夜中の過食は太る?夜遅くに食べてしまうのを止める方法

夜中の過食は太る?それとも太らない?日中の消費カロリーよりも夜中に食べるものを含めて摂取カロリーのほうが低ければ、過食をしても太ることはないでしょう。

しかし、過食をして太ってしまうのでは?と思っているのはきっとお昼や夜ご飯を食べてさらに夜中に食べてしまったときですよね。

ついつい、夜中にお菓子に手が伸びてしまう人はこんな方法で過食予防をしてみてはいかがでしょう。

人間の体は夜中の過食で太るようにできている!

人間の体は、朝の日光を浴びたり夜暗くなってきたりで、生活リズムが刻まれています。

そして、一般的に22時から翌日の2時までの時間は、たくさん食事をとってしまうと最も太ってしまう時間だとされています。

炭水化物などの糖質や脂質は、人間にとって身体を動かすためのエネルギーとして必要です。

でも、夜の22時から2時までの時間帯に糖質や脂質を摂取し過ぎてしまったり、夜遅くの食事で食べ過ぎてしまいこの頃に消化出来ていないようだと、眠っている間に消化などする事が難しくなって、余分な脂肪になって付いてしまう事に繋がってしまいます。

食べても1番脂肪をためこまないとされている時間帯は、15時頃と言われていますので、糖質や脂質をたくさん食べたい場合は、できるだけ15時頃に食べるか、眠る2時間か3時間前には食べ終われるようにしましょう。

夜中の過食が太るのは体を休められないことが原因

夜遅くに食事やおやつなどを食べすぎてしまっては、眠っている間に消化をうまく出来ません。

また、通常は眠っている時間帯に身体も内臓の器官も休むのですが、夜中の過食によって、胃が休める時間がなくなってしまいます。

その事から消化不良がおきたり、胃がもたれたりしてしまうのです。

夜中に過食をして、そのまま眠ってしまうことによって、交感神経と副交感神経の働きのバランスも悪くなってしまいます。

そうなると、自律神経のバランスも崩れ、疲れやすくなったり、目眩がおきたり、食欲がなくなってしまったりしてしまうことが起きてしまい、朝も食欲が起きずに、朝ごはんが食べれなくなってしまう事に繋がってしまいます。

変な時間におやつを食べたり、お昼や夕食の量が増えたりして、夜中にどうしてもお腹が空いてしまい過食に繋がる事がありますので注意しましょう。

夜中の過食は太るとわかっていてもなかなか止められない、そんなときは?

夜中にお腹いっぱい食べてしまう事は、太る事を考えても健康にもよくないとは分かっていても、どうしてもお腹が空いて眠れなくてストレスがたまってしまう事があるかもしれません。

寝れないほどお腹が空いてしまわないように、普段から1日3食をしっかりと食べて、栄養もしっかりと摂りましょう。

ダイエットなどで無理な食事制限をしていれば、その分夜中になってお腹が空いて寝れなかったり反動で食べすぎてしまう人が多いようです。

どうしても夜中に食べたいときのおすすめの食べ物

ヨーグルト

腸のはたらきを整えてくれる効果がある善玉菌のヨーグルトは、消化にもいいです。
糖分がたくさん入っているものよりも、無糖のものの方がお勧めです。
無糖のものをそのまま食べるのが苦手なら、蜂蜜などを入れましょう。

夜中の過食を防ぐにはどうしたらいいの?

夜中に過食したのに、自分が何を食べているのかを特に意識していなくて、食べたものをちゃんと記憶していない人がいます。

これは、お腹が空いていての過食よりも、ストレスが溜まってしまって過食になっている事が原因になります。

自分が好きなものを好きなだけ食べるだけでストレスが発散が出来てしまうので、とても手軽にいつでも出来てしまい、しかも習慣になってしまう事があります。

夜中の過食を防ぐ方法

好きなおやつが、すぐに手の届くようなところにあれば、食べたくなってしまいます。そして、あるだけ、つい食べ過ぎてしまう事にも繋がりますので、あまりストックを用意しておかない方がいいでしょう。

毎日のようにコンビニなどに寄って、つい買ってしまう習慣になっている人も多いようです。

コンビニなどに用もないのに、つい寄る事を止めたり、お菓子のコーナーを見るのを避けましょう。

ストレスをためない程度に

ストレスは夜中の過食の原因にとても多いです。

  • しっかりと3食食べる
  • 好きで止めれないお菓子は15時頃に食べる
  • 散歩をしたり映画を観たり、気分転換やストレス発散をする
  • 外食をする時など無理にデザートなど我慢しない

ストレスをためない事は、夜中の過食防止にとても大切ですので、ストレスをためないようにしましょう。

夜中に過食をしてしまうのは水分不足?まずは水を飲もう

喉が渇いているだけでも、脳ではお腹がすいていると勘違いしてしまう事があります。

水を飲む

水分は人間の身体に大切なので、できるだけお水を摂るように意識しましょう。

目安は1日に1リットルから2リットルを少しずつ分けて摂取する事が理想と言われています。

カフェインが入っていないハーブティーや、可能なら、お水で摂れる事が理想です。
カフェインが入っているものは、逆に脱水症状のようになったりする可能性もありますし、ジュース類は糖分の摂りすぎになってしまいます。

運動をする

激しいスポーツではなくても、簡単なウォーキングや、ストレッチなどでもかまいません。

気分転換になったり、楽しいと思えるもので、できれば続けられるものをいくつかしましょう。
ストレス発散にもなりますし、気分転換にもなります。
筋肉が程よくつく事によって新陳代謝もよくなりますし、無駄な食欲も抑える効果もあります。