ご祝儀の金額【親友】はどのくらい?目安はだいたい〇万円

親友にご祝儀を渡すときの金額とは?親友の場合は、ご祝儀の金額もアップするものなのでしょうか?こんなことを基準にするのもおすすめです。

ご祝儀の金額の目安は、〇万円ですが親友の場合は相場にプラスするのもいいかもしれません。

結婚式に出れないときにはご祝儀とお祝いの品を送ると喜ばれるでしょう。親友に渡すご祝儀の目安について紹介します。

親友にご祝儀を渡す時の金額とは?友達と親友の違い

友達が結婚する時、いくらくらい包むのが良いのでしょうか?
特にその友達とは「親友」と言えるほどの仲だったら、多めに包んだ方が良いのかと迷いますよね?

一般的に友達の結婚式で包む金額は3万円が多いです。
「親友」の場合には意見が分かれるところです。
3万円にするケースと、5万円包むケースです。

結婚式では割れない数が好まれます。
ですから、たいていは3万円か5万円で悩むようです。

5万円にする方の中には、「割れない」という意味以外に「ご縁がありますように」という意味も込める方がいらっしゃいます。

また、3万円を包む方は、周りにそろえて包むが額は「3万円」にしても、ご祝儀とは別にプレゼントを渡すケースが多いようですね。
ですから、結果的には5万円近くなっているのではないでしょうか。

それだけの金額をご祝儀に包んでいたら、親友の方にはお祝いの気持ちがしっかりと届くことでしょう。

ご祝儀の金額は親友であっても3万円が相場

親友へのご祝儀の相場は3万円~5万円ほどです。
ただし、それは披露宴に出席する場合です。

最近では結婚式や披露宴は親族だけで小さく行なうケースも多いです。
そういった場合には、披露宴の食事代は不要になります。

披露宴に招待されていない場合の友人へのご祝儀は、3千円~2万円が一般的な相場です。
ご祝儀は自分の経済力や新郎新婦とのお付き合いの深さを考慮して金額を決定するのが一般的です。
「親友」だからという事であれば、相場に少し上乗せして特別感を出すのも良いでしょう。

ただし、包みすぎるのも考え物です。
あなたが未婚の場合には、いずれ結婚した時に親友は同額を包むが礼儀です。
そういった場合に、多すぎる金額は相手の負担となるかもしれません。

ですから、基本的には相場の上限を目安に考えるのがおすすめです。
他の友人との差別化をはかりたい場合でも、プラスαする金額には注意が必要です。

また、あなたが先に結婚式をしていてご祝儀を頂いている場合には、その額と同額が良いとも言われます。
そういった事も考慮しつつ、金額を決めましょう。

親友へのご祝儀の金額 夫婦で渡す場合は?

親友の結婚式でご祝儀を用意するときに、夫婦で渡したい場合には連名で渡すことになります。

夫婦連名で渡すときには、2人分のご祝儀を包む事のが一般的です。
これは家族で参加する場合にも同様です。
「1人分×人数」を基本に金額を考えましょう。
それぞれの新郎新婦との関係性や家族構成によっては、金額を減らす場合もあります。

結婚式のご祝儀は、新郎新婦とのお付き合いの深さによって金額を考えますが、ご自身の年齢や立場なども考慮する必要があります。

新郎新婦よりもゲストの方が年齢が上の場合には5万円~10万円が相場です。

1人で渡すときには3万円が相場なので、6万円をご祝儀としてお渡ししたい場合には、偶数なことが気にかかりますよね。
そういった場合には、5万円をご祝儀として包み、1万円程度のプレゼントを用意するという方法もあります。
この方法は「少し金額が足りないかな。」と思うような時にも使える方法です。

ご祝儀やお祝いの品は貰った金額を目安にするのもアリ

親友はもちろん、友人や家族・親戚などの結婚式に出席する場合には、ご祝儀をお渡しするのが一般的ですよね。

そして、たいていはその金額に頭を悩ませます。

もし、自分が先に結婚しているなら、そんなに深く考える必要はあります。
自分の結婚式の時に頂いたお祝いと同額にするのが一般的です。

また、自分の時には披露宴をしなかったけど、友人の結婚式では披露宴にも誘われている場合には、頂いたお祝いの額に披露宴のお食事代を足した金額を目安にすると良いでしょう。

また、頂いたご祝儀と同額を包み、他にプレゼントを用意するというのもよくあるケースです。

包むご祝儀の額が、頂いた額よりもあまりにも少ないと印象が良くないのは言うまでもありません。
しかし、逆に頂いた額より多すぎるのも相手が恐縮してしまいます。

ご祝儀の金額に合わせてご祝儀袋を変えよう

ご祝儀を用意するときに、金額ばかりが気になっていませんか?
ご祝儀を用意するときには、ご祝儀袋の事も忘れてはいけません。

結婚式で使うものは、金銀や紅白の10本の水引で「結びきり」のものを選びます。
「結びきり」に一度だけという意味が込められています。

表書きには「寿」や「御結婚御祝」「御祝」などの表書きを選びます。
「御結婚祝」と4文字の場合には、人によっては不愉快に思われる方もいるので注意が必要です。

お店に行くとたくさんのご祝儀袋が並んでいます。
豪華なものに目が行ってしまいますが、ご祝儀袋は包む金額によってご祝儀袋の格が違います。
包む金額に見合わないご祝儀袋はバランスが悪いだけではなく、豪華な袋に少ないご祝儀というのは失礼にあたります。

たいていは包む金額の目安が記載されていますから、それを目安にご祝儀袋を選びましょう。

また、入れるお札は新札がマナーです。