停車中エンジンかけっぱなしでエアコンはバッテリーに影響あり

停車中にエンジンかけっぱなしならエアコンをつけても問題はないのでしょうか?少しの時間の停車ならエンジンをかけたまま、エアコンを使ってもあまり気にはなりませんが長時間の場合はどうなるのでしょう。

エアコンを切れる状態であればいいですが、真夏の暑い時期などはそんなこともできませんよね。

エアコンがバッテリーに与える影響とは?バッテリー上がりを防ぐためには、このような方法がおすすめです。

車のエンジンかけっぱなしで止まっている状態はバッテリーが使われています

夏休みを利用して男同士で長距離ドライブに行くことになった場合、寝床は宿泊費を浮かせることのできる「車中泊」を考える方も多いと思います。
しかし、夏場だとエアコンは欠かせないしエンジンはかけっぱなしにしても良いのかな?と気になりますよね。

答えからいうと「時間による」ということになります。

車を停車中にエンジンをかけっぱなしにすることを「アイドリング」と言いますが、アイドリングは車はもちろん、バッテリーにも悪影響を与えます。

バッテリーは通常、車を走行させてエンジンを一定数以上回転させている場合に充電されるようになっていますが、停車中はエンジンの回転数は少なくなっています。
エンジンの回転数が少ないということはバッテリーの充電はされていないということになりますが、充電されていないのにも関わらずバッテリーは「エンジンをかけているだけで消耗」しているのです。

また、アイドリングはバッテリー以外にもエンジンの騒音や排気ガス、ガソリンの消費など、多くの悪影響を与えます。

車のエンジンかけっぱなしでエアコンを使うときは注意が必要

車のバッテリーは走行することでエンジンが回転し、一定数以上回転すると充電されるようになっています。
しかし、車が走行していないとエンジンの回転数も緩やかになり回転数が足りないため、バッテリーを充電するための発電量を得ることができません。
その状態でエアコンを使ってしまえばバッテリーの充電は減っていってしまい、最終的にはバッテリーが上がってしまう場合があります。

そのため、エンジンのかけっぱなしでエアコンを使用する場合には、発電されていないのに電気を使用することになるため注意が必要です。

また、バッテリーが上がってしまうまでの時間は、エンジンをかけっぱなしにする時間やバッテリーの充電量により異なりますが、どちらにしても発電されていない状態で電気を使用することは決して良いとは言えません。
ただ、夏場の車中泊はエアコンも欠かせないと思いますので、「時間」に注意して使用するようにしましょう。

どのくらいが限界?車のエンジンかけっぱなしでエアコン

車のエンジンをかけっぱなしにしてエアコンを使用することはバッテリー上がりの原因にもなりますが、必ずしもバッテリーが上がるというわけではありません。
バッテリーが上がってしまうのには「時間」が関係しています。

車の状態やバッテリーの充電状況、電気の使用状況にもより異なりますが、バッテリーが上がる可能性がある時間の目安としては「約2時間以上連続して使用する場合」です。
ただ先述しているように車の状態等によっては時間が前後する場合がありますので、あくまでも目安として参考にして下さいね。

車のエンジンかけっぱなしでエアコンをつけるのはほどほどに

車のエンジンをかけっぱなしにしてエアコンを使用するのはバッテリーに良くないということは理解しても、夏場の車中泊にはエアコンの使用は避けられませんよね。
ただ、長時間のアイドリングでエアコンを使用したことが原因でバッテリーが上がってしまい車を動かすことができなくなったなんてことになれば、せっかくのおでかけも台無しになってしまいます。

そのためエアコンの使用は最小限に留め、あとはカー用品をうまく活用して車内の温度を上げない工夫をするようにしましょう。
実際に行う工夫としては以下がオススメです。

車のエアコンの使用を最小限にする工夫

サンシェードや断熱フィルムを利用する

車の温度が上がってしまう原因は「直射日光」です。
そのため、原因となる「陽」を遮断してしまえば、車内温度の上昇はおさえることができます。
またこうした断熱グッズは、冬場の寒気が車内へ入り込むのを防ぐ効果もあります。
車中泊を行う際には用意しておくと、活躍すること間違いナシです。

車用扇風機を利用する

車用扇風機は電池で動かすことができる扇風機です。
エアコンのような冷たい風はこないものの風を感じることはできます。
電気を使わずに使うことができますので、ぜひ試してみて下さい。

車は定期的に点検をしましょう

車のバッテリーは他の部品同様に「寿命」があります。
そのためバッテリーが上がるようなことをしていない場合でも、寿命をむかえればバッテリーが上がってしまう可能性は充分にあります。

そこで気になるバッテリーの寿命ですが一般的には「2~4年」と言われており、寿命を超えているのに交換や点検を行っていない場合には注意が必要です。
またバッテリーの「経年劣化」は、バッテリーの電圧が上がらずいつまでも充電できない状態の原因になります。
このような状態になると、車は常に全力で発電しようと判断し通常以上のエネルギーを消費してしまうため、ガソリンの消費が多くなってしまう場合があります。

ガソリンの多量消費やバッテリーによる思わぬトラブルを防ぐ上でも、定期的にバッテリーの点検を行うことは大切です。
ディーラーや大手車用品店等で点検を行ってもらうことができますので、点検を行っていない方はぜひ一度点検を受けてみて下さいね。