上司に紹介したい!彼氏に言われた時に彼女が気をつけるポイント

お付き合いしている彼氏から「上司に紹介したいと思っている」と言われたとき、上司の前でどんな風に振る舞えば失礼にならないか、彼氏の株を落とさないためにはどうしたら良いか、わからないことも多いですよね。

彼氏の上司に紹介してもらう時、彼女の立場でできることは一体何なのでしょうか。気をつけることや押さえて起きたいポイントをチェックして、好印象な彼女になりましょう。
そこで今回は、彼氏の上司に紹介される時に彼女が気をつけるポイントについてお伝えします

彼氏の上司に紹介してもらう時に彼女が気をつけることは?

彼氏の上司に紹介してもらう時に彼女が気をつけることには、何があるのでしょうか?

上司に会うならTPOを考えて

もし、あなたが彼氏から「上司に紹介したい」と言われたら、まず気をつけたいのが服装や、髪型などの装いです。
カフェやレストランでしたら、落ち着いて、清楚に見える服装にしましょう。
会社のバーベキューなど、アウトドアのイベントでしたら、カジュアルな服装にして、その場所に相応しい格好にしましょう。
どの時でも、気を付けたいのは、肌を露出しすぎたり、着飾りすぎないようにしましょう。

手土産や、差し入れを用意する

必ず必要というわけではありませんが、上司への手土産や、職場の人たちへの差し入れがあると、喜ばれます。
彼氏に相談して、手土産は持っていったほうが良いのか、また、持っていくとしたら、何が良いのか聞いてみましょう。
値段は、2千円から3千円ぐらいを目安に、高額になりすぎないようにしましょう。

彼氏の上司に紹介される時に彼女の立場でできること

彼氏の上司に紹介される時に彼女の立場でできること、それは「出しゃばらないこと」です。
職場の上司と部下が同席するのですから、自然と仕事の話になる可能性があります。
正直興味が無いかも知れませんし、逆に興味があって、アレコレ聞きたいという人もいるでしょう。
しかし、そんな時は、その気持ちをぐっと堪えて、ニコニコと聞き役のみに徹しましょう。
無理に喋る必要はなく、むしろ黙っているほうが相応しいと言えます。

そうは言っても、時々何か会話の途中で、こちらに話しを振られるかも知れません。
その時は、必要最低限の言葉を笑顔で返しましょう。
決して、つまらなそうな顔をしたり、強引に会話に割り込む事はやめましょう。
ここでは、あなたの空気を読むチカラが試されます。
誰かの飲み物が少なければ、飲み物を注文してあげたり、食べ物を取り皿に持ってあげるなど、世話役に徹しましょう。

男性に聞いた!こんな彼女は上司に紹介してもいい

「男性に聞いた!こんな彼女は上司に紹介してもいい」そのいくつかを紹介していきます。

相手に合わせた振る舞いが出来る彼女

フレンドリーなところが好きになって付き合ったとしても、上司に合わせた時にもフレンドリーでは困ります。
友達と遊ぶ時は、ざっくばらんでも、上司など目上の人と会うときには、きちんと挨拶が出来たり、敬語で話す事が出来る彼女なら、彼氏としても、紹介しても恥ずかしくないと考えるようです。

よく気が付く彼女

バーベキューなど会社の行事で連れて来た時に、「私はお客様です」と言わんばかりの態度をするような彼女だったら、彼氏は会社の上司や、同僚などに気まずい思いをしてしまいますよね。
率先してグイグイお手伝いするとは行かなくても、物を運んだりなど簡単な事でもお手伝い出来ると、良い印象を与えます。

ニコニコしている彼女

人見知りな彼女でしたら、初めて会う上司にニコニコするのは難しいと思います。
しかし、逆の立場で考えたら、会話をするときに、相手がずっと無表情だったり、様子を伺うように、睨まれたら、嫌な気分になりますよね。
笑顔でいることは、相手にとって大切なおもてなしのひとつです。
表面上だけでも、愛想よくしていましょう。

彼女を上司に紹介する時のこんな行動が好印象!

彼女を上司に紹介する時のこんな行動が好印象を与えるそうです。
もし、機会があったら、是非取り入れて見ましょう。

上司が好む話題を勉強してくれる

上司の人は、大抵は年齢が10歳以上離れている事が多くあります。
そういった場合は、話題に世代のズレをお互いに感じると思いますが、あらかじめ、上司が好むような話題を予習して、会話に盛り込んでくれると、上司も会話を楽しんでくれます。

マナーを勉強してくれた

上司との食事で、ちょっと高級なレストランや、料亭に行くこともあるかも知れません。
その時に、おかしな箸の持ち方だったり、がさつな食べ方でしたら、苦笑いされてしまいます。
マナーを勉強して、綺麗な食べ方をしましょう。

彼氏の大切な人に紹介してもらえる彼女になるには

彼氏の大切な人に紹介してもらえる彼女になるには、やはり「どこに出しても恥ずかしくない彼女」と思ってもらえることが、一番大切です。

あまり、彼氏が彼女を上司に紹介するという事は多くはありませんが、それをする場合は、結婚を考えている相手として紹介している事が多いです。
上司だけではなく、彼氏から見ても良い彼女でいるように心がけましょう。

挨拶などの礼儀が出来て、言葉遣いや服装もその場にふさわしいものを選べる彼女でしたら、文句なしでしょう。
こういったことを身に付けておくと、彼女から奥さんの立場になったときも、上手く上司の人達をお付き合いしていけます。

いきなり明日までに出来るようにならなくても、毎日が練習だと思って学んでいけば、会社の人たちから「素敵な彼女さんだね」と言われることでしょう。