フランス人と日本人との違いを仕事面から結婚観まで詳しく調査!

同じ人間でも国が違えば全く文化やマナーが違います。
そこで今回は、フランス人と日本人との違いについて詳しく調べてみました。

日本人には当たり前のことでも、フランス人にとっては信じられない、考えられない点がたくさんあるようです。

仕事やプライベート、女性の結婚観など、考え方の違いについてご紹介します。

フランス人と日本人では仕事面でどんな違いがあるの?

フランス人は有給をしっかりと取りバカンスを満喫する人が多いです。
日本とは大きな違いです。
日本人は有給をしっかり取る、取れるというイメージはあまりありません。
長期休暇が当たり前のフランス社会に比べ日本社会はそうではありません。

フランス人にとっても日本人にとってもバカンスはきっちり仕事に精を出すためにリフレッシュする期間でもあります。
日本の社会はあまり休暇に重点を置いておらず、いかに働く事が最も重要だという昔ながらの考えがありました。

しかし日本社会でも近年では過剰な労働時間が問題になりニュースでも取り上げられることが多くなってきましたので、残業なしや休暇、有給を取る重要性を取り込まれた考えが出てきています。

また日本人は店員さんはお客さん「神様」のように扱いますね。
しかし、フランスでは平等なのです。
スーパーのレジでは店員さんがレジを通した商品はお客さんが自ら受け取り袋に入れていきますし、美容院に行けば美容師が切りやすいようにお客さんは美容師の指示に従い立ったりしゃがんだりするのです。

仕事を通じて感じるフランス人と日本人の決定的な違い

フランス人オーナーと日本人オーナーの元で働く上で大きな違いがたくさんあります。

フランス人オーナー

  • オーナーの仕事が休みになると、給料に変わりはない
  • お昼代やお昼ご飯が出る
  • 交通費半分負担してくれる
  • 自給が高い(2時間の掃除で25~26€もらえる)
  • ベビーシッターにはケチらず払えるギリギリまで払う

日本人オーナー

  • オーナーの都合で仕事が休みになるとその分給料は引かれる
  • お昼代やお昼ご飯はなし
  • 交通費はなし
  • 自給が低い
  • ベビーシッターに支払われる金額が低い(時給8€程度であり、フランスの最低時給より低い)

日本ではあまりベビーシッターは主流ではありませんが、フランスではシッターさんを雇うのは主流です。

フランス人と日本人とでは行動パターンでこんなにも違いが

日本人はレストランや居酒屋に行くと個室を好みます。
どこのお店でも個室の席は早く埋まりますよね。
しかしフランスでは、テラス席がとても人気で室内はガラガラということが多くあります。
人に見られるのが苦手という日本人に比べフランス人は太陽が当たる解放的な場所を好むという印象があります。

また、フランスではホームパーティーがよく行われます。
そんな時フランス人は迷いもせずに奥さんを連れて行きます。
日本人に招待すると当然のごとく1人で来ることが多く、多くのフランス人は驚くそうです。
このようにカップル社会のフランスに比べ、日本人は会社関係と言う事もあり人間関係や場を深く気にする特徴があります。
カップル社会のフランスでは旦那さんと奥さんがセットという考えが根強いてるのです。

フランスと日本人とではマナーの違いも多い!

あくび、くしゃみの違い

日本ではあくびは失礼な事とされ、あくびが出そうになると手で口元を隠したり、必死で我慢しますよね。
しかしくしゃみに関しては出るものは仕方ないという感じです。
フランスではあくびをしても特に問題ないそうですよ。
くしゃみに関してはあまり品が良いものではないと考えられ極力控えた方が良いそうです。
出てしまいそうな時は人影少ない場所で出来るだけ小さく、手で押さえましょうね。

お店での挨拶の違い

日本人はお店に入ると店員さんは「いらっさいませ」「ありがとうございました」などと言いますが、お客さんは特にそれに対して反応しないことが多いですよね。
フランス人はお店に入ると自ら「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」と言い、お店も人のお家にいく感覚で挨拶します。
フランスを訪れた際には無礼な日本人と思われないように注意したいですね。

チップについて

フランスでは料金にチップが加算されていることがほとんどです。
メニューや伝票にService Comprisと書かれていたらサービス料込みという意味です。
その他になにか特別なサービスを受けたり、高級な場ですと更にチップを渡した方がよりスマートです。
その辺は臨機応変に時と場合を見極めていきましょう。

フランス人が日本人女性に対して疑問を持つのは結婚観!

日本人女性は女性で集まったとき、話す内容に決まったパターンがあります。

  • 好きな男性のタイプ
  • 彼氏、旦那の話し
  • 何歳で結婚したいか

結婚できなくて焦った内容フランス人女性の間でも共通し彼氏の話やのろけ話しはありますが、「男性のタイプ」や「何歳まで結婚したいか」という具体的な話はでてきません。

フランスでは日本人のように、「婚期を逃した」「結婚できなくて焦る」「何歳まで結婚したい」という考えはありません。
「○○歳になって結婚してないとちょっと、、」という日本特有の固定概念はあまり存在せず、結婚せずにカップルのまま何年も暮らしている人も多く、日本では内縁や同棲を意味するConcubinage(コンクビナージュ)という法律があります。