断り方で友達にドタキャンと思われないためのコツと対策

友達と前から約束していても、なんだか気が乗らなくてドタキャンしたいときもありますよね。

では、友達との約束をドタキャンするときにはどんな断り方をしたらいいのでしょうか?誠意が伝わる断り方のコツは?

また、ドタキャンの理由によっては今後の関係性も変わってくるかもしれません!ドタキャンしないための対策とは?

そこで、断り方で友達にドタキャンと思われないためのコツと対策についてもまとめてみました。

友達との約束をドタキャンするときは?断り方のコツは?

みなさんは友達にドタキャンされたことはありますか?

ドタキャンされると、少なからず「怒り」の感情が出てきますよね。
友達をなるべく嫌な気持ちにさせないためにも、断り方はとても重要となります。

気持ちが伝わる断り方のポイント

  • ドタキャンの連絡を入れる際は、速やかにすること。
  • どういった理由にしろ、本心で謝罪をすること。
  • 今後の関係性も考えるのであれば、理由にも気を配ること。
  • お金に関わることは、しっかりと対応すること。

基本的に、断るときには連絡は速やかに入れ、また連絡を入れる際は、どういった理由にしても約束を破ってしまうことに変わりはありませんので、心から本心で謝るようにしましょう。

ドタキャンする際の理由ですが、素直に理由を教えてもらった方が良いと思う人も居れば、うまく隠して言って欲しいと思う人も居ます。

その友達との仲の深さなど関係にもよりますが、相手を傷つけないために時には、理由を置き換えるのも一つの手段です。
ですが、嘘をつくことは信頼関係に亀裂が入るリスクもありますので、その点も忘れないように。

またお店などを事前に予約していて、キャンセル料などお金に関わるような場合には、負担するようにしましょう。

友達との約束をドタキャンする断り方は?

ドタキャンする際の断り方で悩む人も多いのではないでしょうか。

一番ありがちな断り方は、「仮病」です。

女性特有な理由としては、生理痛がひどくて行けないという断り方があります。
他にも風邪を引いてしまったなど、身体を壊している人に無理に来てという人は少ないでしょう。

また社会人であれば、「仕事が急に入ってしまい出社しなければいけなくなった」という理由もあります。友達も同じ社会人であれば、受け入れてもらいやすい理由なのではないでしょうか。他にも、ペットの体調が悪いなどの自分の身の回りで起きた問題を理由にする場合もあります。こうした場合は、その理由によっては疑われてしまう可能性もありますので、注意が必要です。どういった理由で断るにしても、連絡は速やかに入れ、しっかりと謝罪をすることが大切です。

友達との約束をドタキャンしたいときは、こんな断り方も!

ドタキャンをする際に、友達のことを配慮して嘘をつくのも一つの方法ですが、他の理由が思いつかなかったりするときは、素直に思いのまま気持ちを伝えるのも一つの方法です。

ですが、この方法は「遊ぶ気になれない」などという自分勝手な理由での断り方となり、友達に与える印象は少なからず良いものとは言えません。

ですので、友達との今後の関係性に大きく関わります。

長年の付き合いでお互いの性格を理解し合っている友達であれば、素直に伝えるのは問題ないかもしれませんが、友達との関係が悪くなるかもしれないということを頭に入れて断るようにしましょう。

しかし一方で、極力関わりたくない友達であれば、素直に思いのまま断ることが距離を保つ良い機会になるかもしれませんね。

ドタキャンの理由によっては今後の関係性も変わってくるかも!?

今後の関係性を、良い方向にするか、悪い方向にするかは、ドタキャンの理由によって大きく変わります。

ドタキャンする理由は、本当に断らなければいけない状況にいる場合や、気が中々乗らないなど、その人によってさまざまな理由があると思います。

中には、ドタキャンする理由を何も言わない人も居ますよね。

ドタキャンするときに何も理由を述べない人は、理由を述べる余裕がないか、約束に対してそんなに深く考えていないなどが考えられます。

今後の関係性を良く保ちたいのであれば、ドタキャンの理由も大切ですが、その後の対処により変わります。

ドタキャンされて、「本当にごめん!」とだけ言われるのと、「本当にごめん!次いつ空いている?その時にお詫びさせて!」と言われるのでは、相手への印象は大きく変わります。

ドタキャンする理由、ドタキャンしたことへの謝罪はとても大切ですが、今後の関係性を良く保ちたいのであれば、相手のことをより配慮した対処をするように心がけましょう。

ドタキャンをしないための対策とは

ドタキャンしなくて済むのであれば、それにこしたことはありませんよね。

なぜドタキャンをしてしまうのか?その理由の中で、「寝坊をしてしまった」「予定を忘れていた」「気乗りしなかったけど約束をしてしまった」という理由が多いと言われています。

寝坊をしてしまう人の対策法

どうしても朝が苦手で寝坊してしまう人は、自分の起きられる時間に合わせてもらい約束をする、携帯のアラーム機能や目覚ましなどを利用し起きる努力をするなどの対策をするようにしましょう。

予定を忘れてしまう人の対策法

約束している日の前日や2日前など、事前に友達に確認するようにしましょう。
また携帯の機能を使い、スケジュールを知らせてくれるように設定するなど、常に身近にあるものを利用するのもオススメです。

気乗りのしない約束をしてしまう人の対策法

これに限っては、最初から約束しないのが一番です。
約束をしなければ、悩む必要もありません。
とりあえずで約束してしまわないためにも、誘われた際に断る理由を予め考えておくと良いかもしれませんね。

ドタキャンするときには、少なからず信頼性は低くなってしまいます。
そうならないためにも、「守れなさそうな約束は最初からしない」と心がけるのが大切です。