猫を帰省に連れて行く時のポイントと注意点・あると便利な持ち物

実家などに帰省をする時、飼っている猫ちゃんも一緒に連れて帰省したいと考える飼い主さんもいますよね!猫を帰省に連れて行く時は、一体どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

車で移動する時のポイントは?電車はバスには連れて乗ることができるの?

そこで今回は、猫と一緒に帰省をする時のポイントと注意点・あると便利な持ち物についてお伝えします!

帰省に猫を連れて行く・車で移動する時のポイント

猫は環境の変化に敏感です。なれない車での移動は普段と違う行動をとる事があるので、いつもはおとなしい猫でも、車から飛び出さないように気をつけなければいけません。

猫はキャリーバックへ入れる

移動にはキャリーバックを使うのが基本です。狭い場所に長い間入れておくのはかわいそう!そう思って、車の中で猫を自由にさせておくと突然窓から外に出てしまったり、足元に入り込み運転の邪魔になってしまうかもしれません。

もし同乗者がいたとしても、移動中は必ずキャリーバックに猫を入れてください。

ハーネスとリードもあると便利

休憩時には猫にもトイレや水を促しましょう。その時も油断をすると外に出て行ってしまうかもしれません。ハーネスとリードを忘れずにつけておいてくださいね。そうして動ける範囲を狭めておけば、知らない土地で迷子になることを防げます。窮屈そうに感じますが猫のためです!

ちなみに人と同じように車酔いする猫もいます。吐き気を催すこともあるので食事はさけたほうがよいでしょう。

しかし水は脱水症状を起こすといけないので、定期的に与えてくださいね。

電車やバスでの帰省に猫を連れて行くことはできる?

車で帰省できない場合は電車やバスなどの交通手段を使わなければいけません。そもそも猫を電車やバスなどに乗せてもOKなのでしょうか?

電車ではケースに入れることで手回り品として持込みが可能となります。しかし電車によっては動物を入れた手回り品についての決められ事があり、猛獣やヘビ類を除く小動物である事、長さは70センチ以内、ケースの大きさも縦、横、高さの合計が90センチ以内、さらにケースと動物をあわせた際の重さが10キロ以内と規定がある場合も!また運賃もかかります。

私鉄や地下鉄、バスも同じように手回り品として扱うようになっていますが、運賃はかからない場合もあります。

使用する交通手段が決まったら、まずは確認をする事が重要ですね。

また手回り品のルールとしては、ケースから動物が出ていない事とされています。くれぐれも顔や手、足が出ないように注意をしてください。

猫を帰省に連れて行くときの持ち物

最初にもご紹介したようにキャリーケース、ハーネス、リードは必要です。まずはこちらを準備してください。

次に帰省先で必要となるものがゲージです。なるべくなら普段利用しているものの方が猫が安心できて良いですね。

また食器やキャットフードなども、いつも使用しているものがあると良いので持参しましょう。キャットフードは帰省先でも買える場合がありますが、たまたま品切れになっていることもあるかもしれません。持参したほうが確実です。

その他には普段寝ている時に使用しているタオルなども持っていってください。猫によっては、それがないと落ち着かない!そんなこだわりを持っている猫もいます。またキャリーケースの中に入れておくと落ち着く場合もありますので、忘れないように一緒に用意して置いてください。

長時間の移動ならトイレを車の中に入れておかなくてはいけません。一緒に猫砂も持参しましょう。場所や臭いが変わるとトイレをしなくなる事もあります。使用していた猫砂も持参するとなお良いですね!

猫と一緒の帰省にはこんなものもあると便利!

帰省時に必要なものをご紹介しましたが、さらにこのようなものがあると便利です。

猫はチョットした隙をついて、外に出てしまう事があります。またなれない環境に興奮をしてしまうことも!いつもとは違う場所で外に出てしまったら、戻ってこれなくなったり、探すことも大変です。もしもの時のために迷子札をつけてあげてください。

迷子札には連絡先と飼い主の名前を記入してください。首輪に迷子札をつけると嫌がる猫もいますが、軽量なものや邪魔にならない物を選べば大丈夫です!いざという時に役立ちます。

次に消臭剤や粘着テープなどもあると便利です。出かける時にいつも使用しているものがあれば忘れずに持参しましょう。

また普段猫を飼っていないお家では猫の毛も気になるはずです。毛が落ちていたら粘着テープを使用してキレイにする事も忘れずに!

帰省時にチョットした準備を行うことで、飼い主も猫も快適に過ごす事が出来ますので、必需品は忘れないようにチェックをしましょう。

猫と一緒に帰省できない時の対処法

猫が帰省を嫌がる場合には、無理に連れて行かずに知り合いに面倒を見てもらうという方法もあります。

家以外の場所を嫌がる場合には、猫はそのままお家に残して、知り合いに様子を見に行ってもらう。餌やトイレだけを一日に何度かチェックしてもらう事が出来れば、2~3日ならそのほうが猫のストレスにならずにすむこともあります。

またペットシッターさんにお願いをするという選択肢もありますね。どちらにしても何かあったときのために、すぐに連絡がつくようにしておく事が大切です。

その他にはペットホテルを使用するのも一般的です。病院に併設されているペットホテルの場合は、何かあっても安心ですよね。

ちなみにペットホテルを利用するのは自分だけではありません。他のペットも利用しているのでワクチン接種の証明書や、ノミ、ダニチェックが必要となる場合もあります。

しかしこのようなホテルの方が、自分の猫を預ける時に安心できるというメリットもあります。

人と同じように猫にも、場所や人と合う合わないがありますので、相性も大切にしてくださいね。