壁紙の修復はするべき?賃貸住宅の経年劣化と自分で修復する方法

賃貸住宅の壁紙に傷や汚れがある場合、その住宅を退去する場合に修復費用を支払わなくてはならないのか気になる人もいるのではないでしょうか。

賃貸住宅を退去するときは、その住宅を借りたときと同じ状態に戻す必要があるといいますが、どの程度まで戻せばいいのか分からないことも多いです。

ここでは、賃貸住宅の壁紙の修復など、原状回復や経年劣化についてお伝えします。

傷や汚れの中には、修復費用が発生しないものもあるようです。しっかりと確認して退去の手続きをしましょう。

また、自分でできる修復方法についてもお伝えしますので、そちらも参考にしてみてください。

賃貸の壁紙に傷や汚れ!修復しなくても大丈夫な傷や汚れについて

賃貸で部屋を借りる人も多いですよね。
退去時には立会いがあり、引っ越しの荷物を出し終わってから部屋の中を確認し、敷金が精算されます。
この場合には大家さんではなく、不動産会社が立会いすることが多いです。

賃貸の場合壁紙の汚れや傷によって金額が違います。
修復しなくても大丈夫な傷や汚れについて紹介します。

人が生活すると自然と物が汚れたり、壊れたりしてしまいます。日常生活の中で生じる変化を経年劣化といいます。経年劣化による汚れや傷は、貸主が借主に請求することが出来ない決まりがあります。しかしその汚れや傷が故意によるものや、元から禁止されている場合は、借主の責任になるので、修繕費は負担することになります。

引っ越しの時多いことが冷蔵庫焼けです。基本的に冷蔵庫焼けによる汚れの負担はありません。程度にもよりますが、置き方が悪い、壊れかけの冷蔵庫を使っていて熱の排出によるものは異なる場合もあります。判断としては「ハウスクリーニングによって落ちる」かによって請求が異なります。

賃貸で壁紙の修復費用が発生する状態

賃貸の物件に住んでいると気になるのが壁紙の汚れやフローリングなどの傷ではないでしょうか。壁紙やフローリングはどんなに気をつけていても傷がついてしまうこともあります。例えば家具を移動したりするときに、うっかり傷つけてしまうこともあります。

修復費用が発生するのは壁や壁紙を傷つけてしまうピンや釘、ネジなどの使用は契約書に禁止事項として記載されている事があります。そのため契約書をしっかり確認しないまま使用してしまった場合は請求される可能性が高くなります。

自然と剥がれてしまってきた壁紙は負担なし、物がぶつかり剥がれてしまった場合は負担しなければいけません。

賃貸の壁紙を修復する費用について

一人暮らしをすると賃貸の物件に住む人が多いですよね。賃貸物件に住むと部屋の中をDIYしてオシャレにする人もいます。しかし、賃貸物件は壁紙に汚れや傷をつけてしまうと退去する時に修復費用を請求させることもあります。借主は故意や過失によって生じた傷や損傷負担しなければいけません。しかし経年劣化や常識の範囲によるものは貸主の負担になります。例えば時計をかけるために釘を打ってしまうと原状回復のために修復費用が発生してしまいます。

壁紙の補修には必要な費用は、汚れや破損の状態にもよります。そして借りていた年数や工事の範囲によって異なります。

壁紙の張り替えは、一部だけの場合は1,000円以下で収まることがあります。しかし範囲が広いと料金も高くなります。一般的な無地の壁紙ではなく、デザイン性の高い壁紙を使用している場合は、室内全体の張替えになるため更に料金が高くなります。

壁紙だけでなく、ボード部分まで穴をあけてしまうと更に金額が高くなります。壁紙と一緒に壁の穴の修理もする必要があります。修理費用は業者さんによっても異なりますが、20,000円~50,000円と幅が広いです。

賃貸住宅を退去する時の原状回復と敷金

賃貸物件を借りる時に敷金として家賃の1~2ヶ月分を預けることが多いです。敷金はは退去する時に部屋を補修する費用として使われます。費用が足りない時は請求され、傷などがない場合は返金されます。

そのため、どこまでが借主に補修する義務があり、どこからが大家さんの負担になるかになります。そのため「原状回復」について知識をつけておくことをおすすめします。

原状回復費用とは、経年劣化した物は大家さんの負担になり、その他は経年劣化によるものか使い方によるものかで異なります。

クロスなどは過失が認められた場合でも経年劣化は加味されます。住んでいる期間が長くなればなるほど、修繕費用は安くなります。経年劣化の考えにより、長く住んでいると多少の傷が仕方がないというようになります。そのため敷金の戻りも多くなる可能性が高いです。

賃貸の壁紙を自分で修復するには

壁紙を自分の不注意で剥がしてしまった場合の対処法を紹介します。

壁紙修繕パテ

剥がれた壁紙用のパテやシールがホームセンターなどに売っています。修繕パテを利用して修復する方法があります。

コンセントカバーの中

コンセントの差込口のカバーがドライバーで外すことが出来るタイプの場合一度外してみましょう。カバーの中には余分に貼られている壁紙があります。残っている場合はその部分をカッターなどで切り取り、剥がれたしまった部分に貼ります。

剥がれた部分が小さい場合は自分で修復することができます。同じ壁紙があると簡単に修復することが出来ますので、是非チャレンジしてみましょう。そのままの状態にしておくと退去するときに修繕費用がかかってしまいます。自分で修理出来る場合は自分で修理して敷金を出来るだけ多く返金してもらいましょう。