飴を噛む人の心理とは?飴を噛んでストレス発散!

あなたの周りに飴を食べたら、ガリガリと音を立ててすぐに噛んでしまう人いませんか?
飴は舐めるものだという認識でいるのが、当たり前だと思っていると、何故すぐ噛んでしまうの?と不思議に感じることもありますよね。

そんな飴を噛む人の心理状態って?どんなものなのでしょうか?
答えは意外にもシンプルなようです。

そこで飴を噛む人の心理について調べてみました!

飴を噛む人はストレスを抱えてる!飴を噛む心理とは?

飴を噛む人はストレスを抱えてるなんて言われていますが、飴を噛む心理とはどのようなものなのでしょうか?

ストレスを抱えている人のクセで、頬の内側や、唇を噛んだり、無意識に歯を食いしばってしまうものがあります。
そういったクセのある人で、特に歯が健康な人は、飴を食べた時に、ストレスの矛先が飴に向かい、すぐに飴を噛んでしまうのです。

他に考えられる原因は、「せっかち」です。
飴は通常、口の中でゆっくり舐め溶かして楽しむものですが、せっかちな人はすぐに噛み砕いて、次の新しい飴を食べようとするのです。
恐らくこのタイプは、ガムを食べていても、味が無くなったなと思ったら、即座に新しいガムにすると思われます。

飴をすぐに噛む人は、歯が丈夫なら問題ないのですが、そうは言っても、横でガリガリと大きな音で噛まれると、ちょっと気になりますよね。
ただ、噛み砕く心理と原因さえわかれば、気になくなると思いますので、本人に思い切って聞いてみると、スッキリできるかも知れません。

飴を噛む人の深層心理を真剣に考えてみました

飴を噛む人の深層心理を真剣に考えてみました。
ストレスや、せっかちだけが理由ではないようです。

飴は、舐めた最初は濃い味ですよね。
そして徐々に解けていって、小さくなった時に、感じる味の度合いは小さく感じます。
ただ、すぐに飴を噛み砕くと、そういった味のフェードアウトを感じません。
ですので、味と噛んだ感触の刺激を求めて、飴を噛み砕いているのですね。

他にも、「小さい頃飴がノドに詰まった事がある」という人は、そのトラウマから、飴を噛み砕くクセが付いていることがあるようです。
飴がノドに詰まった事がある人が全員そうだとは言いませんが、精神的な防衛本能から、飴を噛み砕く事によって、自分が飴をノドに詰まらせるのを防いでいるのです。

たかが飴を噛むという行為と思っていても、深く考えると、裏にそういった理由があるのですね。

飴を噛む人の心理は『新しい味の刺激を求めたい』

「飴を噛む人」と、一言で言っても、噛むタイミングは「最初に噛む人」と「中間で噛む人」と「最後に噛む人」の3種類に分けられます。
「最初に噛む人」と「中間で噛む人」は、出す音も大きいので目立ちますが、「最後に噛む人」は、出す音が小さいながら、飴を食べる人の中では、一番多いのではないでしょうか。
そういった人の心理とは、なにがあるのでしょうか?

最後に残った小さい飴は、口の中に入っていても、小さな味しか感じられませんし、のど飴として食べているのであれば、あまり唾液も出ず、のど飴としての効果が薄く感じられますよね。
そんな時は、その小さなカケラを噛んで、次の新しい飴に行こうとするでしょう。
つまり、最後に噛む人は、「新しい味の刺激」を求めたり、「新しいものによる強い効果」と求めるゆえにその行為をするのだと考えられます。
ざっくり言うと、「ちょっとせっかち」と言ったところでしょうか。
あとは、小さな飴を噛んだ時のカリカリとした感触が好きだという人もいます。

飴を噛む行為はその感触がクセになることも

飴を噛んじゃう人は、意外とたくさんいるようです。
音がうるさいと、目くじらを立てる人もいますが、正直、たかが飴です。
おせんべいを食べてると思えば気にならなくなるのではないでしょうか。

飴を噛む行為は、心理学的に「不満や怒り、または攻撃性の表れ」だと考えられています。
ですので、すぐに飴を噛む人は、日頃から不満を持っている可能性があります。
また、「攻撃性」と聞くと、なんだか乱暴者のイメージがありますが、決してそうではありません。
仕事や勉強に積極的に取り組む人も、ある意味攻撃的な人だと言えます。
その溢れるエネルギッシュなパワーを飴にもぶつけているのですね。

もし、あなたの歯が丈夫で健康であれば、思い切って飴を噛み砕いてみたら、その感触がクセになるかも知れませんよ。

飴をすぐ噛んでしまう人の心理には深い意味は特にない

ここまで、飴を噛む人の心理などについて書いてきましたが、本当の所は、飴を噛んでいる本人に聞くのが一番です。
恐らく、「飽きたからかじって食べちゃうだけ」とか「噛み砕く時の感触が好きなの」など、シンプルな答えが返ってくるのではないでしょうか。

「飴は舐めて食べるもの」という固定概念があるから、飴をすぐに噛む人が気になるのだと思います。
もし、「飴は噛んで食べるもの」だという世界にいたら、舐めて食べている人は奇異の目で見られることでしょう。
噛む時の音が気になるかも知れませんが、「この人はそういう人だ」と思えば気にならなくなるのではないでしょうか。

それに噛むのを無理にやめさせる事で、その人がイライラするくらいなら、飴にストレスのはけ口になってもらえるのなら、それが一番良いと思います。