頭が長いコンプレックスをカバーする髪型やメイクのポイント

頭が長いのがコンプレックスという女性は、どんなことに気をつけたらそのコンプレックスを目立たなくすることができるのでしょうか?頭が長いことに悩む女性は顔が面長の女性になります。面長の女性とは美人の女性なのです。しかし、それを強調してしまう髪型やメイクをしていては、余計にそのコンプレックスが気になってしまうので気をつけましょう。

そこで、頭が長いコンプレックスをカバーする髪型やメイクのポイントについて、頭が長いのを目立たなくさせる前髪のポイントやボリュームのコントロール、コンプレックスを抑えるおすすめボブスタイルや小顔メイクのポイント、面長が似合うアレンジスタイルなどお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、気になっていた頭の長さも目立たなくカバーできますし、よりあなたが輝くための髪型やメイクを楽しむことができるでしょう。

頭が長いのがコンプレックスなら前髪を作りましょう

他人と比べて自分の頭が長いと感じたら常に気になってしまいますよね。面長は美人とは言われても、コンプレックスと感じていたら喜ぶこともできません。

面長の顔は顔が縦に長いということなので、前髪を作ることをおすすめします。前髪を作ることで顔の長さをおさえることができます。
特に「ワイドバング」がおすすめです。ワイドバングとは前髪の横の幅を広めに取り、前髪を全体的に重たくすることです。横に広げることで顔の幅を強調し、長さを目立たなくします。

前髪を上げたり、前髪のボリュームを薄めにすると顔の長さが強調されてしまうのでおすすめできません。また眉よりも上に切りそろえるのも、個性を出したい場合は別ですが、長さも目立ってしまいます。前髪を長めにしてセンターで分けるセンターパートも更に長さを強調させてしまい、骨格が強調されるため老け顔にもなってしまいがちです。

長さを目立たなくさせるためには前髪を作り、横の幅を広めにとって、顔全体に横の印象をつけるようにしましょう。

頭の長いコンプレックスには髪のボリュームが重要

髪のボリュームにもコツがあります。頭の長さを目立たなくさせるには、顔の頬の横に髪のボリュームを持ってくると良いです。頬の横にボリュームがあると、頭全体がひし形のシルエットとなり、頭が長く見えなくなります。

ヘアスタイルだけを考えるとトップにボリュームを出したくなりますが、トップにボリュームを持ってきてしまうと更に縦の長さを出してしまうため、頭がより長く見えてしまいます。
長さを目立たなくするためには横の長さを加えることがポイントになります。

横にボリュームを出すことが難しいような場合は、レイヤーカットで頬に丸みを出すようにするか、耳の横あたりからふんわりと丸みをだすようにパーマをかけてください。
ボリュームをうまく使い分けることで、横に広がった印象を加え、頭の長さを目立たなくできます。

頭の長いコンプレックスを抑えるおすすめボブスタイル

頭の長さを目立たなくする髪型としてはボブがおすすめです。全体的にふんわりと丸い感じのボブにすると、長さを抑える効果があります。ボブのスタイルにもいろいろあり、きちんと切りそろえられた固いボブでは長さが強調されたり、シャープな印象になってしまいます。

頭の長さを目立たなくするボブは、耳の横からふんわりとボリュームを出し、さらに前髪もパッツンと切りそろえずに丸みを出してふんわり感をアップさせ。ランドバングにして骨格をカバーします。
カットだけでボリュームを出すのが難しい場合はパーマをかけると良いでしょう。ボリュームを出すようにかけるのも良いですが、毛先にワンカールでかけると頬のあたりにボリュームが出て、また無造作な柔らかい感じを出すことができます。

横にボリュームを出して全体的にひし形のシルエットを作ることがポイントになりますので、カットだけでなくパーマをかけてシルエットをコントロールすることも大切です。縦長の印象を抑えるためには柔らかな感じを出すのも良いので、無造作パーマも効果的です。

頭の長さが気にならない小顔メイクのポイント

頭の長さはヘアスタイルでごまかす方法をご紹介してきましがた、メイクにもポイントがあります。

頭の長さをごまかすメイクのポイント

アイラインは長めに

アイラインを長めに引くと、目元も横に広がる印象になります。細めのラインで、横へ長く入れるようにします。横のラインを意識することで、縦に長い印象を横へと変えることができます。

チークも横に入れる

チークも横を意識していれてください。頬に丸く入れるチークはかわいい印象を与えますが、頭の長い人にはおすすめできません。長さが余計に強調される可能性があります。
チークも横のラインを意識して入れることで、顔全体を縦ではなく横に印象づけることができます。チークは血色を良く見せる効果があるので、普段はチークを使わない人もぜひ試してみてください。チークは頬から横に広げるようにして入れましょう。

リップは太く

リップは実際の唇よりもはみ出す感じで、太めに入れるようにしてください。太くオーバーに入れることで縦の面積を減らすことができます。唇を縦に丸くすることで、鼻と口の距離が短くなり、また顎の面積も減らすことになりますので、縦の長さを抑えることに繋がります。リップは縦にふっくらとした感じに描くようにしましょう。

アレンジ次第で気になるコンプレックスもカバーできます

頭の長い人は顔が面長で大人っぽい印象を与えますので、丸みを意識して可愛く見せることがポイントになります。

ヘアスタイルで可愛さを出すときは横長のイメージを作ることです。アレンジでも頭の長さを抑える方法があります。

髪を片側に寄せるサイドアップにすると、横の印象を強くできます。顔の骨格もカバーできるので、可愛く見せることもできます。サイドアップは横にボリュームを持ってくるアレンジなので、横へ印象をつけることができ、全体的に長さを抑えることができます。前髪は長めに厚みをだし、斜めにおろすと小顔効果もあります。
毛先はカールして動きを出すと、フェイスラインをカバーするようにします。

髪を後ろで束ねたい場合はワイドバングと三つ編みのアレンジもステキです。前髪は横に広めにして重みをつけます。髪を束ねる場合は毛先に丸くカールさせ、もみあげの毛束を落としてフェイスラインをカバーし、全体的に抜け感を出します。無造作な感じの三つ編みをするとゆるくかわいい印象をつけることができます。

頭の長さがコンプレックスでも、カバーできる方法があります。ヘアスタイルやメイクをうまく利用して横の印象をつけることがポイントです。ぜひ、試してみてくださいね。