銭湯にシャンプーを持ち込みする理由と便利なお風呂グッズ

銭湯にはシャンプーを持ち込みするという人と備え付けの物を使うという人がいるでしょう。

では、銭湯にシャンプーは持ち込みするという人はどんな理由からなのでしょうか?

また、これだけあればすぐにいつでも銭湯に飛び込めちゃう、便利なお風呂グッズとはどんなもの?銭湯には何を持ち込みするべき?

そこで、銭湯にシャンプーを持ち込みする理由と便利なお風呂グッズなどについてまとめてみました。

銭湯にシャンプーは持ち込みする?

あなたは持込み派?今は銭湯にはシャンプーやリンス、ボディソープが備え付けられている場合がほとんどです。

それなのに、備え付けを使わずに自分のシャンプーを持ち込む方は、どのような理由があるのでしょうか?

まずは男性と女性に分けて考えて見ましょう。こうすると圧倒的にシャンプーを持ち込む割合が高いのは女性です。

男性のほとんどの方は備え付けでOKと答えます。でも男性の中にもシャンプーを持ち込む方が!そのような方はシャンプーにこだわりがあるからです。

女性がシャンプーを持ち込む理由も同じ!シャンプーにこだわりがあり、特に長い髪だときしみが気になったり、乾かしたときにごわごわしないシャンプーを使いたい、という方がマイシャンプーを持込みしています。

また地肌が弱い方も、備え付けのシャンプーが使えない方がいらっしゃいますね。このような理由からシャンプーを持込みする方が多数!

逆にどんなシャンプーを使っても大丈夫!髪が短いからごわつきが気にならない、持ち物が増えるほうがイヤ、意外と良いシャンプーを使っている。などが持込みをしない方の理由です。

銭湯にシャンプーを持ち込みするなら?

荷物を増やしたくない!でもお気に入りのシャンプーやコンディショナーを使用したいという場合はどうしたらよいのか?

ボトルを持ち運ぶと重たいシャンプーやコンディショナーは、トラベル用を利用すると荷物がかさばらずに手軽に銭湯に行くことが出来ます。

一回分のパックになっているもの、小さなボトルに入っているものなどがありますので、使用しやすいほうを選んでください。

小さなボトルを購入すれば、次からはそこにシャンプーやコンディショナーを詰め替えることも可能です。

またトラベル用の空の容器を購入して、いつも使っているお気に入りのものを移して持ち運ぶのも良いですね。

もっと手軽に銭湯に行きたい!そんな方は洗顔、クレンジング、体も同じソープで洗えるというものを使用する方法もあります。

女性だと洗顔料やクレンジングは、意外とかさばりますよね。これとボディソープまで一緒にする事が出来れば、かなり荷物は小さくする事が出来ます。

手軽さを求めるならば、このようなソープを探してみるのも良い方法です。

銭湯にシャンプーは持ち込みなしで手ぶらでOK?

シャンプーにコンディショナー、ボディソープは備え付けを使うとしても、タオルにバスタオル、着替えに、女性なら基礎化粧品にお化粧道具まで必要!こうなると銭湯に行くのが面倒になってしまいます。

でも、これらも持っていかなくてもタオルやバスタオルは料金を払って貸し出しをしてもらい、化粧品も備え付けがあるというところを選べば、手ぶらでいくことも可能です。

服装は基本どんな服装でもOK!仕事帰りスーツで行っても良いのです。

後は下着ですね。もちろん忘れてもコンビニで購入することは可能ですよ!

私が住んでいるところは土地柄、車での移動が多い場所です。なのでスーパー銭湯に通っている人を見ると、家に帰ったらそのまま眠れるチョットオシャレな部屋着で来ている方もいらっしゃいます。

銭湯に行きたいけれど荷物が大変、という方は一度お金と下着だけを用意して手ぶらで出かけてみてはいかがでしょうか。

こだわりがなければ、意外と困らないですよ。

これさえあれば!すぐにいつでも銭湯に行ける?

外出しているときに素敵な銭湯や温泉を見かける事があります。時間もあるし、チョットよってみたい!そんな時、上記したように手ぶらでもいくことは可能ですが、コンパクトなお風呂グッズがカバンに入っていると、なお良いですよね。

そこでカバンの中にあっても邪魔にならないようなお風呂グッズをご紹介いたします。

まず一番荷物としてカバンの中で場所をとるのはバスタオルですよね。そこでバスタオルをコンパクトな吸水性の良いマイクロファイバーのタオルに換えてみましょう。これならカバンの中でも邪魔にならずに持ち運ぶ事が出来ます。

シャンプーやコンディショナー、ボディソープは備え付けのものを使っても良いですが、お気に入りのものを使いたいのならトラベル用のボトルに移し変えて、水に濡れても大丈夫なビニール製のポーチや、洗濯用ネットにひとまとめにして置くと便利です。

またポーチの中にタオルや下着もこっそり忍ばせておけば、それ一つでいつでも銭湯や温泉に飛び込みで入浴が可能になりますよ。

女性の場合、銭湯に持ち込みすると便利なもの

手軽に銭湯に行くための荷物についてお話してきましたが、余裕があるときは女性ならこのようなものを持ち込むとさらに便利です。

銭湯のマナーとして、湯船に髪をつけるのは厳禁!髪の長い方は髪を縛るゴムを持参すると困りません。

もし忘れてしまったときは、タオルで髪をひとまとめにして湯船に浸かるようにしましょう。もちろん、タオルも湯船に付かないように注意をして下さいね。

次に銭湯で歯を磨いている方を見かけるときがあります。このまま帰ったらすぐに寝たい!全てをキレイにしたい、いつもの習慣でお風呂と歯磨きは一セットで!なんて方は、歯ブラシも持込みするとよいですね。

小さなコップと歯ブラシがセットになっているものもあるので、コップがないと歯を磨けないという方には、このようなグッズがオススメです。

最後に化粧品!女性だとお風呂に入った後、乾燥しないように化粧水や乳液をすぐにつける方が多数です。化粧水や乳液、美容液と色々女性はお肌のお手入れが大変!荷物が多くなってしまうときにはオールインワンの基礎化粧品を使うと便利ですね!