コインランドリーの洗濯機の使い方のコツや注意点と上手な活用法

コインランドリーの洗濯機を利用したいけど、使い方がわからないという人もいますよね。

では、コインランドリーの洗濯機はどのように使ったらいいのでしょうか?使い方の手順とは?

また、コインランドリーの上手な活用法とは?どんなときに使うと便利なの?

そこで、コインランドリーの洗濯機の使い方のコツや注意点と上手な活用法などについてご紹介致します。

コインランドリーの洗濯機の使い方の手順とは

コインランドリーを使ったことのない人でもスムーズに使えるように、洗濯機の使い方について紹介します。

洗剤や柔軟剤が自動で投入される洗濯機を使う場合は、洗濯機に洗濯物を入れてドアを閉めます。お金を入れてスタートボタンを押します。ボタンを押すと洗剤と水が自動で入り、洗濯が始まります。洗濯時間は洗濯物の重さによって異なりますが40分ぐらいかかります。

洗濯物が終わったら洗濯機から洗濯物を取り出し、コインランドリーに乾かす時は乾燥機に移します。洗濯から乾燥までする時は、洗濯乾燥機を使うと移し替える筆法がないので、終わる時間を確認して終わるのを待ちましょう。

又コインランドリーにはシューズ用がある所もあります。シューズ用は洗濯機の内部にブラシがついています。こちらもお金を入れると洗濯が始まります。気をつけることは靴紐を外すことです。後は洗濯が終わるのを待つだけです。

コインランドリーでの洗濯機の使い方の注意点

コインランドリーを使う時の注意

1回の利用するにもお金がかかるので、ついたくさん詰め込みがちですが、洗濯する時、詰め込みするぎると洗浄効果が落ちたり、完全に乾かない場合がありますので適切な量にしましょう。洗うものが多い時は、容量の大きいタイプを使うと1度で洗濯が終わります。

コインランドリーの乾燥機はかなり強力な熱風で乾かします。熱に弱い繊維のものは傷ついてしまうことがあるので乾燥時間を短くするようにしましょう。洗濯をするまえに洗濯表示を確認しておくことをオススメします。そうすることで服を長持ちさせることが出来ます。

そしてコインランドリーはみんなが利用しますので、洗濯や乾燥が終わったらすぐに取り出すようにしましょう。天気の悪い日などは順番待ちをしている人を多くみかけます。待ち時間が長いので他の場所で終わるのを待つ人が多いですが、終わる時間の少し前には戻るようにしましょう。みんなが利用する場所なのでお互いに気持ちよく使えるように心がけることが大切です。

コインランドリーの洗濯機で羽根布団を洗うときの使い方は?

コインランドリーで羽根布団は洗う方法

まず4つ折りにした羽根布団と中性洗剤を洗濯機に入れて洗濯をします。ポイントは羽根布団と一緒に毛布を入れることで羽毛布団の表面をこすってくるので汚れが落ちやすくなります。

洗濯が終わると羽毛布団は水を吸っているのでペチャンコになっています。十分に乾燥させるのが、生乾きのイヤな臭いを防ぐコツです。なので乾燥は2回かけることです。

1回目の乾燥で羽根布団をふくらませます。1回目の乾燥は濡れた羽根布団が小さくなっているので小さな乾燥機で乾燥させます。この時一緒に洗った毛布も入れます。2回目の乾燥は膨らんだ後の仕上げです。2回目の乾燥は羽根布団も乾いてふっくらするので大きめの乾燥機に入れます。このとき大切なポイントは羽毛布団のたたみ方。中心線に向かい両端を軽く折って、縦長になった羽毛布団を軽く2つに折ることです。そして20分たったら一度花ぶとんを乾燥機から取り出し、裏返して同じようにたたみ、もう1度20分乾燥させましょう。このようにすることで両面むらなく乾燥させることができるのです。

コインランドリーの上手な活用法とは

一人暮らしでも洗濯機を持っている人が多くいますよね。自宅に洗濯機がある場合、わざわざコインランドリーに行く必要はないと思っている人も多いと思いますが、コインランドリーを上手に使うと洗濯を効率よくすることが出来ます。

洗濯物を出来るだけ早く乾かしたい時にコインランドリーを利用する方法です。例えば翌日にどうしても着なければいけない服があったとします。その場合、汚いままの服を着るか、もしくは自宅の洗濯機で洗い、次の日半乾きの状態で着るしか方法がありません。しかしコインランドリーの乾燥機を使うことで次の日には綺麗な服を着ることが出来るのです。

又自宅の洗濯機に入らない大きな物を洗う時にもコインランドリーを利用すると便利です。例えば大きな布団や毛布などです。天気の悪い日が続いた場合なかなか洗濯物が乾かなかったり、小さなお子さんがいる家庭だと洗濯物の量も多くなるはずです。

そんな時はコインランドリーの大型洗濯機を利用すると乾燥まで出来るので天気が悪くても関係ありません。また布団はクリーニング店の丸い洗いに出すよりも料金が抑えられる場合もあるし、気軽に洗濯をすることができます。

こんな日はコインランドリーがオススメです!

雨や梅雨の日は洗濯物を外には干せない。しかも家の中で干しても乾きにくいので生乾きの臭いが付きやすなることもあります。そのような時にコインランドリーを利用すると天候に左右されず、乾燥まで出来るのでとても便利です。また気温が低い日に外に洗濯物ほしても、洗濯ものが乾きにくい、時期によっては日照時間も短い季節もあり、洗濯ものが乾かないこともあります。長い時間乾かないと臭いも発生してしまいます。そんなときもコインランドリーを利用しましょう。

またアレルギーがある場合は外干しをするよりも花粉などがつきにくくなるのでオススメします。乾燥機を使うことで高温で乾燥するのでジメジメした季節の布団にはダニが繁殖していることも多いので死滅させてくれます、