ノーマルタイヤでの雪道走行は4WDでも危険!運転技術が必要

ノーマルタイヤでも、4WDなら雪道もなんとかなるのでは?と思っていませんか?
確かに路面状況やその後の天気次第では、ノーマルタイヤでもなんとか乗り切ることができます。

でもノーマルタイヤでの雪道走行はそもそも違反ですし、何より大変危険です。
雪道を油断していると、事故に遭ってしまうかもしれません。

ただ、どうしても運転しなくてはならない…ということもあるかもしれません。
運転技術が必要なのでおすすめはしませんが、もしもに備えて運転の方法も覚えておきましょう。

4WDならノーマルタイヤで雪道を走行しても大丈夫では?は危険な考え

「自動車」と一言で言っても主に、前輪駆動のFFや後輪駆動のFR、それから4輪駆動の4WDに分けられます。
4WDはすべてのタイヤがエンジンと連動していますので、仮にどれかのタイヤが空転してしまっても、他のタイヤで動かすことが出来るというメリットを持っています。

そんなパワフルな4WDですが、雪道の場合はどのようになるのでしょうか?
「4WDならノーマルタイヤで雪道を走行しても大丈夫では?」は危険な考えです。

実際に雪道を車で走ったことがある方ならわかると思いますが、道路を走行中に圧雪や氷で滑ったり、ハンドルを取られてしまう事はよくある事です。
こういった事はFFでも4WDでも関係なく起こります。
それがノーマルタイヤならなおさらです。
そのため、雪が降って道路が滑りやすくなっているのに、いつまでもノーマルタイヤで走行している人は道路交通法違反に当たり、捕まってしまう恐れがありますので注意しましょう。

雪の多い北海道・東北の人はもちろんですが、それ以外の地域の人も急な積雪に備えてスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを準備して、その時が来たら、すぐに付けられるようにしましょう。

4WDのノーマルタイヤで雪道を走行する時はチェーンが必須

雪道をノーマルタイヤで走行すると道路交通法違反に当たり、罰金を取られる時があります。
とはいえ、東京や大阪に住んでいる人でスタッドレスタイヤを持っている人は少ないでしょうし、旅行先で急な積雪に見舞われても、タイヤ交換なんて簡単に出来ませんよね。
ですので、4WDのノーマルタイヤで雪道を走行する時はチェーンが必須です。
チェーンは車に積み込むと多少荷物にはなりますが、スタッドレスタイヤを4本積むのに比べたら、相当コンパクトなものだと言えます。
しかし、持っているだけでは、いざタイヤに装着しようと思っても、付け方がわからずに手間取ってしまう可能性があります。
ちょうど近くにガソリンスタンドや自動車整備工場などがあれば良いですが、それが山の中など、誰もいない場所ではどうしようもありません。
一人の状況でも出来るように練習しておきましょう。

また、FFやFRなど、駆動箇所が前輪もしくは後輪のみの場合は、きちんとエンジンと連動している方のタイヤにチェーンを付けるようにしましょう。
そうしないと、せっかくのタイヤチェーンも無意味なものになってしまいます。

4WDのノーマルタイヤでどうしても雪道を走行しなくてはならない時のコツ

雪の季節は出来るだけ何らかの準備をして車に乗りたいものですが、準備をしていない時に限って雪に見舞われてしまう事は十分に考えられます。
4WDのノーマルタイヤでどうしても雪道を走行しなくてはならない時のコツについてご紹介します。

自動車の操作は優しく

雪道や氷道で滑るのは、急ハンドル、急な加速、急ブレーキの時が主です。
ですので、常に「滑るかも」を念頭に置いて、スピードはゆっくりめを意識して自動車の操作は優しく行いましょう。
また、車が赤信号などで一旦停止して再発進する時にタイヤが滑って空転することも起きるかも知れません。
そういった時はアクセルを思いっ切り踏まず、ゆっくり踏み込み直すか、少しだけバックしてからもう一度ゆっくり前進すると前に進むことが出来ます。

