室内犬のケージの置き場所はどこがいい?設置するときのポイント

室内犬のケージはどんな置き場所が適しているのでしょうか?犬の種類にもよりますが、ほとんどの犬はこの部屋にゲージを置いてあげると安心のようです。

また、ゲージを置くときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

お互いが生活をしやすいように色々試してみるのもおすすめです。室内犬のケージを設置するときのポイントなどを紹介します。

室内犬のケージの置き場所はフローリングがオススメ

室内犬は暑さにも寒さにも弱い動物です。明るい場所で風通しのいい場所が過ごしやすい場所になります。しかし夏の窓際は高温になるので、熱中症になる危険性があるのでオススメはしません。風通しがよくても、エアコンの風が直接あたる場所もさけないと低体温症になることもあります。

床の素材は畳の上だとどうしても傷んでしまったり、粗相をしてしまった場合のお掃除が大変なのでオススメはしません。

出来るだけフローリングの上にゲージ置き場を作るようにしましょう。畳の場所にしか置き場が作れない場合は防止シートなどを下に敷くようにすることをオススメします。

テレビなどの近くは犬にはストレスになります。犬は耳がとてもいいので騒音に感じてしまうことが多いのです。出来るだけ遠くにゲージを置きましょう。

室内犬のケージの置き場所はリビングが理想的

家の中といっても玄関やリビング、寝室など色々な場所があります。ケージは人がいつも集まるリビングに置き場所を作ってあげることです。犬はもともと群れで行動していた動物なので、1人でいるのは苦手なので、人の姿が見える場所だと安心して過ごすことが出来るのです。リビングの中でも人通りの少ない隅の方に設置するようにしましょう。人が出入りする扉の近くは犬が落ち着かないので避けましょう。

ケージの置き方を工夫する

少しの工夫で居心地の良さが変わることもあります。ケージの下にダンボールや発泡スチロールを引くと寒さ対策になります。畳の部屋は犬の爪でボロボロになってしまうのでオススメはしません。

フローリングは滑るのでカーペットを敷くようにし、窓際は暑さや寒さが厳しくなるので避けるようにすると過ごしやすい環境と言えるでしょう。
ケージが好きになれるかは最初のトレーニングが大切です。ケージに入るといいことがあると犬に覚えてもらいましょう。慣れるまで中におやつを入れてあげると良いです。

室内犬のケージの置き場所として良くないのは?

室内犬のケージ置き場所。人の出入りが激しい玄関は犬が落ち着いて安らぐことが出来ないので、置き場所としては駄目です。玄関に置くといつも誰かが出入りするので、犬はピリピリして休めないのです。部屋の中でも扉のそばでも同じです。

窓際に置く人もいますが、ここも避けるべき場所です。冬は日差しが気持ちがいいかもしれませんが、夏の日差しは犬にとっては厳しい暑さになるのです。エアコンをつけていても、窓際の温度は暑いので熱中症になる可能性が高くなるので窓際は避けましょう。部屋の真ん中や端も避けるようにしましょう。真ん中に置いてしまうと私達が生活しにくいし、犬もいつも見られているような気がして落ち着けません。

人があまり来ない部屋の隅と考える人もいますが、この場所も適切ではないのです。犬は群れで生活する動物なので、単独で生活することが苦手なのです。

室内犬のケージをリビングに置けないときには?

室内犬のケージ置き場に困っている人も多いのではありませんか。リビングによっては、壁際にはもう家具が設置されていて、残っている場所は窓際か出入り口付近しかなかったりとゲージ置き場所にあまり良くない場所にしか残っていない場合もあります。そのような時は別の部屋に室内犬のケージを置くことになります。近くに人の気配がないと犬にとってはとても寂しいことです。犬のことを考えると目の届く場所に置き場所を作ることをオススメします。

オススメする解決策は、折りたたみのケージなどでリビングに居場所を作ってあげることです。就寝するときだけでなく、留守番の時にも使える大きめのゲージは寝室に置き、昼間の時間帯は、リギングに最低限の物だけを入れた折りたたみのケージを置くようにすると居場所に困ることもなくなります。折りたたみなので移動が出来ることがポイントです。

室内犬のケージ置き場は犬に合わせて考えよう!

ペットショップなどによっては、ケージを置く場所を指定する場合もあります。家の中のどこが犬にとって最適な場所なのでしょうか。

我が家には2匹のチワワがいます。同じ犬種でも性格が全く違います。1匹は好奇心旺盛で人懐っこく甘えん坊。周りに人がいなくなると寂しそうな声を出し、探し回ります。もう1匹も人懐っこいですが、少しドライ。かまってもらいないとわかると、すぐに自分のお気に入りの場所に行ってのんびりしています。

ケージの置き場所を落ち着ける場所と思い、「リビングから離れた場所に置くと寂しい」逆に「みんながいるから安心だし大丈夫」とリビングに置くと、犬が落ち着かない場合もあります。「ここにしよう!」と思って置いた場所でも犬にとって落ち着きがないようなら、場所を移動してあげるようにしましょう。犬の性格を見極めてあげるのも大切なことです。室内犬のケージ置き場は犬の性格に合わせて置き場を考えてあげるようにしたいものです。お互いが生活しやすい場所のケージを置くようにしましょう。