男が喜ぶご飯のオススメメニューや彼氏の胃袋を掴むポイント

男が喜ぶご飯と言ったら、人気のメニューはどのようなものなのでしょうか?

やっぱり彼氏のために手料理をふるまえる彼女の方が好感度はアップしますよね!

では、男が喜ぶご飯の人気メニューやレシピとは?また、男心と胃袋をゲットするための知っておきたいポイントとはどんなこと?

そこで、男が喜ぶご飯のオススメメニューや彼氏の胃袋を掴むポイントなどについてご紹介致します。

男が喜ぶご飯を作って彼氏からの好感度アップ!

男が喜ぶご飯って?それは一概には言えません!彼の好みをリサーチする事が大切です。

普段食事に一緒に行くときは和食と洋食、どちらを好んで食べているのか?どんなメニューが好きだといっていたか?会話の内容などを思い出してみましょう。

また彼に直接聞いてみるのもいいですね!

ご飯を作るけど、おかずは何がいい?そんなあなたの問いかけに、あなたへの高感度は一気にアップする可能性大です。

また料理を作る時には、彼がこたえたおかず一品だけでは、どんなに心を込めて作ったとしても寂しい食卓になってしまいます。

栄養のバランスを考えて、野菜などの副菜を用意すること。また洋食ならスープ、和食なら味噌汁といったように汁物の用意も忘れずに行ってください。

さらに高感度がアップしますよ!

男が喜ぶご飯の人気メニューとは?

彼氏の食の好みが分からなかったり、直接聞いて見ても何でもOK!と言われてしまうことも。

こうなると、何を作っていいのか迷ってしまいますね。

そこで一般的にはどのようなおかずを彼女が作ってくれると、男性は喜ぶのか?もし、弟や兄など男性の兄弟がいる方は、参考にしてみてください。

若い男性なら肉料理を好むか方が多いですよね。唐揚げやとんかつなどは定番といってもいいでしょう。

次に和食なら、肉じゃがや卵焼き!まさに家庭料理です。

もし料理に自信がないのなら、定番中の定番、誰もが好きなカレーを作ることをオススメします。

カレーなら、調理実習でも作った事があるはず!失敗もなかなかしない料理の一つです。

お肉を一杯入れたり、ゆで卵を付けたりなどボリュームをアップさせると、彼も満足してくれるはず!カレーにも彩りのよいサラダをつけると、見た目も違ってきますね!

男が喜ぶのは、やっぱりご飯が進むメニュー!

男性がご飯のおかずとして喜ぶのは、やっぱりご飯が進むメニューなんです。

唐揚げも定番で良いのですが、同じ鶏肉を使うのならチョット料理が出来る感を出して、チキン南蛮やタンドリーチキンなどもオススメですよ。

また定番料理は母親の料理と比べられてしまうかもしれませんが、チキン南蛮などは味がハッキリしているため、比べにくい、味付けに失敗しにくい料理です。

もし自信がない場合はチキン南蛮ならマヨネーズ、タンドリーチキンならカレー粉でごまかすことが可能ですし!

油を使用するのが苦手な方は、電子レンジで作れるチキン南蛮のレシピなどもあります。
もちろんタンドリーチキンなら焼くだけなので、油を使わずに作る事が出来ますよね。

どちらも失敗しにくい料理ですが、彼に披露する前にまずはお家で予行練習をすることをお忘れなく、手際のよさも料理をしているかどうかが、すぐに分かるポイントですから注意をしてください。

料理の感想で彼の結婚感もわかるかも!?

男性に料理を作ってあげて、おしまいではありません!食べる時の気遣いで、彼がどんな男性なのか確かめることも出来ます。

例えば母親の料理と比べるような男性は、デリカシーにかけている事が分かります。またマザコンかも?と探りを入れてみてもいいですね。

また料理の感想を聞くまで口に出さない男性も、気が利く男性だとはいえません。密かに女性が料理を作れるのは当たり前だと思っていたり、普段から料理に対して関心がないということも考えられます。

逆に料理の感想をすぐに口にする男性は気が利く男性ですよね。

そして感想について、色々と考えながらこたえてくれているな?!と感じたら、人の気持ちになって、どういわれると嫌な気持ちになるか?楽しい嬉しい気持ちになるかを考えて話せる、周りに気遣いが出来る男性だと感じます。

料理は彼に作ってあげるだけではなく、彼の性格を深く知るチャンスにもなります。ぜひ注意深く観察してみてください。

料理初心者でも大丈夫!知っておきたいポイント

彼氏に料理を振舞う時に気になるのは、料理の味や見た目!と言う方が、ほとんどですよね。

もちろん、それが一番重要です!しかし他にも抑えておきたいポイントがあるんです。

まず一つ目はスピード、どんなに美味しくて見た目がきれいな料理でも、出来上がりに何時間もかかってしまうと、待ち疲れしてしまいます。

中にはお腹がすきすぎて不機嫌になってしまう男性もいるはずです。これでは一生懸命料理を作ったのに、テーブルに着いたときには変な雰囲気が漂ってしまいますよね。

凝っていて時間が掛かる料理よりも、短時間でササッとテーブルに料理を並べられるほうが、いつも作りなれていて料理が上手なイメージがあります。

ぜひ料理を作るスピードにも注意をしましょう。

その他にも料理を作りながら、後片付けができるのもポイントアップです!料理が出来た後の台所が洗い物の山では、いつも料理をしていないのがバレバレです。

煮物をしている時間、お湯が沸くまでの時間を使って、洗い物も済まして台所をきれいにしながら料理することを心がけてください。

そして最後はエプロン!やっぱりこれをするとしないとでは、可愛らしさが違います!

彼ごのみのエプロンを付けて、料理をするのもポイントが高くなります。

料理意外にも、こんなところに注意をして料理をして下さいね!