親が厳しい!結婚話を切り出せない時・切り出す時の上手な伝え方

彼氏にプロポーズされたけど、親が厳しいからなかなか結婚したいという話を伝えることが出来ない、彼氏の親に挨拶に行く時に失敗しそうで怖い。こんな悩みを抱えている女性もいますよね。

大好きな彼氏と結婚したいのに親に伝えられない時は一体どうやって話を切り出せば良いのでしょうか。NGなことや上手な伝え方は?

そこで今回は、厳しい親に結婚の話を伝える時の上手な伝え方についてお伝えします!

親が厳しいからプロポーズされたことを言えない!結婚の話の伝え方

親は、子どもの幸せを誰よりも願っているものです。

自分のことを後回しにしてでも、子どもが日々幸せに過ごせるようにと願っています。

でも、昔から親が厳格で交際することさえも反対されてきたなどの過去があれば、結婚なんて絶対に反対されるに決まってると不安に思ってしまいますよね。

しかし、親が厳しいから、あるいは良い顔をしないからと言って、彼から受けたプロポーズを素直に報告出来ないような状況は、あなたにとっても彼氏にとっても良い結果を生みません。

結婚の報告は、子どもが新しい家庭を作るというとても喜ばしいことです。

子どもが結婚をして、寂しい気持ちはあっても、最終的に喜ばない親は少ないです。

結婚の話を切り出して、話を聞いた両親は最初は良い顔をしないかもしれません。

でも、子どもであるあなたが親に話をしないで誰が代わりにしてくれますか?

あなたにとっては、この世に代わりのいない両親であり、最大の味方です。

厳格な親を持つことで辛いのは、あなたではなく彼氏の方です。

あなたと新しい家庭を作ろうと決意してくれた彼の気持ちを考えるなら、あなたが両親に自分の気持ちを正直に伝えることです。

父親が厳しいのであれば、自分と同性の母親に前もって話をすることで、娘の気持ちに共感してくれることが多いですし、同時に夫の気持ちも分かるため、仲介として間に入って話を進めてくれる可能性が高いです。

彼氏の親が厳しい!結婚の挨拶の時の服装は地味過ぎてもダメ?

逆に、彼氏の親が厳格という場合もありますよね。

結婚の挨拶で初めて彼氏の親と対面する時は、何と言っても相手に与える第一印象が大切です。

厳格な彼氏の両親から「この子なら息子の結婚相手としてふさわしい」というお墨付きをもらうためには、その場にふさわしい服装はもちろん、立ち振る舞いや言葉遣い、メイクなども入念に準備しなくてはいけません。

とはいえ、普段の自分とはあまりに違うキャラを作ってしまうのは無理がありますし、ついボロが出てしまうことも。

個性は良い方向に活かしながらも、大人のマナーとして全体的に女性らしい雰囲気で、相手を敬う気持ちを忘れずに会話することが望ましいです。

初めて結婚の挨拶をする時に、女性が相手の家を訪問する際には、女性らしい清楚な服装が一般的ですが、あまりにも「清楚」を意識するあまり、服装が地味にまとまってしまう人もいます。

派手すぎも良くありませんが、あまりにも地味な服装は、相手の親を戸惑わせてしまうことにもなるので、注意が必要です。

昔とは違い、現在の親世代の人達は様々な情報に囲まれて生活している人がほとんどです。

スマホを使いこなす50~60代の人達もたくさんいますよね。

このような人は、若者と職場や趣味の場で交流するなどして様々な情報に敏感なので、地味過ぎる服装は「こんな地味な格好してるけど普段は本当は違うんじゃないの?」などと思わせるきっかけになってしまうこともあります。

何事も、過度は禁物ということです。

厳しい親に結婚の話を台無しにされることも

価値観は、人によって本当に様々です。

価値観とは、その人が物事の何に価値を置いているのかということに関する考え方のことです。

自分では常識と思っていたことが、相手にとっては非常識ということもよくありますよね。
人の価値観というのは、その人の生まれ育った環境や、性格などが影響します。

親の考え方が、子どもの価値観の形成に大きく影響することも多いです。

例えば、家系がずっと医者の家の人は、自分の子どもにも結婚相手に医者を求めるという人もいます。

その子どもも、昔から親に「結婚相手は医者しか認めない」と教えられていたら、何の迷いもなく結婚相手を選ぶ基準に「医者」を置くのです。

職業だけではなく、学歴を重視したり、給料の多さで子どもの結婚相手を決めようとする親も少なくないようです。

常日頃、親からこのようなプレッシャーを感じている人は、自分が選んだ相手が条件を満たしていない場合、きっと親が許してくれないと思い結婚に対して消極的になってしまうこともあります。

また、子どもの結婚相手というだけで、紹介しようと思っても親から「会うつもりはない」と鼻から否定されるケースもあります。

理由は、子どもを溺愛していているとか、結婚相手に何らかの不満がある、年齢差があるなど様々です。

このような場合、無理やり話を進めるよりも、断られても何度も何度も繰り返し自分たちの気持ちを丁寧に伝えていくということが、親の気持ちを変えることに繋がる最善の方法と言えるでしょう。

結婚前に同棲したい!厳しい親をどうやって説得したらいい?

親世代が若い頃と現在では、時代も変わっていますので、生活に関わるものすべてが昔と比べて便利になったり、発展しています。

それに伴い、考え方も大きく変わっています。

親世代が20代の頃は、現在のように女性が自由に1人暮らしをしたり、自分の収入で自立している人も今ほど多くはなく、実家暮らしでお付き合いして、結婚したら家を出ることが一般的でした。

このような背景もあり、現在の様々なカップルの形に親の考え方がついていけないという事情もあります。

親が理解できない問題の中で大きな部分を占めるのが、結婚前の同棲です。

結婚前にお互いの価値観を確認したり、結婚後の生活が予測できるというのが同棲の大きなメリットですが、親から見ると自分の子どもが結婚前に同棲をするのは快く思えない人が多いようです。

「同棲をするくらいなら何故籍を入れないんだ」という考えの親世代が多いということが言えます。

親に同棲を反対されるのが目に見えている場合でも、親に隠れて同棲を始めるより、親にしっかりと自分たちの考え方を伝え、認めてもらった上で堂々と同棲することの方がその先のことを考えれば理想的です。

親に同棲の許可を得る前に、そもそも自分たちはなぜ同棲をしたいのかということを2人で話し合うことで、今後の明確なビジョンが見えて、親にも気持ちを伝えやすくなります。

結婚の話なんて出来ない?親が厳しい人のあるある体験

親が厳しいという人は、ある時から急に厳しくなったというよりも、物心ついた時からずっと厳しかったという人の方が多いです。

学校に上がると、友達の家に泊まったり、遊びに行く機会も多くなりますが、その度に親から承諾をもらうことに苦労した経験を持つ人が多いようです。

特に友達の家に泊まるということに関しては、それ自体を禁止されていたという人や、事前に確認が必要だったという人も。

女性の場合は、やはり男性との交際に関して親から反対されるということが多いでしょう。

しかし、交際していると2人でどこかへ出かけたり、旅行したりということも出てきます。

親が厳しい人は、このことがバレると親に止められることがわかっているため、事前に練習したり、嘘をついたりして乗り切っているようです。

でも、このような取り繕いや嘘が通用できるのは、結婚するまでです。

結婚する時は、1人の大人として、嘘なく正直な気持ちを親に伝え、彼との結婚を認めてもらうことが大切です。