体調は大丈夫かのメールを送る時のビジネスマナーと注意点

上司や同僚が体調を崩して休んでいる時、体調は大丈夫かといったお見舞いのメールを送る時があります。

体調を気遣うメールをするのですが、ビジネスで使う場合はどのような点に注意すべきなのでしょうか。メールを送る場合のマナーとは?

体調を崩している相手の状況をまず知ることが大切です。
プレッシャーを与えず、とにかく相手を気遣うような内容にしましょう。

体調は大丈夫かのお見舞いメール、ビジネスで使う場合の注意点は?

体調を心配する大丈夫かどうかのお見舞いメールを、ビジネスで使う場合の注意点とはどんなことでしょうか?

目上の人に対してのお見舞いメールの場合は言葉の使い方に注意しましょう。
目上の人にも友達に送るような絵文字や環境依存文字を使ってしまう人が中にはいるかと思いますが、マナーとしては使わないことが基本です。

例えば、「お大事に」という言葉を良く聞きますが、これは本来の言葉を省略している言葉なので、目上の人や会社の上司に送る場合は「お大事になさってください」と省略せずに使いましょう。

また、体調を気遣う言葉と合わせて使ってしまいがちなのが「早く良くなってください」という言葉ですが、これは相手の回復を急かす印象を与えてしまうことがあるので、使わない方が良いです。

早く良くなってという言葉を使うよりは、不在の寂しさを表現して送るほうが良いです。

体調が大丈夫か心配のメールを職場の同僚に送る時のポイントは?

体調が大丈夫かどうかの心配のメールを職場の同僚に、送るときのポイントはどんなことでしょうか?

同僚に体調を心配するメールを送るとき、まずはお見舞いに行きたいという気持ちを伝えることが大切です。
しかし、本当にお見舞いに行くような内容にしてしまうと、相手は体調が良くないときに無理に時間を作ってもらうことになってしまうので、行きたい気持ちはあるけど体調を気遣って遠慮しますということを伝えると、気遣いの気持ちが倍になって相手に伝わります。

また、相手に「大丈夫ですか?」という内容のメールを送ってしまうと「大丈夫だよ」と逆に気を使わせてしまうことになります。
自分が気遣っているのに、相手に気を遣わせてしまうことは避けたいところです。
「大丈夫ですか?」と言う内容に、「大丈夫じゃないですよね」と付け加えると、相手に気を遣わせてしまうことを防げます。

体調が悪いときはメールを見ることさえも苦労するので、メールを送るときは一通のメールに短文で話を完結させたメールの内容にしましょう。

「体調大丈夫ですか?」のメールはしてもいいの?重篤な場合は?

相手が体調を崩して休んでいると、心配してメールを送りたいと思いますよね。
しかし、どんな場合にメールをすると良いのでしょうか。

あなたがメールをしたいと思うか思わないかを基準に考えて良いです。
メールのタイミングはあまり重要ではなく、体調を崩している人が自分のことを心配してくれているんだと感じられるかが重要なのです。

早く良くなって仕事をしてくださいという雰囲気は決して出してはいけません。

自分が体調を崩して休んでいるときにどんな言葉を言ってもらえると、グッと来るかを基準に考えましょう。

心配はしているけど、何を送ったら良いかわからない!と言う方は、マニュアルから取ってつけた言い回しでも問題ありません。
その言葉をだんだん自分が使っている言葉に染めていきましょう。

あまり崩しすぎた言葉を使うのは避けましょう。

相手に体調を心配している気持ちが伝わればよいので、内容を深く考える必要はありませんよ。
あまり重篤な病気の場合は周りの人に様子を聞いてからメールをすると良いですね。

体調を気遣うメールを送る場合のポイントは?

体調を気遣うメールを送る場合のポイントとは一体何でしょうか?

まず、相手の体調次第で送るメールの文面も変えましょう。
相手が風邪など軽く体調を崩しているのに重い空気のメールを送ってしまったり、症状が重いときに軽い内容のものを送ってしまうのも場違いで、場合によっては相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。

なので、気遣いのメールを送るときは相手がどんな状況なのか知っておくことが大切です。

また、打ち合わせなど重要な約束をしていた相手が体調不良で日程の再調整を申し入れてきたとき、本当はすぐにでも対応してほしいと思っていても、相手には言わないことが気遣いです。
「ゆっくり休んで」という内容のメールを送ってあげると、相手も安心して休めるのです。

とにかく相手を気遣う内容のメールを送ると、相手からは気遣ってくれているんだを思ってもらえます。

体調を気遣うメールで使えるフレーズは?

体調を気遣うメールを送るときに使えるフレーズには、どんなものがあるのでしょうか?

相手に体調を気遣うメールを送るときの基本の言葉が「お大事に」です。
この言葉は敬語としても使えるため、目上の人や上司に使うときは「お大事になさってください」と送ると良いですね。

「お体にお気をつけて」「ご自愛ください」という言葉は相手の健康を願っていることを表しています。
年齢や性別問わず使える表現ですが、この言葉はすでに体調を崩してしまっている人には使わないので気をつけましょう。

あくまで今現在元気な人に対して使う言葉なので、体調を崩している方には「一日も早い回復をお祈り申し上げます」という回復を願う表現が良いです。

ゆっくり体を休めて欲しいときに使うのが「静養」と言う言葉です。
疲労や病気の回復のために体を休めるという意味ですが、病気が早く治るように、「しっかり」と付け加えて送ると良いです。

体調を気遣うときに使えるフレーズをご紹介しましたが、一番大切なのは相手の体調を心配しているという気持ちです。
心配しているという気持ちが相手に伝わるような内容で送ることが良いですね。