オーストラリアへは飛行機代が安い時期を狙って旅行しよう!

日本と季節が逆であるオーストラリア。日本との時差も1時間なので、時差ボケの心配もなく人気の旅行先ですよね。

でも、少しでも飛行機代が安い時に行きたいもの…一年の中で安い時期はいつなのでしょうか?やっぱりベストシーズンは高い?

オーストラリアへの飛行機代の安い時期とベストシーズンについて説明します。

オーストラリアへの飛行機代が一番安い時期はいつ?

日本では馴染みのないコアラが見たい!
コアラと言えば迷いなくオーストラリアが有名ですよね。
日本とオーストラリアは季節が間逆ですので、飛行機代が最も安い時期はいつなんでしょう。

基本的に飛行機の値段は「時期」によって大きく変動しますが、その「時期」とは季節の時期もありますし、航空会社の乗客が少ない時期によっても多少値引きしてチケットを売り出すときがあります。

基本的に、日本の大型連休後にチケットが安くなります。
大型連休を利用して海外に行こうという日本人は数多くいますので、航空会社も稼ぎ時ですよね。

年末、正月、春休み、GW、夏休み、お盆になると飛行機代もかなり跳ね上がるので要注意ですよ。

これらの時期を避けるためには、会社を休まなくてはならないといけません。
飛行機代を安く済ませるためには、このようなデメリットが付き物ですので、検討してくださいね。

オーストラリアへの飛行機代は安い時期に買うといくらぐらいになる?

飛行機代は直前より、早く購入すると早割などもあって安く済ませることができます。
オーストラリア行きが決まったら、すぐに飛行機代が安い時期はいつか、早割り対応は何日前からかなどチェックしておきましょうね。
旅行代理店に行けば話は早いですが、ネットでもチェックできますよ。
日付が変わってしまうと値段が変わったりするころもありますので、要注意です。

飛行機代を安くするためには、航空会社にこだわりがなえれば格安チケットサイトを検索すると色んな航空会社がでてきます。
そして、直行便に限らず、どこか経由、もしくは出発や到着が夜中や早朝といったこともありますので、事前にチェックしてくださいね。

出発までに時間に余裕があればあるほど、より安くチケットを購入できる可能性がありますよ。

オーストラリアまでの値段は正直にいうと、ピンからキリまであります。
航空会社によってもだいぶ差はありますが、往復10万だと即決定範囲ではないでしょうか。

日本人からするとANAやJALはやはり安心ですよね。
ジャットスターなど少し値段の設定は低めなやつですと、フライトの長時間居心地に問題が起きそうすし、安く済めてるだけ我慢と思えばそれまでですし、考えようですよね。

オーストラリアへの飛行機代を安くしたいなら、安い時期の平日を狙おう!

簡単に言うと、世間のみなさんが普通なら買わない時期が飛行機代がとても安くなる時期ですよ。

大まかに言うと大型連休の前の1週間など。
世間のみなさんは大型連休に向けて、自分の仕事のラストスパートにかかってるはずです。連休に旅行を控えている人がほとんどですよね。

その中でも、曜日も関係してくるんですよ。

  • 日、月、火、水の出国
  • 金、土、日の帰国
    週末の滞在を避けることが最も安いんですね。

そして購入するタイミング重要です。
航空会社がチケットを売り始める時期は、1ヶ月前の月曜日であることが多いです。

その他に、出発ギリギリの売れのころをお目当てにしてもいいかもしれませんが、勤めているひとにとったら、ギリギリに飛行機チケットをとるということは、お休みや日程の都合上、リスクが高まりますよね。

キャンペーンなども定期的に行っていますのお忘れなく!

オーストラリアのベストシーズンは州によっても違う?

オーストラリアのどこに旅行に行くか決まっていますか。
国土が広いオーストラリアで国内でも、季節や気候が異なることを把握しておくといいですね。
それによって、旅行に最も適している時期が異なったり、持ち物にも変動がでてきます。
オーストラリアは南半球に位置しているため、日本とは季節が間逆です。
なので日本からの旅行者はこちらの寒いにオーストラリアの過ごし易い春と夏を目指していく人が多く居ます。

首都であるシドニーの夏はとてもすごし易く、オーストラリアの中でも四季をはっきり感じられる特徴があります。

日本の9~11月と12~2月、向こうの春夏に行くことがオススメですよ。

有名なビーチ、雪が降る地域、夏でも年間通して過ごし易い地域など国土が広く、1度の旅行ではとてもじゃないけれど、回ることができませんので、ガイドブックなどを見て観光する場所の検討をしておくといいですね。

オーストラリアの首都「シドニー」へ行くなら何日間必要?

東京からシドニーまではフライト時間は直行で10時間近くかかります。
そのためツアーで定められた期間より現地の滞在時間は少なくなります。

距離のわりに時差は差ほど大きくないので飛行機の中での過ごし方によって現時で有効に時間を使える可能性もあります。
そうすると、2日あればザッとシドニーの有名観光名所は周れるのではないでしょうか。もう少し、買い物がしたい、ゆっくりしたい、など余裕を持ちたければ滞在時間3~4日あると十分でしょうし、少し遠くの地域まで行きたいとなると7日間ツアーで行った事にこしたことはありません。

ですが、その分旅費もかかってきますので、予算と何をしたいか、滞在時間長くても金銭的にギリギリでいいのか、余裕もってとりあえずシドニーは後悔なく回って買い物がしたい など、目的、考え方によって期間も予算も変わってくることは間違いないでしょう。