マスクから口臭がもれるのを防ぐには?口臭の予防方法をご紹介

マスクからも口臭はもれる!?もしかして、私の口、臭っているのでは・・?マスクをしていて口臭が気になるときには、どんなことをしたらいいのでしょうか?

歯磨きをきちんとしているのに・・なぜだかマスクが臭うときにはコレが原因かもしれません。

マスクをしていて口臭が気になる人はぜひ試してみてください。口臭を予防する方法を紹介します。

マスクをしていても口臭はもれる?

にんにくのようなニオイの強い食べ物を食べた時、周りの人達に迷惑がかからないように出来る対策のひとつにマスクがあります。
でも、あまりにニオイが強いと、マスクをしていても、口臭がもれるんじゃないかなんて、心配になりませんか?
ですが、ご安心ください。
マスクをしていれば、通常の会話する1m前後の距離くらいでしたら、ちゃんとニオイを防ぐことが出来るんです。
これなら、ちょっとくらい口臭がしても、安心してマスクをつけられますよね。

ただし、これは、1m前後の距離での話です。
さらに近い20cmの距離ですと、少しニオイがしてくるそうです。
ですので、口臭が気になるときは、マスクをすればおおむねニオイはもれませんが、話す相手とは、近すぎる距離にはならない方が良さそうです。

マスクで口臭がもれることよりも長くつけないことが大切

マスクを使えば、口臭がもれるのを防げる事がわかりましたが、ひとつ気をつけて欲しい点があります。
それは、「同じマスクを長時間つけないこと」です。
ただでさえ口の中がいつもよりニオイがするのに、長い時間つけていると、マスクの中が高温多湿になってしまい、さらに嫌なニオイになってしまう可能性があります。

もちろんそれは、自分のマスクの中での事です。
でも、だからといって、マスクの中でいつまでも嫌なニオイを嗅ぎ続けるなんて、考えただけでも嫌ですよね。
ですので、朝装着したマスクをつけ続けずに、お昼頃を目安に新しいマスクをつける事をおすすめします。
その時に合わせて歯磨きをしておくと、さらに良いです。

マスクをするのがちょっと面倒かなと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、マスクをしておくと、外にニオイがもれるのを防いでくれるだけではなく、口の中の乾燥も緩和できます。
口の中が乾燥していると、雑菌も繁殖しやすくなり、口臭が強くなってしまいます。
そこで、口の中が適度に潤っていれば、余計な口臭を増やさずに済みます。

マスクをしていても口臭がもれるかも…心配なときには?

心配性な人は、「マスクをしていても口臭がもれるかも」なんて、不安になりますよね。
そんな時は、口の中をケアして、口臭を減らして行きましょう。
真っ先に出来ることは、歯磨きですが、それだけではちょっと足りません。
デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間の汚れも落としましょう。
さらに、舌に付いた汚れも落とすとさらに口の中がキレイになります。

ただ、舌をキレイにする際に気をつけていただきたいのが、舌は柔らかくデリケートな箇所ですから、歯ブラシでゴシゴシこするのはやめましょう。
舌をケアする専用のブラシが売られていますので、それを使用して優しくブラッシングしてあげましょう。

最後にデンタルリンスで隅々まですすげば完了です。
デンタルリンスは、種類によっては、刺激が強すぎて使いづらいものもありますので、初めて使用する場合は、低刺激のものから試していくと良いです。

ここまでケアすれば、大体の口臭は抑えられると思いますが、まだ心配だという場合は、抗菌効果や消臭効果のあるスプレーをマスクの外からかけることで、さらにニオイ対策になります。
この時選ぶものは、吸い込んだり、肌についても影響のないものにしてください。
また、肌に優しいものを選んでも、長時間つけたままでいると、肌トラブルの原因になりますので、くれぐれも内側にスプレーしないように気をつけましょう。

口臭が気になるときはマスクが活躍!口臭そのものを防ぐには?

口臭が気になるときはマスクが活躍します。
でも、口臭そのものを防げば、よりニオイを気にしなくて済みますよね。
その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

口臭を予防するには常に口の中が潤うようにする

口の中が乾くと、雑菌が繁殖して口臭の原因になります。
ですので、ガムやキャンディーなどを口にすることで、唾液の分泌を活発にし、雑菌の繁殖を抑えられれば、口臭対策になります。
また、休憩の時や、テレビを見ている時などに舌を口の中で回したり、動かしたりして舌の運動をさせると、何かを口に入れなくても、唾液の分泌を増やすことが出来るようになります。

口臭を予防するには野菜中心の生活にする

お肉中心の生活ですと、口臭だけではなく、体臭も強くなることがあります。
もし、そういった食生活をしているという人は、野菜中心の生活に切り替えてみては、いかがでしょうか。
たんぱく質は、魚や豆類で補う事も出来ますし、また、お肉は減らすだけで良いので、適度なら食べても大丈夫です。
フルーツも口内環境改善に役立ちますから、積極的に食べるようにしましょう。

歯医者、病院に行くことで原因を知り口臭を予防できる

口臭の原因が、歯槽膿漏だったり、内臓からくるものでしたら、いくらケアしても改善は難しいです。
ですので、もし歯医者や病院が苦手だったとしても、思い切って受診してみては、いかがでしょうか。
案外すんなり改善できるかも知れませんよ。

マスクからもれる口臭は歯磨きを丁寧にすることで解決!

マスクからもれる口臭は歯磨きを丁寧にすることで解決できます。
みなさん歯磨きは、毎回何分ほど行っていますか?
おおよその人は3分から5分くらいかけていると思います。

しかし、理想の歯磨き時間は、なんと10分なんです。
ちょっと長すぎると思われる方もいらっしゃると思いますが、それくらい時間をかけないと、歯の歯垢は落としきれません。
歯垢は虫歯の原因になるだけではなく、口臭の原因でもあります。
ですので、毎回とはいかなくても、朝と夜の歯磨きだけでも丁寧に時間をかけてブラッシングすることをおすすめします。

前の項目で口の中が乾くと口臭がすると書きましたが、唾液の分泌が減ってしまう原因は、体の水分不足もあります。
ですので、日常生活の中や、寝る前に水を飲むなどして、体の中が乾燥しないように対策を取って行きましょう。