女性の匂いはフェロモンの香り?男性を引きつける魅力の出し方

男性に女性のイメージを聞くと「いい匂いがする」と答える人も多いです。女性からいい匂いがするのはフェロモンの影響だと考える人もいます。では、女性フェロモンとは一体どんな匂いなのでしょうか。

男性を惹きつける女性フェロモンをたくさん出すには、どうしたらいいの?どんな人にフェロモンが多いの?

そこで今回は、女性の匂いとフェロモンの関係、フェロモンをたくさん出す方法についてお伝えします。

女性のいい匂いはフェロモンの香り?

素敵な女性とすれ違った時に、良い匂いがしたら、それはフェロモンによるものなのでしょうか?
残念ながらそれは違います。
なぜなら、フェロモンは、無臭なのです。

ですので、良い匂いがする人は、香水やコロンを付けていたり、服を洗濯するときに使用した洗剤や柔軟剤の匂いかも知れません。
他にも髪のシャンプーや、ヘア剤の匂いなんかも、良い匂いの要素の一つですね。

そうはいっても、二人の人が同じ洗剤、同じシャンプーを使っていたとしても、香り方が違う事もありますよね。
この違いは何なのでしょうか?

これこそが遺伝子の持つフェロモンの違いなのです。
一般的に遺伝子が近い人のフェロモンは、なんとなく不快に感じます。
思春期の娘さんがお父さんを臭いと感じるのが、これの代表的な例です。
ですので、反対に遺伝子が遠い人のニオイを嗅ぐと良いニオイに感じますので、お付き合いをする人や、結婚相手をニオイで決めたら、案外うまく行くかも知れません。

女性フェロモンの匂いを増やすには素敵な恋をすることが効果的!

女性フェロモンの匂いを増やすことって、可能なのでしょうか?

もちろんそれは可能です。
それには素敵な恋をすることが効果的なんです!

「女性は恋をするとキレイになる」という言葉はよく聞きますよね。
女性は恋をすることで、髪型や服装に気をつけるようになったり、お化粧も丁寧になったりします。
ただ、そういった外見のことだけではなく、体の中でも変化は起きるのです。
その大きな理由は、エストロゲンという女性ホルモンが活発になることにあります。

エストロゲンが多く分泌されますと、自律神経が安定し、肌や髪がイキイキとします。
もし、つい最近まで自律神経が不安定でイライラして、肌も髪もボロボロだった人も、恋をしたら、心が安定して肌も髪もツヤツヤになるのでしたら、周りから見たら、驚くほどキレイになったと思われるでしょう。

この時、フェロモンも一緒に分泌されますから、自分の中の女性的な魅力がより発揮されます。
ですので、キレイになって、フェロモンも存分に出したいという人は、素敵な恋をすることをおすすめします。

ちなみに恋の相手は、必ずしも近くの男性である必要はありません。
テレビや映画に出るアイドルや俳優でも良いですし、なんなら、マンガやアニメのキャラクターでも構いません。
大切なのは、心から恋する事なのです。

男性を引きつける女性の匂い!フェロモンを出すには

男性を引きつける女性の匂いを出す方法は、恋をすることだけではありません。
フェロモンを出すには、「汗をかく」というのも有効なのです。
といっても、ジトッとした汗ではなく、運動でかく汗が特に有効です。

運動をすることで、汗を出す汗腺が働き、汗が大量に出ることで、雑菌の混じらないサラッとした汗をかくことが出来ます。
雑菌が混じっていない汗は、嫌なニオイが無く、純粋な女性のフェロモンを出すことが出来ます。

といっても、汗をかいたまま放置しておくと、雑菌が繁殖して嫌なニオイに変わってしまいますので、お風呂やシャワーを浴びる事をおすすめします。

ここぞという時に汗をかくのではなく、普段から運動して汗腺を働かせていることで、良いフェロモンが出せるようになるのです。

いい匂いは女性フェロモンをサポートする

恋をしたり、運動をするだけではなく、自分でいい匂いを嗅ぐことでも、女性フェロモンをサポートすることが出来ます。

友達の結婚式など、いつもより念入りにお化粧する時に、お化粧だけではなく、髪型や服装もバッチリ決まったら、自分でもテンションが上がりますよね。
とはいえ、毎日バッチリメイクと言う訳には行きませんよね。
そんな時、自分をサポートするのに役立つのが「いい匂い」です。

いい匂いを嗅ぐと、テンションが上がったり、リラックス出来たりします。
それに使うアイテムは、香水やコロンが真っ先に思い浮かぶと思いますが、付けすぎると香りがきつくなったり、人によっては、そもそも香水の香りが苦手という人もいます。
そういった人は、洋服の柔軟剤にこだわってみたり、ハンドクリームなど、体に付けるものをいつもと違う香りにしてみるのは、いかがでしょうか。

いい匂いを身にまとえば、自分の気持ちが安定して、良いフェロモンも出せるようになります。

フェロモンがある人・ない人の違いは?

フェロモンがある人・ない人の違いは、どういったことから差が出てくるのでしょうか?
それは、「生活環境の差」です。

普段から恋をしてオシャレをしたり、良い香りを身に付けたり、適度な運動をして良い汗をかいている人は、女性的なフェロモンがたくさん出ています。

逆に、誰とも関わらず、オシャレもせず、運動もしない人でしたら、フェロモンが出ているとは言いづらいですよね。

ただ、動かずともフェロモンを出せる種類の人がいます。
それは「若い人」です。
若いと、それだけで魅力的と言われるのには訳があります。
それは、細胞が若く新陳代謝が活発なため、フェロモンも無意識にたくさん出ているのです。
ですので、オシャレに興味も無く、運動をしなくても、若いというだけでフェロモンは出ていますので、自信を持って行動しましょう。