喪中や忌中であることがわかる表現は避け、あくまでお祝いの言葉だけにしましょう。