家族が不仲の場合、結婚式の席や招待はどうしようの悩みを解決

人生の主役になれる一日、自分たちの結婚式!

結婚式には色んな準備が必要ですが、楽しいことばかりではないようです。

新郎または新婦の家族が不仲だった場合には、招待するかどうかで悩む人も少なくありません。

まずは両親が不仲だった場合は、テーブルを離すなどの工夫をしてみましょう。
兄弟や姉妹が不仲の場合は?対処法をみてみましょう。

結婚式の準備段階でケンカに・・・というケースもあるようです。

家族が不仲、両親が不仲な場合結婚式はどうしよう?

結婚式。新郎新婦にとって一番出席してほしいのは両親という人が多いですよね。しかし色々な親子関係がありますが、自分を育ててくれた親に自分達の晴れ姿を見せたいと思うのは当然です。親も、大事に育ててきた子供が巣立つ瞬間を見たくない親はいないです。
でも両親が離婚や別居している場合は悩んでしまいます。幼い時に両親が離婚し、母親と一緒に暮らして来ました。父親とは両親の離婚後一度も合っていない。でも父親にもウエディングドレス姿を見て欲しい」と思います。

両親は事情があって離婚を選びました。しかしあなたにとってもう片方の親と会ってはいけない、結婚式に呼んではいけないなどの決まりはないし、結婚式に出席して欲しいと思う気持ちは理解できます。

しかし通常両親は同じテーブルに隣同士に座るので、披露宴の席決めは困ります。席の配置は両親の関係が良くなければ、別のテーブルにしてもいいと思います。親同士の感情もあるので一度両親に意見を聞いて見ましょう、親が気まずくても同じテーブルでいいよという場合もあるし、絶対に同じテーブルは嫌だという可能性もあります。

不仲の家族を結婚式に招待したくないのですが

不仲の家族を一応結婚式に招待したということが大切です。無理矢理来てもらう必要もないし、式場のことについて色々言われるようだったら「忙しいと思うから、都合がつくなら出席してね」といいましょう。身内なので招待しないわけにはいきません。

身内なので、招待だけでもしておいた方が後々家族間のトラブルになることがなさそうです。結婚式に参加する、参加しないは本人の意思です。身内のトラブルは結婚式の準備よりも悩んでしまいます。しかし結婚式がキッカケで距離が縮まったというケースもあります。

家族の嫌な態度が出てしまったら、せっかくの結婚式が台無しになります。親族にも前もって伝えるようにしておくといいです。家族が結婚式の最中にもし嫌味を言ったとしても、前もって伝えておくことで許してもらえる可能性があります。又式場のスタッフに橋梁してもらう方法もあります。

結婚式の準備で家族と不仲に

結婚が決まり、結婚式の事を考えはじめた頃は、思ってもいなかったけど親と喧嘩になった。途中から親の口出しが多くなったり、親が相手のことを悪く言ったりという悩みが、準備中に起こりやすいくなるのです。

楽しい結婚式の話のはずが、若い2人にとっては大きな悩みになります。意見の食い違いが起きやすいことは、式場選び、料理、引出物、衣装などです。この問題で意見が食い違うなら、冷静に話し合いをすると解決出来ます。

結婚式の話が複雑になる原因は、自分から見て「親」婚約者にとっては「将来親子になる相手の親」婚約者の親からすると「子供の義理の親」になるので、色々な感情が生まれたり、交差します。2人にとっても親にとっても感情的になりやすく、喧嘩になることが多いのです。

結婚式を挙げないカップルもいます。そのワケは

結婚式を挙げない理由は色々…代表的な理由

  • 金銭的な理由
    ブライダル情報誌の調査によると、挙式と披露宴にかかる費用の総額は平均354万円です。派手婚ブームは去り、結婚式にかかる総額費用は年々少なくなっては来ていますが、招待客1人あたりにかける費用は増加しています。経済的に費用の工面が出来ない、結婚式をしないでその後の生活費や子供の教育費にすると言う人も多くいます。
  • 家族関係に事情
    両親と仲が悪い、1人親、両親の他界などの理由で結婚式を挙げない人もいます。結婚式では両家の親戚や会社関係の人が会うことになるので、家族関係に事情があると結婚式を挙げない人も多くなるのです。
  • 妊娠もしくは小さな子供がいる
    結婚式の前に妊娠がわかる。また小さな子どもがいるので結婚式を挙げない人もいます。しかし最近は結婚式をあげるカップルの4組に1組は「マタニティウエディング」と言われています。

結婚式の『ナシ婚』のメリット・デメリット

ナシ婚の選択するメリットの一番の理由

それはお金がかからないことです。結婚式をして披露宴をすると数百万かかります。そんなお金があるなら、生活費や新居のお金にしたいと思うカップルも多くいるのです。他のも核家族化が進み親族間の繋がりも昔に比べて、希薄になりました。会ったことのない親戚に招待状を送り、挨拶をしてとなると結婚式だけのために親戚付き合いの面倒事を強いられることになります。あまり知らない人に祝って貰っても嬉しくないという考えもあり披露宴をしないカップルもいます。

ナシ婚を選択するデメリットの理由

ご祝儀が貰えないこと。結婚式や披露宴をしないと周囲に自分たちが結婚したことを知らせる機会がないと言えます。なのでナシ婚にすると、ご祝儀をくれる人が結婚式をした場合よりもとても少なくなります。そして思い出も残らないのです。結婚式をするとステキなウエディングドレスやタキシードを来てみんなに祝福されたり、参列者と一緒に写真を取ったりすることが出来ます、毎年記念日には結婚式の思い出話をすることが出来ますが、挙式を挙げないと思いでは残らないのです。