同棲をしていて別れたい場合、お金はどうなる?別れた後について

同棲をしていて別れたいと思ったときに、すぐに離れられるかどうかはお金があるかないかにかかっている!?

何か理由があって、別れる場合はその理由プラスお金の話し合いとなるでしょう。お金の貸し借りがあった場合はどうしたらいいのでしょうか?

同棲をしていて別れたいときに起こすべき行動や、別れた後のお金について紹介します。

同棲中に別れたいとなったらやっぱりお金で揉めやすい!

同棲をしていたカップルが別れた場合、やはりトラブルになりやすいのがお金の問題。

一番平等だと思うのが、お互い同意のもと住んでいた家を引き払い、違約金など全て折半しお互い新たな場所で生活するのであれば、互いに文句はないかもしれません。

ですが、だいたいはどちらかが家を出て行く形が多いでしょう。
円満別れの場合は、家電、家具、結婚のために2人で溜めた貯金などの問題は話し合いの末行われることがあるとおもいます。
しかし、どちらかの一方的な別れの場合こそ、お金のトラブルは付き物といえるでしょう。

付き合っているときは私(俺)がほとんどお金を出して生活していて、そっちの一方的な別れなのになんでお金は平等なの?
そっちが多く出してよ。

なんて言い合いはまれなことではないでしょう。
まさに金の切れ目は縁の切れ目ですね。

こんなことにならないためにも、結婚をしていないのであれば、同棲してもお金は全て折半で生活していく事が無難でしょう。
そして感情的な別れであっても、話し合いの場は必ず持って納得がいくように決着をつけましょう。

同棲していて別れたい!お金がかかるのはどっち?

同棲して別れる場合は家がどっちの名義かによってお金の負担に大きく差がでてくると思います。

もし、あなた名義のお家であれば、その家に残れる確立が高くなります。
別れを迷っているなら、すぐに別れを切り出しても問題ないでしょう。
ここで忘れてはいけないのが、今まで折半だった家賃を全部あなたが負担しなければいけなくなります。

家が相手名義であれば、あなたは出て行かないといけないでしょう。
別れを切り出した時点であなたの住む場所がなくなります。
実家に帰りますか、それとも新たなアパートを探しますか。

もし余裕があるのであれば、気持ちを落ち着かせて、新たな物件探し、もしくは資金を貯めてから家を出ると安心ですよね。
自分から別れを切り出したのであれば、居座るにも申し訳ないし、気まづいですよね。
事前に別れの準備をしておきましょう。

同棲中に別れたいと思ったらまずはお金を貯めよう!

前述で述べたように、別れて家を出て行くのであれば、まずお金を貯める必要があります。
新たな物件にかかる費用だけではなく、家具、家電はどうするのかも考えなければいけません。
もし相手の家に全て置いてくるとなれば、あなたが1から揃えなくてはいけません。
1人暮らしをする最初の費用だけでもかなりの金額が必要です。

別れの理由によっては感情的になってしまい、すぐ別れを切り出したいかもしれませんが、後先を考えて行動するようにしてくださいね。

彼といるのが苦痛で仕方ないのであれば、一緒にいてもストレスになってしまいます。
実家が近ければ親に相談し少しの間実家にお世話になるというのも手ですよね。

ですが、親に心配かけたくない人がほとんどだと思います。
なるべく自分の力でどうにかしようと思うのが大人です。

少なくても貯金していくことが大切です。

相手の浮気や問題で別れるのであれば、少しくらい相手に請求したって罰はあたりません。

同棲していた相手から引越し費用を請求されたときは?

同棲をしていて、円満別れをしてお金のトラブルもなく同棲を解消し別れたのに、後になってから、「やっぱり引っ越すから」「思い出すからここの家に住んでいたくない」とお金を請求される事が、実際に少なくないそうです。

このような場合はどうすべきなのか迷ってしまいますよね。

もし、別れた原因が相手にあるのであればお金を払う義務はありません。
しかしあなたが少しでも、相手に対して思い入れがあったり、感謝や申し分けなさがあるのであれば、お金を出しても問題ないでしょう。
あなたがお金を出す事で、大金や余分なお金まで請求してくる悪質な場合も否めません。くれぐれも相手の罠には引っかからないようにしましょうね。

この時は可能であればいさぎよく対応しましょう。
待たせると、グズグズと関係が続いてしまうことがありますので出来る限り早めに対応してください。

同棲していた相手と別れた場合にお金は返してもらえる?

同棲するほど仲の良いカップルだとしても、極力付き合い中のお金の貸し借りはやめておきましょう。

別れは突然起こるかもしれません。
喧嘩別れ、一方的な別れ、そんな時にお金に関してはとてもトラブルになりやすく、返ってこない場合があります。
むしろ、そこまでして口も聞きたくない、会いたくない、連絡もとりたくないと思ってしまうなら返ってくる手段もなくなります。

大金であれば、法的な処置だってありえる話ですが、それにもお金がかかりますし、最初からお金の貸し借りはなく、娯楽、外食以外の生活費は折半しておくほうが、トラブルの確率は減ります。

仲良く付き合っているうちは、こんなこと夢にも見なかったというお金に対して相手の悪質部分が見えたりすることも、少なくないのです。