前の車が通った場所を通る

雪や泥で道路にタイヤの溝が出来ることを「轍(わだち)」と呼びますが、わだちが出来るような道に入った時は、前の車が通ったわだちを通るようにしましょう。
わだちに沿うように走ればスリップしたり、タイヤを雪に取られてしまう可能性も低くなります。

出来るだけ大きい道路を走る

普段は近道になる裏道を走っているとしても、雪が多く降った時は、出来るだけ交通量の多い、大きな道路を走るようにしましょう。
というのも、北海道などの雪の多い地域では道路から雪を取り除くための除雪車が出動します。
しかし、除雪する順番は大きい幹線道路からですので、裏道などはどうしても後の方になってしまいます。
除雪の済んでいない道をノーマルタイヤで走るのはとても危険な行為です。
また、万が一スリップして事故を起こしても、周囲に人がいますので誰かに助けてもらえます。
そういった点から言っても、雪道をノーマルタイヤで走らなくてはいけない時は、大きい道路を走るようにしましょう。

ノーマルタイヤで雪道を走れる限界は

ノーマルタイヤで雪道を走れる限界とは、どういったものなのでしょうか?
それを距離や時間で簡単に説明するのは難しいですが、例えば距離であれば、「次のガソリンスタンドにたどり着いた時まで」とすると良いのではないでしょうか。
ガソリンスタンドでタイヤチェーンを販売していることもありますので、もし車にチェーンを積み込んでいない時に雪に見舞われたのでしたら、ガソリンスタンドで購入して付けてもらう事が出来ます。
ただし、ガソリンスタンドで販売されているタイヤチェーンは割り引きが一切なく、カー用品店よりも高額になる可能性が高く、また自身のタイヤのサイズのチェーンがない場合や、そもそもタイヤチェーンを在庫として置いていない場合もありますので、ご注意ください。

他にも考えられるケースとしては、雪が降った次の日にはすぐ気温が10℃になるなど、雪が溶ける事が考えられるのであれば、ノーマルタイヤでも問題はないように感じますが、次の日以降もマイナスの気温が続くことが予想されるのであれば、雪は溶けずに何日も道路に残ったままになります。
こういった事態は、ノーマルタイヤで安全に運転できる限界を超えることが考えられますので、その日か、遅くても次の日にはスタッドレスタイヤに交換したり、タイヤチェーンを装着するようにしましょう。

雪道に備えておきたいタイヤチェーンの選び方

雪道に備えておきたいタイヤチェーンの選び方についてご紹介します。
緊急の時以外であれば、サイズ以外の部分でもじっくり吟味することが出来ますので、冬のシーズン前に早めに買っておきましょう。

装着しやすいか

タイヤチェーの中には、ジャッキを使わないと装着出来ないものもあります。
値段も安く、滑りづらいなどの利点があったとしても、いちいちジャッキを使わなくてはいけないタイプのものは装着するのも一苦労です。
特に女性の場合は、そういった作業は大変ですので、出来るだけ装着が容易なものを選びましょう。

耐久性はあるか

何かを買う時は、安物よりは品質の良いものを買いたいものですが、「高い=良いもの」という図式が当てはまらない時があります。
値段が高価でも、数百キロ走っただけですぐにボロボロになってしまうのは残念過ぎますよね。
そうならないように、600キロ以上の耐久性があるタイヤチェーンを選ぶようにしましょう。

雪道のあらゆる場面でも効果的に働くか

これが一番の肝とも言えますが、仮に普通の雪道では滑らなくても、アイスバーンになっている場合や、坂道や高速道路など、状況が変わった時に効果を発揮できないであれば、それはタイヤチェーンとしての役目を果たしているとは言えません。
特に長距離の移動の場合は、道路の状況がどのように変わるのかは予測することが難しいです。
そのためにも、雪道のあらゆる場面でも効果的に働くタイヤチェーンを選びましょう。

4WDやFFの場合でもノーマルタイヤで雪道を走ることは可能です。
しかし、それは極限まで慎重に走行した場合のみです。
「4WDだから大丈夫」などと過信せず、スタッドレスタイヤ、またはタイヤチェーンでしっかり雪道対策を取ることを忘れずに行いましょう。