韓国では食事を残すのが基本のマナー!他にもびっくりなマナーが

とても近い国なのに韓国と日本の食事のマナーではこんなに違いがあるんです!

日本では食べ物は残さないように言われて来ましたが、韓国ではその逆、残すことがマナーだといいます。
そこにはもてなすほうの、こんな気持ちが込められているそうです。

他にも茶碗は持たない、ご飯はスプーンで食べるなど驚いてしまうような、マナーの違いがたくさんあります。

韓国で食事をする機会があったらマナーに注意して下さいね!

韓国では食事を残すのがマナーなんです

日本から近く時差もない韓国にはとても身近に感じますが、風習、文化の違いはたくさんあります。
あまり気にすることがない人が多いかもしれませんが、食事のマナーは結構違いがあります。
日本と違って食事は最後の少しを残すことがマナーなようです。
お互い初めはその風習や文化が分らないのは普通であって、あえて指摘する人もいません。

このマナーに気がつく日本人はガイドブックやネット、また現地に行って食事をしている韓国人を見て気がつく人、さまざまでしょう。

せっかく韓国に観光行くのであれば少しでも韓国の食事のマナーを取り入れたいところですね。
そうすると韓国人から日本人の食事のマナーに対する悪い印象は避けられますね。

ここでは韓国の食事の時のマナーを紹介いたいと思います。

韓国では食事を残すワケ

前述でも述べましたが韓国では食事残すことがマナーとされています。

日本では幼い頃お母さんに「残さず食べなさい」「最後まで食べなさい」などとしつけされて育ちます。
米粒残さず最後まで食べることがマナーとされていますね。
そして人のお家に行って食事を残す事は失礼にあたり、もてなしてくれた側も「お口に合わなかったのかな」などと思ってしまいます。

韓国では食事を残す事が「もうお腹いっぱいです」という合図なんだそうです。
韓国に家庭におもてなしをされると食べきれないほどの料理の数々がテーブル並べられる。
当然食べきれるわけがなく、残さるのである。
これも韓国の人にとっては「たくさんのご馳走でおもてなしをした」という満足感につながるんだそうです。

たくさんのお料理でおもてなしをすることは日本にもありますが、残されて満足というこという考えよるは、どちらかといえば、食べられない量をたくさん作ったのだから残って当たり前という感覚ですかね。

ご飯は残す・茶碗は持たない。韓国での食事のマナーの驚き

日本では茶碗はもって食べることがマナーです。
持たないで食べると、猫や犬が食べる姿を想像し「猫食べ」などと言われて行儀が悪いですよね。

韓国ではその逆で、お茶碗を持つとマナー違反にあたります。
そのそも韓国の食器を見たことがありますか。
ほとんどが鉄や陶磁器で作られており、熱々の汁物が入っているので熱くて持つことができません。

なによりも重たく、食器を持って食べる文化がないからこその食器なのか、鉄や陶磁器だからこそ食器を持たないのか、実際のところどうなのでしょう。

また、日本は基本箸を使い横向きにしておきますが、韓国の食事の席には箸とスプーンが必ずセットで縦に置かれます。
ご飯と汁物はスプーンを使い、よく汁物をご飯にかけて食べるのです。
日本の「ねこまんま」のようですね。箸はおかずのみに使用します。

日本人はあまり汁物をご飯にいれて食べないのでちょっと抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

韓国での食事は音をたてたほうがいい?

日本はもちろんご飯をクチャクチャと音を立てて食べることはマナー違反です。
こちらも、ご飯を残さないで食べる、食器を持って食べる同様幼い頃から注意されますよね。

このご飯は音を立てずに食べるマナーは世界から見ても数置くの国にもこのようなマナーが存在するそうですが、韓国はどうなんでしょう。

韓国人はご飯をクチャクチャと食べる人が多いと耳にしたことがあるんですが、それは個人の癖ではないそうです。
韓国人ほとんどが音を立ててたべるそうです。
その理由として「ご飯を味わっている」「美味しいと思っている」ということが挙げられます。

日本でラーメン、蕎麦、うどんをすすることが当たり前な感覚と一緒なのでしょうか。
これは海外でも驚く人がたくさんですよね。
日本では当たり前とわかっていても、音を立ててすすれない外国人がほとんどです。

韓国で目上の人と食事するは順番がある

日本では会社の上司や目上人と食事をする時は、上司が食べてから食事を食べたりしますが、家庭に入ると、お父さんであろうが、家族揃って一緒に食べ始めますよね。

韓国でも会社の上司や目上の人はもちろんですが、家庭の中でも最初に箸をつけるのはお父さんなのです。
目上の人を差し置いて箸をつけるのは失礼とされ、食べ始める順番だけではなく、箸を誰もつけていない皿(おかず)にも目下の人が最初に箸をつけることはマナー違反です。

なかなか韓国の家庭に入ることはありませんが、このようなマナーを覚えておくと日本でブームの韓国ドラマなどの食卓を意識して見てしまいそうですね。

韓国ドラマは少しオーバーな設定になっていますが、韓国の食事文化が分りやすいのかと思います。

韓国の食事は基本2人前からで、あまり1人で食事をする文化がありません。
そして、大皿でも鍋でも、自分の使っている箸を直接使用しても構いません。

日本のマナーにないことは韓国マナーにはありますので、韓国に言った際は堂々と音を立て、大皿のおかずを自分の箸でとり、そして汁物をご飯にかけて食べてみましょう。